【インタビュー】ミュージカル「アナスタシア」葵わかな 2度目のミュージカル出演は「私もまた挑戦したい!」の思いから始まった

2019年11月1日 / 12:00

-木下さんとは、「ロミジュリ」についでのWキャストになります。木下さんの印象は?

 前回の共演から、すごく仲良くさせてもらっています。歌がとてもうまくて、才能あふれる人です。ただ…内気そうに見えて、実はすごく変わっている人なんですよ(笑)。それから、「ロミジュリ」で一緒にお稽古を受けて、負けん気が強く、根がしっかりしているなとも感じました。

-「ロミジュリ」で初めて「同じ役を演じる役者が2人以上いる」という状況を経験されたと思いますが、それについてはいかがでしたか。

 最初は、自分がジュリエットを作り上げる上で意識せざるを得ない存在になるので難しそうだなと思っていたのですが、実際にお稽古が始まってみたら不便もなく、逆にそれが面白いと思いました。同じ役をやっても、違う人が演じると全然違うものになるんです。しかも、舞台はそれが許される世界。これじゃなくちゃいけないというのが舞台にはないので、私は私のジュリエットを作ることができました。

-改めて、本作への意気込みを。

 音楽も舞台装置も衣装も、海外規模の作品になっています。海外までミュージカルを観劇しに行ったような雰囲気を味わってもらえたらと思います。その中で、私たち日本のキャストがやらせてもらう意味を見付け、海外と和をミックスした作品を作り上げていけたらと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)

ミュージカル「アナスタシア」

 ミュージカル「アナスタシア」は3月1日~28日、都内・東急シアターオーブほか、大阪で上演。
公式サイト https://www.anastasia-japan2020.jp

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top