“寅さん”のイメージにプレッシャーも 「歌とタップダンスは温かい目で見てください」岡田将生(奥原咲太郎)【「なつぞら」インタビュー】

2019年6月11日 / 17:10

-ちなみに、その咲太郎となつは、『男はつらいよ』の兄妹、寅さんとさくらをイメージしているみたいですね。

 そうなんですよ…。最初にそれを言われたときは、難しい注文だなと思いました。プレッシャーです。でも、それに応えられるように頑張っています。

-なつには北海道の柴田家、咲太郎には東京のおでん屋「風車」の女将・岸川亜矢美がもう一つの家族として存在しますが、演じる大先輩の山口智子さんから学ぶことも多いですか。

 お芝居は自由であることを改めて教わりました。僕は「この役はこうだ」と固めたり、理詰めをしたりしがちですが、山口さんを見ていると、そんなことはどうでもよくて、もっとフラットな状態で、役として一瞬一瞬を生きることが大事だと考えるようになりました。学ぶことが多く、とても楽しいです。

-ヒロインの広瀬さんにはどのような印象を持たれましたか。

 「カメラが回ると、年齢や先輩・後輩は関係なく全員が対等」とよく先輩に言われてきましたが、広瀬さんを見ているとそれがよく分かります。広瀬さんは真ん中にどっしりといてくれて、芝居も現場の雰囲気も引っ張ってくれるので、すごくすてきな女優さんだと思います

-最後に見どころをお願いします。

 登場人物がそれぞれ成長していく姿はすてきですし、温かくて、元気で、勇気をもらえる物語です。回を追うごとに「えっ、こうなるの?」とびっくりする展開もあるので、ぜひ、楽しんでください。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top