【インタビュー】『メリー・ポピンズ リターンズ』エミリー・ブラント「今回は、私たちなりの“次章のメリー・ポピンズ”になっています」

2019年1月30日 / 10:00

-女優としてのキャリアを積み、結婚も育児も経験する中で、童心や人間性を失わず、バランスを取って生活するためには、何が必要だと思いますか。

 今回、原作を読んで心に残ったのは「空を飛ぶためには、安定した飛び立つ場所がいる」という一節でした。私にも家庭という安定した場所があるからこそ、映画の中で空を飛んだり、クレイジーなこともできるのだと思います。特に昨年は、自分のキャリアの中でも、最も充実した1年だったと思います。夫(ジョン・クラシンスキー監督)と一緒にアートムービーである『クワイエット・プレイス』を作り、全くタイプの違う、この『メリー・ポピンズ リターンズ』にも出ることができました。私は、多様性のある役がやりたいし、複雑なキャラクターを演じたいといつも思っています。その意味では、2018年は、私が女優という仕事に求めていることが実現できた年だったと思います。

-では最後に、日本の観客に向けて一言お願いします。

 見ながら、こんなに喜びが感じられて、マジカルな経験ができる映画は他にはないと思います。人が生きていく上で、幸福や喜びを感じることはとても大切なことだと思います。もちろん、子どもたちがこの映画を見て、マジカルな世界に連れ去られて、楽しんでいる様子を見るのもうれしいのですが、私が最も感動したのは、この映画を見た大人の人の多くが「童心を取り戻した」と言ってくださったことです。日本の皆さんにも、そのように感じていただけたらと思います。

(取材・文/田中雄二)

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top