【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

2019年11月13日 / 15:58

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。本作で初タッグを組んだ2人に、互いの印象や撮影時のエピソードのほか、山崎には役者を続ける理由を、尾野にははまり役ともいえる薄幸女性を演じる上での思いなどを語ってもらった。

 真壁は、住人が寝静まった民家で盗みを働く「ノビ師」と呼ばれるすご腕の窃盗犯だが、ある夜、侵入した家で就寝中の夫に火を放とうとする妻を止めた矢先、仕組まれたようにやってきた刑事に逮捕されてしまう。2年後、出所した真壁は、久子の制止を振り切り、自身を「修兄ィ」と慕う若者・啓二(北村匠海)と共に、あの夜の隠された真実に迫っていく…。

山崎まさよし(左 ヘアメイク:三原結花(M-FLAGS)/スタイリスト:宮崎まどか)と尾野真千子

-山崎さんは篠原哲雄監督の『月とキャベツ』以来14年ぶりの長編映画主演ですが、オファーを受けたときのお気持ちは?

山崎 『月とキャベツ』と同じ監督・スタッフなので断る理由がなく、二つ返事で引き受けました。逆に、このスタッフが集まって別の人を主演に据えていたら、「なんで俺やないねん!」ってなりますよね(笑)。

-そもそも、山崎さんが役者業を続けている理由は何でしょうか。

山崎 ウィキペディアで自分の名前を引いたら「ミュージシャン」「俳優」って書いてあるんです。10数年前は、数えるぐらいの作品しかやっていないし、「俳優」は取った方がええんちゃうかなって思っていたんです。でも、デビューから四半世紀にわたって芸能界で生きてきて、自分の見られ方に腹をくくった方がええんちゃうかなってなったんですよ。それに加えて、今回は条件がそろっていて、断る理由もなかったので引き受けました。

-芝居に対する魅力も感じていますか。

山崎 それは経験があまりないので分からないです。ただ、芝居がうまくいって、監督からOKをもらったら、「やった! 今のよかったんか?」とうれしくなります(笑)。

-今回はアウトローだけれども、人間味のある真壁を丁寧に演じられていましたが、どのように役と向き合い、役作りをされましたか。

山崎 例えば、刑事や検察官、医者や弁護士といった役を僕が演じてもリアリティーがないけど、泥棒を「自分の腕一本で生きてきた職人気質の男」と捉えるのであれば、ミュージシャンである自分でも演じられる気がしました。役作りは、演技のスキルがないのに作り込み過ぎるのは怖いので、あえてしませんでしたが、真壁を突き動かす情念や過去に対する葛藤については考えていました。

-篠原監督からはどのような演出を受けましたか。

山崎 「どうしますか?」と聞いても、逆に「山ちゃん、どうしたい?」と言われることの繰り返しでしたね。結局自分で考えて出しても、「それはないな」って言われたり、編集でカットされたり…。みんながどうしていいか分からなくなるときってあるんですよ。でも、これが映画なんだと思ってやるしかなかったです。

-尾野さん演じる久子は、保育士の仕事を続けながら、ノビ師の修一を愛し続ける女性ですが、出演を決めた理由は何でしょうか。

尾野 脚本に引かれたことはもちろんですが、「山崎まさよしさんと芝居ができるって面白いやん!」と思ったのが決め手でした。

-実際に共演されていかがでしたか。

尾野 ミュージシャンだからなのか、普通の役者とは違いました。お芝居がストレートで、作られていない正直さがあって好きです。すてきな感性にズキュンと来ました(笑)。

-久子のように薄幸の女性を演じることが多いですが、尾野さん自身は関西ノリで明るい性格ですよね。このような女性を演じるときはどのような心持ちなのでしょうか。

尾野 自分と真逆の女性役はやりやすいです。やりがいもあり、「見せてやろうじゃない!」という気持ちになるので、性悪女や人を殺す役は楽しんでやっています。逆に、自分に似ている女性を演じる方がなぜかしっくりこないので、コメディーとかは苦手です。

-役作りは事前にされる方ですか? それとも現場の空気を感じながら感覚で作っていく方ですか。

尾野 感覚です。だって山崎まさよしという人がどんな人か分からないから、役を作っていってもひっくり返されると思うんです。なので、普段からなるべく作らず、現場で「そういう感じでやられるんですね」と相手を見ながら構築していきます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top