【インタビュー】『タロウのバカ』大森立嗣監督 驚異の新人YOSHI、菅田将暉、仲野太賀共演作で「『生きる』ということを見つめ直してみようと思った」

2019年9月5日 / 12:00

 ある川沿いの町。「タロウ」と呼ばれる名前のない少年(YOSHI)は、母親から放置され、学校にも行かず、高校生のエージ(菅田将暉)やスギオ(仲野太賀)と共に、当てのない日々を過ごしていた。そんなある日、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから、彼らは過酷な現実と向き合うこととなる…。9月6日、テアトル新宿ほか全国ロードショーとなる『タロウのバカ』は、主演を務める新人YOSHIの圧倒的な存在感、痛烈な批評精神を持って現代社会を見つめた物語など、注目の一作だ。メガホンを取ったのは、『日日是好日』(18)、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(18)などの話題作を送り出す大森立嗣監督。製作の背景、作品に込めた思いを聞いた。

大森立嗣監督

-「名前がない、学校にも行かない」という主人公タロウのキャラクターが強烈です。どんなところから、この主人公が生まれたのでしょうか。

 この映画では、「生きる」ということを見つめ直してみようと思ったんです。今の日本はあまりにも経済を優先し過ぎて、豊かになったのはいいけれど、それで本当に幸せになったのかというフィードバックがなさすぎる。妄想に取りつかれているだけではないのかと。そこを考えるには、人間そのものを見つめる必要がある。そのためには、社会的なバックグラウンドを持たず、名前もない人間の視点がほしかった。ただ、大人になるとモラルやコンプライアンスなど、いろいろなものを背負ってしまい、だんだん人間そのものから離れていってしまう感覚が、僕にはありました。だから、主人公は少年の方がいいだろうと。

-演技初挑戦でタロウを演じたYOSHIさんの存在感が圧倒的だと感じました。監督ご自身がインスタグラムで発見したそうですが、起用の決め手は?

 オーディションのような形でいろいろな子に会ったのですが、みんな15、6歳になると、どこか社会化されていて礼儀正しい。でも、タロウはそういうものからかけ離れたところにいなければいけないだろうと。「今の日本に、そんな子がいるのか?」とも思いましたが、彼に会った瞬間、まさにこの子だと。社会化されていないということを、自分の中で肯定している感覚が、彼にはあったんです。そこがすごく魅力的で、即決でした。

-現場でのYOSHIさんは、どんな様子だったのでしょうか。

 普通の映画の現場で考えたら、彼の振る舞いはむちゃくちゃです(笑)。僕のことを「タッチャーン!」と呼んで膝の上に乗ってきたり、「撮影終わったら、ゲーセン行こうよ!」と言ったり…。撮影のときも、「やっべー、緊張する!」と言ったかと思えば、「俺、できたよ!」と言ってみたり…。ただのクソガキです(笑)。でも、そんな現場は長いこと経験していなかったので、スタッフもみんな喜んでいました。映画って、自由に表現をしているつもりだけど、実際はいろいろなしがらみを背負って撮影しなければならない。当時、事務所に所属していなかった彼は、そういうものとは全くかけ離れたところから来てくれたので、すごく新鮮でした。「野性的」と言ってもいいかもしれません。楽しかったです。

-現場でのYOSHIさんと菅田さん、太賀さんの関係は?

 先にYOSHIくんが2人のことを好きになってくれました。菅田くんと太賀くんは最初、「この子、誰?」みたいな感じでしたけど、すぐに仲良くなって。2人は大人なので、この現場のにおいも分かって、「この映画をよくするために、自分たちの役割を果たす」ということだったと思います。それでも、一緒に古着屋に行ったりして、心から楽しんでいる様子がありました。

-一方、タロウと関わる役で、ダウン症の方たちも出演していますね。

 人間そのものを撮りたいと思っていたので、タロウに近い存在として出てもらいました。今の社会で、彼らが大きな仕事をするのはなかなか難しいことですが、実はものすごく生命力にあふれている。社会的なものを背負っていないタロウと同じように、余分なものをそぎ落とした存在として、彼らをフィーチャーしてみました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

page top