【インタビュー】映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』ナタリア・レイエス、マッケンジー・デイビス、ガブリエル・ルナ「憧れの『ターミネーター』の世界の中に自分がいるのは最高の体験でした」

2019年11月8日 / 09:00

-マッケンジーさんはアクションがあまり得意ではなかったそうですね。どのように努力されたのでしょうか。

マッケンジー 最初は右手と右足が一緒に出てしまったりして、満足に歩くことすらできませんでした(笑)。私一人ではとても無理でした。本当にたくさんの人の支えがあって何とか準備することができました。キャスティングされたときはアイルランドで別の映画を撮影していましたが、そのときからトレーナーと一緒に体作りを初めました。その後、この映画の撮影に入る前の3カ月間は、栄養士も兼ねたトレーナーが付いてくれて、彼女はマッサージやストレッチもしてくれました。まるで母が娘を見守るような感じで、私の状態を理解し、調整しながら導いてくれました。私のスタントダブル(代役)にも素晴らしい人が2人付いてくれるなど、チームのみんなが本当に忍耐強く私に付き合ってくれました。私のアクションの変化は、どんなに言葉を尽くしても語れないほど大変なものでした。

-ナタリアさんは徐々にたくましくなっていく役でしたが…。

ナタリア 私は、最初はメキシコで普通の生活を送っている女性の役だったので、幸運にも、彼らほどは肉体的な準備はしなくてもよかったのですが、半年間の撮影をサバイブするだけでも相当な体力が必要でした。トレーニングも、通常のもの、水中、武器や車両、ヘリコプターの扱い方まで、全てのものを経験しました。映画が進むに連れて、最初に登場したときのダニーとの違いが分かるようにと、意識しながら演じました。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

page top