【インタビュー】映画『シライサン』飯豊まりえ 若手女優の登竜門“ホラー映画”主演も気分は急下降!?「ついに来てしまった…」

2020年1月9日 / 17:40

 昨年はドラマ6本、映画6本、舞台1本に出演し、人気女優の仲間入りを果たした飯豊まりえ。彼女の芸能活動のスタートはモデルで、現在もファッション誌『Oggi』の専属モデルとして活躍しているが、最近は女優としてのイメージが定着したことが素直にうれしいと笑みをこぼす。しかし、若手女優の登竜門と呼ばれる“ホラー映画”の主演は手放しに喜べないようで…。女優・モデルとして飛躍する飯豊に、今後の展望や初のホラー映画挑戦への思いなどを聞いた。

 小説家・乙一の顔も持つ安達寛高監督による完全オリジナルの映画『シライサン』は、その名を知ると鈴の音とともに現れ、目をそらした者を殺す怨霊“シライサン”の恐怖を描いたホラー。飯豊は親友の謎の死の真相を探る女子大生・瑞紀役を演じた。

飯豊まりえ

-ホラーが苦手だそうですが、オファーを受けた時の感想は?

 ついに来てしまった…と思いました(笑)。お化けが本当に嫌いで、以前から事務所スタッフには「ホラー映画に出ると呪われそうなので、オファーは受けないでください」とお願いしていたのに、「行ってこい」と(ロケ地の)福島に送り出されました…。

-できればやりたくなかった?

はい…(笑)。でも、知り合いに「ホラー映画のオファーは出演したい人のもとには行かなくて、出演したくない人のもとに行くんだよ。お化けも嫌だ嫌だといっている人のところに行くんだよ」と言われて、じゃぁ立ち向かうしかない!と腹を決めました。「目ヲソラシタラ、死ヌ。」という映画のキャッチコピーも、自分に直接言われている気がしたので頑張りました。

-初体験のホラー映画ですが、演じる上で大変だったことを教えてください。

 寄りのカットが多くて、目だけでお芝居をしなければいけないところは苦労しました。絶叫シーンも安達監督から「過呼吸っぽくならないように」と言われていたので気をつけました。でも、普通の作品とは違う特殊な感じはホラー映画を撮っているんだ…と実感できたし、新しい挑戦をしているという点では楽しくもありました。

-ホラー映画はアイドルや若手女優の登竜門的存在でもありますが、その意味で「怖いけど出演したい」という思いは持っていましたか。

 そういう存在であることは知っていましたけど、出演したいとは思わなかったです…。でも、『暗黒女子』(17)に主演させてもらったとき、共演者のみんなが泣き叫ぶ演技がとても上手で、なぜだろうと考えていたら、みんなホラー映画出身者でした。

-では、飯豊さんも同作を通して、恐怖の芝居は得意になったのでは?

 ホラー映画での体験が生きたな!と感じることはありました。この映画の後に撮ったドラマ「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」(19)で犯人に追われて殺されかけるシーンがあったんですが、そのときは見ている人を怖がらせてやろうとノリノリでできました。ドアが開かなくてろうばいするシーンも気合が入っちゃいました(笑)。

-呪うまではいかなくても、これまでに悔しいとか、負けたくないという強いエネルギーを放出したことはありますか。

 今、タクフェス第7弾「流れ星」(19)で本格的な舞台に初参加させていただいていますが、演出家の宅間孝行さんが厳しい方として有名で、駄目出しのことを「ギフト」と言って、すごくたくさん渡してくるんです。それを全部克服したいと思っています。(※インタビューは昨年11月)

-舞台、ドラマ、映画にと最近の活躍ぶりには目を見張りますが、これまでの作品や役柄で強く印象に残っているものはなんでしょうか。

 初めてヒロイン役を頂いたドラマ「MARS〜ただ、君を愛してる〜」(16)は、私の中でとても大きな作品になりました。キラ(役名)は「誰にでも人生を変える出会いがある」と言っていて、それは私の芸能人生にも当てはまります。また、それ以前から連続テレビ小説「まれ」(15)をはじめ、いろいろな作品に出演させてもらっていましたが、この作品をきっかけに仕事が増えて、多忙な日々を過ごさせてもらっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

Willfriends

page top