【インタビュー】『メリー・ポピンズ リターンズ』エミリー・ブラント「今回は、私たちなりの“次章のメリー・ポピンズ”になっています」

2019年1月30日 / 10:00

 ディズニーが55年の時を経て、名作を現代によみがえらせた『メリー・ポピンズ リターンズ』が2月1日から公開される。本作でミステリアスな魔法使いメリー・ポピンズを演じたエミリー・ブラントが来日し、インタビューに応えた。彼女が語る映画製作の舞台裏とは…。

メリー・ポピンズを演じたエミリー・ブラント 【写真=堤博之】

-約半世紀ぶりに製作された名作の続編ですが、ご自身にとって前作の『メリー・ポピンズ』(64)はどういう存在でしたか。また、演じる上でプレッシャーはありましたか。

 前作は6、7歳のときに初めて見ましたが、とてもファンタスティックで、まるで魔法にかかったようなうれしさを感じました。同時に、安心感も得ました。それは多分、メリー・ポピンズにはしつけに厳しい面があり、混沌とした状況の中に彼女が秩序をもたらしたからだと思います。「うまくいかなくても、彼女が正してくれるんだ」と思ってホッとしたのを覚えています。
 今回演じるに当たって、もちろん最初は怖さや不安がありました。何と言っても前作は、作品自体も、ジュリー・アンドリュースのパフォーマンスもアイコンですから。でも、メリー・ポピンズは、とても演じがいのあるキャラクターなので、きっと楽しんで演じることができるだろう、という喜びの方が勝りました。

-表情やしぐさなどで、前作のジュリー・アンドリュースを参考にしたものはありますか。

 今回、役を引き受けてから、改めて前作を見直すことはしませんでした。それよりも、原作を読み直してみました。すると、原作と、前作で描かれたメリー・ポピンズの人物像が少し違うことに気付きました。原作の彼女は、よりエキセントリックで、失礼な物言いで、厳しさとユーモアを併せ持っていて、いい意味で“未知の存在”でした。そうした部分を参考にして、今回のメリー・ポピンズ像を作り上げていきました。ですから、今回は、私たちなりの、“次章のメリー・ポピンズ”になったわけです。ジュリーのメリー・ポピンズは不滅の存在で、まねをするなどおこがましいと思ったので、あえてそうしました。

-では、今回メリー・ポピンズを演じる上で、軸になったものは?

 メリー・ポピンズが持っている両面性、ということを強く意識しました。彼女は一見、厳しいところもあり、気難しくて、失礼な物言いをしたりもしますが、その反面、自分の見掛けを気にして鏡を見たりするシーンがあるように、とても人間らしさを感じさせるキャラクターでもあります。彼女は空を飛ぶこともできるけれど、しっかりと地に足が付いています。マジカルでありながら現実的な部分もある。そうした両面性を見つけて、演じることを心掛けました。ロブ・マーシャル監督とも「彼女の人間性が垣間見える瞬間が大切だと思う」という話をしました。彼女は二次元的なスーパーヒーローではなく、“超人”なので、人間的なレイヤー(層)を見つけることが大切だと思いました。

-アニメーションとの共演シーンはどのように撮ったのでしょうか。

 今回、マーシャル監督にとって、手書きの2Dアニメーションを使うということは不可欠な要素でした。それは前作のスピリットに対するノスタルジーの喚起と、前作にオマージュを捧げるために必要だったのです。私が「いいなあ」と思ったのは、前作に関わった、引退したアニメーターたちが呼び戻されて、今のスタッフにアドバイスをしていた場面です。私たち演じる側は、全てグリーンバックで演技をしました。一度目はペンギン役の小柄なダンサーたちと一緒に、次はテニスボールと私たち、最後は私たちだけと、同じシーンを3回撮影しました。それをアニメーションと合成したわけです。撮影には2週間前後かかりましたが、そのかいはあったと思います。

-リン=マニュエル・ミランダ、ベン・ウィショー、メリル・ストリープら、共演者の印象は? 個人的には、ディック=バン・ダイクのパフォーマンスに一番驚きましたが。

 もちろん、撮影現場でもディックのパフォーマンスには、みんなが驚きましたよ!(笑)。リン=マニュエルと共演できたことは本当に良かったと思います。彼は、自然に希望を感じさせてくれるような、ポジティブなスピリットや、はつらつさを感じさせるエネルギーを持っています。一緒に仕事をしていてもとても楽しい人です。メリルとは何と3度目の共演でした。私が女優としてのキャリアを積む中で、いつも相談に乗ってくれる存在ですし、とても聡明で楽しい人でもあります。今回の共演もとても楽しかったです。
 そして、ディックですが、「ドアがぶっ飛ぶほど」の衝撃でした。本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。彼と同じ空気を吸えただけでも幸運だと思いました。彼は『メリー・ポピンズ』という作品の魂を象徴する存在です。彼は92歳ですが、いまだに童心を持っているし、はつらつさや生命力を感じさせてくれます。彼がデスクの上でタップダンスを始めたときに「この人ほど童心を体現できる人はいない」と改めて思い、とても感動しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top