【インタビュー】『タロウのバカ』大森立嗣監督 驚異の新人YOSHI、菅田将暉、仲野太賀共演作で「『生きる』ということを見つめ直してみようと思った」

2019年9月5日 / 12:00

 ある川沿いの町。「タロウ」と呼ばれる名前のない少年(YOSHI)は、母親から放置され、学校にも行かず、高校生のエージ(菅田将暉)やスギオ(仲野太賀)と共に、当てのない日々を過ごしていた。そんなある日、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから、彼らは過酷な現実と向き合うこととなる…。9月6日、テアトル新宿ほか全国ロードショーとなる『タロウのバカ』は、主演を務める新人YOSHIの圧倒的な存在感、痛烈な批評精神を持って現代社会を見つめた物語など、注目の一作だ。メガホンを取ったのは、『日日是好日』(18)、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(18)などの話題作を送り出す大森立嗣監督。製作の背景、作品に込めた思いを聞いた。

大森立嗣監督

-「名前がない、学校にも行かない」という主人公タロウのキャラクターが強烈です。どんなところから、この主人公が生まれたのでしょうか。

 この映画では、「生きる」ということを見つめ直してみようと思ったんです。今の日本はあまりにも経済を優先し過ぎて、豊かになったのはいいけれど、それで本当に幸せになったのかというフィードバックがなさすぎる。妄想に取りつかれているだけではないのかと。そこを考えるには、人間そのものを見つめる必要がある。そのためには、社会的なバックグラウンドを持たず、名前もない人間の視点がほしかった。ただ、大人になるとモラルやコンプライアンスなど、いろいろなものを背負ってしまい、だんだん人間そのものから離れていってしまう感覚が、僕にはありました。だから、主人公は少年の方がいいだろうと。

-演技初挑戦でタロウを演じたYOSHIさんの存在感が圧倒的だと感じました。監督ご自身がインスタグラムで発見したそうですが、起用の決め手は?

 オーディションのような形でいろいろな子に会ったのですが、みんな15、6歳になると、どこか社会化されていて礼儀正しい。でも、タロウはそういうものからかけ離れたところにいなければいけないだろうと。「今の日本に、そんな子がいるのか?」とも思いましたが、彼に会った瞬間、まさにこの子だと。社会化されていないということを、自分の中で肯定している感覚が、彼にはあったんです。そこがすごく魅力的で、即決でした。

-現場でのYOSHIさんは、どんな様子だったのでしょうか。

 普通の映画の現場で考えたら、彼の振る舞いはむちゃくちゃです(笑)。僕のことを「タッチャーン!」と呼んで膝の上に乗ってきたり、「撮影終わったら、ゲーセン行こうよ!」と言ったり…。撮影のときも、「やっべー、緊張する!」と言ったかと思えば、「俺、できたよ!」と言ってみたり…。ただのクソガキです(笑)。でも、そんな現場は長いこと経験していなかったので、スタッフもみんな喜んでいました。映画って、自由に表現をしているつもりだけど、実際はいろいろなしがらみを背負って撮影しなければならない。当時、事務所に所属していなかった彼は、そういうものとは全くかけ離れたところから来てくれたので、すごく新鮮でした。「野性的」と言ってもいいかもしれません。楽しかったです。

-現場でのYOSHIさんと菅田さん、太賀さんの関係は?

 先にYOSHIくんが2人のことを好きになってくれました。菅田くんと太賀くんは最初、「この子、誰?」みたいな感じでしたけど、すぐに仲良くなって。2人は大人なので、この現場のにおいも分かって、「この映画をよくするために、自分たちの役割を果たす」ということだったと思います。それでも、一緒に古着屋に行ったりして、心から楽しんでいる様子がありました。

-一方、タロウと関わる役で、ダウン症の方たちも出演していますね。

 人間そのものを撮りたいと思っていたので、タロウに近い存在として出てもらいました。今の社会で、彼らが大きな仕事をするのはなかなか難しいことですが、実はものすごく生命力にあふれている。社会的なものを背負っていないタロウと同じように、余分なものをそぎ落とした存在として、彼らをフィーチャーしてみました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

page top