【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

2019年12月6日 / 16:27

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第に彼女に引かれていくが…。テレビドラマ初挑戦で、星里もちるの同名コミックの映像化に挑んだのは、『淵に立つ』(16)、『よこがお』(19)の映画監督・深田晃司。そのヒリヒリした心理描写でつづられる辻と浮世の危うい関係は、見る者をくぎ付けにする。特に、嫌悪感を抱かせつつも、どこか目が離せない不思議な魅力を放つ浮世の存在は出色だ。そこで、深田監督と浮世役の土村芳に、唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏を聞いた。

土村芳(左)と深田晃司監督

-浮世は無意識に男性を翻弄する難しい役ですが、土村さんの起用はオーディションだったそうですね。

深田 この企画が動き始めたときから、みんなで「浮世のキャスティングは難航する」と話していました。オーディションには、いい役者さんがたくさん来てくれたのですが、いくつかの場面を演じてもらうと、どうしても「浮世とはちょっと違う」という感じになってしまって。

-具体的には、どんなことでしょうか。

深田 例えば、第3話にある、ファミレスで辻と会話する場面。「私、辻さんに油断しているのかな」という、ドキッとさせるような、とても浮世らしいせりふがあります。これを計算せずに言っているように演じられる人が少なかったんです。どうしても、男を落とすための恋愛の駆け引きをしているように見えてしまう。そこをすごくナチュラルに自然体で言ってくれたのが、土村さんでした。

土村 受かったときは、本当に驚きました。「絶対に受からないだろうな」と思いながら受けていたので(笑)。

深田 実は、土村さんが来てくれたのが、スケジュール的に「これで決まらないとヤバい」というギリギリのタイミングで行ったオーディションで、しかも一番最後の順番だったんです。最後の最後にイメージ通りの俳優が来てくれて、みんな本当に安堵(あんど)しました(笑)。

-浮世をどんな女性として捉えましたか。

土村 最初は全く理解できませんでした。一見、浮世は女性を敵に回しやすいタイプ。私も女性なので、どうしてもそういう目線になってしまいがちです。でも、演じる以上は、彼女の一番の味方でいたいと思いながら原作を読んでみたら、浮世の友人が辻に対して「浮世がどんな女性か」ということを代弁する場面があったんです。そこでようやくふに落ちて、それをベースにお芝居を作っていけた感じです。

深田 浮世は辻から「なんでそんなに男受けするようなことばかり言うんだ」とたしなめられるような女性です。でもそれは、男性社会の中でうまく立ち回ることのできない女性が、なんとか生き抜いていくために、周りから守ってもらおうとカメレオンの擬態のように身にまとってしまったものではないだろうかと。そういうものが浮世には感じられました。

-なるほど。

深田 僕が初めて原作を読んだのは、20歳の頃です。そのとき、ラブコメが多かったそれまでの星里先生の作品とは全く作風が違っていたので、驚きました。もちろん、星里先生の他のラブコメにも、男受けするようなことをして、周りを混乱に巻き込む浮世のような女性が登場します。ただ、それはあくまでもコメディーの範囲で、善良なキャラクターとして描かれている。ある意味典型的な青年誌の女性像です。でも、そういう男性に都合のいい言動を繰り返すヒロインを、男社会の抑圧という視点から見直すとこんなに悲しい存在なんだということを描いたのが浮世ではないかと。そこがすごく面白いと思いました。

-土村さんは、浮世を演じる上でどんなことを心掛けましたか。

土村 先ほど監督もおっしゃったように、一歩間違えると、下心があるように聞こえかねないせりふが多いので、作為的なものがちょっとでも垣間見えたら終わりだな…と。そこで、撮影のときはなるべく「何もしない」ということを徹底するように心掛けました。

深田 浮世はナチュラルに周りの人を好きにさせる人。そこが最も大事でした。土村さんは、周りを自然と巻き込んでいく磁場みたいなものを作れる人だと思ったので、そういうご本人の資質もひっくるめてキャスティングしています。だから、演技について現場で細かく指示する必要はありませんでした。

土村 私自身は、そんなふうに周りを動かす力が自分には足りないと思っています。だから、撮影前 は私が浮世としてきちんと立っていないと、この物語が持つ闇の魅力すらなくしてしまいかねないというプレッシャーも少しありました。でも現場が始まってしまえばそんなことは考えずに、浮世に集中できたんです。それは深田監督をはじめとするスタッフの皆さんや、森崎さんはじめ、出演者の皆さん全てが私を浮世にしてくれたからだと思っています。本当に感謝です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top