中山美穂、娘役の土屋太鳳にメロメロ 「本当にほしいな、この子」

2019年11月14日 / 15:02

土屋太鳳(左)と中山美穂

 リバイバルドラマ「Wの悲劇」試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、中山美穂が出席した。

 BSプレミアムでは、過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして、夏樹静子氏の傑作『Wの悲劇』を放送。製薬会社会長の和辻与兵衛が誕生パーティーの夜に殺害されたことをきっかけに、和辻家をめぐる生々しい人間模様があぶり出され、やがて驚きの結末が訪れる。

 与兵衛の大めいで、主人公の摩子を演じた土屋は「大先輩方がたくさんいる現場だったので、最初はすごく緊張しましたが、本当に楽しくて刺激を頂きながらの撮影でした。その刺激が映像に刻まれていると思うので、秋の夜長に楽しんでいただけたら」とアピールした。

 摩子の母親を演じた中山は「正直、撮影中は(完成映像が)想像ができない部分もあったのですが、仕上がりを見ると、とっても質のいい、新しいものになっていた。私は大好きです」と満足げ。娘役の土屋については「本当に堂々と演じていて、私も“母として”すごく誇らしい気持ちになりました」と明かした。

 土屋は「美穂さんはすごく存在感とオーラがあって、おきれいで…。その場にいてくださるだけで、摩子の気持ちになれるというか、『何か美穂さんのためにできないかな?』という気持ちになれた。私の役作りにおいても大きな存在でした」と振り返った。

 そんな土屋に、中山は現場でメロメロになった様子。「太鳳ちゃんは本当にいい子で、『ものすごくいい子だな』って毎日感動していました。『美穂さんはどんな音楽を聴くんですか?』なんて話をしていたら、私がお薦めする曲を一生懸命聞いてくれるんです。『本当にほしいな、この子』と思いました」と明かして、笑わせた。

 ドラマは23日、午後9時~10時29分、BSプレミアムで放送。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top