【インタビュー】『メリー・ポピンズ リターンズ』エミリー・ブラント「今回は、私たちなりの“次章のメリー・ポピンズ”になっています」

2019年1月30日 / 10:00

-女優としてのキャリアを積み、結婚も育児も経験する中で、童心や人間性を失わず、バランスを取って生活するためには、何が必要だと思いますか。

 今回、原作を読んで心に残ったのは「空を飛ぶためには、安定した飛び立つ場所がいる」という一節でした。私にも家庭という安定した場所があるからこそ、映画の中で空を飛んだり、クレイジーなこともできるのだと思います。特に昨年は、自分のキャリアの中でも、最も充実した1年だったと思います。夫(ジョン・クラシンスキー監督)と一緒にアートムービーである『クワイエット・プレイス』を作り、全くタイプの違う、この『メリー・ポピンズ リターンズ』にも出ることができました。私は、多様性のある役がやりたいし、複雑なキャラクターを演じたいといつも思っています。その意味では、2018年は、私が女優という仕事に求めていることが実現できた年だったと思います。

-では最後に、日本の観客に向けて一言お願いします。

 見ながら、こんなに喜びが感じられて、マジカルな経験ができる映画は他にはないと思います。人が生きていく上で、幸福や喜びを感じることはとても大切なことだと思います。もちろん、子どもたちがこの映画を見て、マジカルな世界に連れ去られて、楽しんでいる様子を見るのもうれしいのですが、私が最も感動したのは、この映画を見た大人の人の多くが「童心を取り戻した」と言ってくださったことです。日本の皆さんにも、そのように感じていただけたらと思います。

(取材・文/田中雄二)

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top