土村芳「私は何人の女性を敵に回しているんだろう」 深田晃司監督の連続ドラマで難役に挑戦

2019年11月18日 / 15:03

深田晃司監督(左)と土村芳

 ドラマ「本気のしるし」のクラウドファンディングのコレクター向け上映イベントが16日、東京都内で行われ、ヒロインの葉山浮世を演じている土村芳と深田晃司監督が上映後にトークショーを行った。

 本作は、『淵に立つ』(16)、『よこがお』(19)などの映画で世界的に評価される深田監督が、連続ドラマ初挑戦で星里もちる氏の同名コミックを映像化したもの。人当たりがよく、仕事はできるが、どこか冷めた面を持つ会社員・辻一路(森崎ウィン)が、不思議な魅力を持つ浮世との出会いをきっかけに、人生を狂わせて行くさまを、深田監督ならではの緊迫感あふれる演出でつづる。

 今回上映されたのは、全10話のうち、中盤のエピソードに当たる第4話から第7話まで。上映後のトークショーでは、オーディションで浮世役に決まった土村が「『受からないだろう』と思っていましたが、深田監督に『私という役者もこの世に存在しております』とアピールする意味も含めて受けさせていただきました。『決まった』と聞いたときは、本当にびっくりしました」と語った。

 これに対して深田監督は、浮世は無意識に男性を誘惑、翻弄(ほんろう)する難役なだけに「キャスティングは難航する」とあらかじめ予想したという。

 そして「浮世のせりふを、恋愛の駆け引きではなく、ナチュラルに本心から言っているように見える俳優を探していた」と明確な選考基準を持っていたものの、案の定、ふさわしい役者がなかなか見つからなかったという。そして、「時期的に『もう決めないとやばい』という最後のタイミングでお会いしたのが、土村さんでした」と打ち明けた。

 浮世役に決まった後、土村は「演じる以上は、浮世の一番の味方でいられるように」と原作を読み、キャラクターに対する理解を深めたという。その一方「今頃、私は何人の女性を敵に回しているんだろう」と思ったという。

 最後に土村が、第8話以降の見どころについて「さらに目まぐるしさが増していきます。原作を読んでいる方にも、原作との違いを楽しんでいただけると思います」とアピールした。

 ドラマは、メ~テレ、テレビ神奈川で放送中。TVer、GYAO!で第1話から最新話まで見逃し一挙配信中。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top