【インタビュー】映画『みとりし』 高崎翔太「大切な人をより一層大切に思えるような作品です」 

2019年9月5日 / 17:00

 誰にでも平等に訪れる死の時、あなたはどんな最期を迎えたいですか? つらく、苦しい治療をやめ、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で温かい死を迎えるために患者とその家族をサポートする看取り士。「日本看取り士会」の代表理事を務める柴田久美子が経験した多くの温かい時間が本作の原案だ。早期退職後、セカンドライフの仕事として岡山県高梁市にある看取りステーションで看取り士を務める主人公・柴久生を榎木孝明が演じ、高梁市唯一の診療所へ赴任してきた新任の医師・早川奏太を2.5次元舞台を中心にマルチに活躍する高崎翔太が演じた。今回は、高崎に演じた役や、本作への思いについて語ってもらった。

高崎翔太(ヘアメイク:山崎惠子)

-撮影現場でのエピソードを教えてください。

 先輩が多い現場でしたが、和やかで優しい方ばかりでした。撮影中、榎木さんと二人きりになったときに古武術の技を教えてもらいました。

-共演した村上穂乃佳さんの印象はいかがでしたか。

 看取り士という職業に真摯(しんし)に向き合って、芝居以外の部分を丁寧に演じていたのがとても印象的でした。

-本作で医師の役を演じた感想は?

 一度舞台で演じたことがあります。医者というのは患者さんを治すことが仕事なんですけど、つらい思いをしたくないという患者さんの意思を尊重して、看取り士のように最期まで丁寧に看取るのが正解なのか、意地でも病気を治すことを考えるのが正解なのか、家でも現場でもずっと考えていました。

-まだまだ先の話になりますが、高崎さんはどんな最期を迎えたいと思いますか。

 考えたことがないです(笑)。でも、病気もなく、一番いい頃にパッといきたいなって思います(笑)。

-岡山県でロケを行ったそうですが、岡山県を訪れたことはありますか。

 ドラマとバラエティーの撮影で行ったことがあります。映画は高梁市で撮影をしたんですけど、そこの無人駅の目の前が川で驚きました。新潟出身なので無人駅を使ったことはあるんですけど、森と川しかない場所というのは初めてでした。

-川遊びはしましたか。

 衣装を着ていたので無理でした。でも、あと10歳若かったらきっと遊んでいましたね(笑)。

-最近の趣味はなんですか。

 最近は旅行によく行きます。この前は本場の中華料理が食べたくて友達と1泊2日で上海に行って来ました。

-弾丸旅行ですね。まとまったお休みができたらどんな場所へ行きたいですか。

 ブラジルとか、南アメリカとか、お休みがたくさんないと行けない国に行ってみたいです。あとはクリスマスのオーストラリアに行ってサーフィンをしているサンタクロースが見たいです(笑)。

-最後に、この映画はどんな人と見に来てほしいですか。

 1人でもぜひ見に来てほしいんですけど、家族や友達、大切な人と一緒に見に行って、感想や内容を共有していただければ、より一層その人たちを大切に思うことができる作品だと思います

(取材・文・写真/丸山有咲)

(c)2019「みとりし」製作委員会 

(c)2019「みとりし」製作委員会

映画『みとりし』9月13日(金)から有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
http://is-field.com/mitori-movie/

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

page top