【インタビュー】『おいしい家族』松本穂香・板尾創路・ふくだももこ監督 「どんな形でも、つながっていれば家族。『あなたはあなたでいい』と伝えたい」

2019年9月19日 / 13:13

 仕事も結婚生活もうまくいかず、都会の生活に疲れた橙花(とうか)は、母の三回忌をきっかけに、離島にある実家へと帰る。ところが、そこで彼女を待っていたのは、亡き母の服を着て「母さんになろうと思う」と告げる父・青治(せいじ)の姿。しかも実家には、弟夫婦の他、父と結婚したいという中年男・和生(浜野謙太)とその娘・ダリア(モトーラ世理奈)も同居しており…。9月20日全国ロードショーとなる『おいしい家族』は、久しぶりに帰った故郷で思わぬ事態に直面した主人公・橙花の姿を通じて、新しい家族のあり方を見つめた温かな物語だ。橙花を演じた松本穂香、その父・青治役の板尾創路、ふくだももこ監督に撮影の舞台裏、作品に込めた思いを聞いた。

(左から)ふくだももこ監督、松本穂香、板尾創路

―ふくだ監督がこの映画を作ろうと思った理由は?

ふくだ 私は、人と人とが関係を作っていく上では、血のつながりや国籍、性別などは一切関係ないと考えています。そういう新しい関係性を、家族という形で表現したいと思いました。

―松本さんを主演に起用した理由は?

ふくだ 「ひよっこ」(17)を見て、「(松本が演じた)青天目澄子ちゃんって、おもしろい女の子だな。この子が橙花をやってくれたら、きっと映画が豊かになる」と思って。プロデューサーも賛成してくれたので、すぐにオファーしました。

松本 お話を頂いて、とてもうれしかったです。台本を読んでみたら、すごく面白くてすてきなお話で…。久々に帰った実家で、置いてきぼりにされたような寂しさを感じる橙花の気持ちも、すごく伝わってきました。

ー板尾さんは、「お母さんになりたいお父さん」というユニークな役ですが、オファーを受けたとき、どんなふうに受け止めましたか。

板尾 特に違和感もなく、「そういう人もいるかな…」ぐらいの感じでした。女装も、コントでさんざんやってきましたし。僕は許容範囲が広いので(笑)。

ふくだ 最初に板尾さんと「この人はどんなたたずまいか」という話をしたとき、「役を作り込まず、いつも通りでいいよね」とおっしゃってくれたんです。その一言で、全部分かってくれているな…と。そういう認識が最初から共通していたので、私の方からは「そのままでいいです」とだけお伝えしました。

松本 しゃべり方も変えていないし、何かが大きく変わったわけではないのに、本当にお父さんであり、お母さんでもあるな…と。それはみんなが感じていたと思います。ただ、お母さんの服を着ていたので、久しぶりに帰った実家で「お父さんがお母さんの服を着ている…!」と戸惑う橙花の気持ちは理解できました。

板尾 松本さんとお仕事をするのは初めてでしたが、僕も松本さんぐらいの娘がいてもおかしくない年齢です。しかも、2人とも関西人なので、関西人特有の空気を感じる部分もある。そんなこともあって、お互いにちょうどいい距離感でいられました。

ふくだ 橙花が周りと少し距離のある役だったので、穂香ちゃんもみんなと距離を取ってくれたのがよかったです。

松本 自然とそうなった感じでした。あまり意識していなかったんですけど。撮影自体は、周りが面白い方たちばかりだったので、楽しく過ごすことができました。

ー『おいしい家族』というタイトルの通り、食事シーンが何度も登場しますね。

板尾 食事は、家族を表現する上で大事な場面です。でも、実は演じるのはすごく難しい。普段はご飯を食べながら何げなく話をしていますが、お芝居になるとギクシャクしてしまいがち。「話がしにくい」という理由で、実際には食べない作品も少なくありません。そんな中で今回、僕は役柄的にお母さんなので、みんなの様子を見ながら、「この人、これ食べてないな」と思ったら差し出す、みたいなことを考えながら演じていました。食べながら話をする中で、感情が動いていく様子を見せられたらと。

ふくだ 食べながらしゃべる、飲みながらしゃべる、何か手を動かしながら…の「“ながら”でやってください」ということだけは皆さんにお願いしました。せりふがあるから手を引っ込める…みたいに食卓が動かなくなるのだけは嫌だったので。せりふのタイミングがずれてもいいから、そこだけは意識してくださいと。板尾さんが「肉、まだあるぞ」と促したりするのはアドリブですが、撮影していて、ものすごく楽しかったです。

松本 そういう意味では、私が一番楽をしていたと思います(笑)。橙花は一応、その場にはいるんだけど、反発しているから、食事には全く手をつけない。しかも、そうやって一生懸命アピールしているのに、誰も気付いてくれないという…(笑)。

ー松本さんと板尾さんは、ふくだ監督の思いが込められたこの映画に登場する家族を見て、どんなことを感じましたか。

松本 家族というのは、どんな形でもいいんだな…と。ちゃんとつながってさえいれば、たとえ血がつながっていなくても、どんなことでも言い合えて、家族でいられる。逆に、血がつながっていても、こういうふうにつながっていられない家族もいるでしょうし。大切なのは、もっと自由に、自分らしく生きること。そんなことを考えさせられました。

板尾 家系や伝統を重視した今までの日本的な家族とは違って、押しつけがましくないのがいいですよね。干渉し過ぎず、お互いを尊重し合って、本人が思うように生きればいいという。だけど、ちゃんとつながっている。そういうカラッとした感じがすごくよかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top