【インタビュー】『ふたつの昨日と僕の未来』佐野岳 「お客さんにこの映画を大きくしてもらいたい」

2018年12月27日 / 18:05

 愛媛県新居浜市市制80周年記念作品として、新居浜市でロケを敢行したファンタジー映画『ふたつの昨日と僕の未来』が12月22日に公開された。本作で、パラレルワールドを行き来する、主人公・越智海斗を演じたのが佐野岳。ドラマ「陸王」に続くランナー役、しかも“ 一人二役” ともいえる難役を、さわやかに演じている。映画への思いや、撮影の舞台裏について聞いた。

撮影:冨永智子

 

-本作の舞台は愛媛県新居浜市。ご自身は愛知県出身ですが、方言のせりふには苦労しましたか。

 全編を通してせりふが伊予弁だったので大変でした。イントネーションが難しく、苦労しましたが、(大森研一)監督が愛媛県の出身なので、監督に確認しながら演じました。また、食事に行ったときに、隣にいた方に事情を説明して言い方を習ったりと、地元の方にもご協力いただきました。愛媛県で先行ロードショーをしたのですが、現地の方が「全然違和感なく見られた」と感想をおっしゃってくれたのでうれしかったです。

-二つの世界(パラレルワールド)を行き来する役。現実では元マラソン選手だが夢破れて今は無気力な男。もう一つの世界ではオリンピックの金メダリストで、できる男。ある意味“ 一人二役” でしたね。最初に脚本を読んだときはどう感じましたか。

 一人の男の成長を描くのに、ファンタジーの力を借りるとこんなにも壮大になるんだと感心しました。また、答えがないものに対する好奇心で、ドキドキワクワクしながら脚本を読んでいました。完成した映画を見たら、ファンタジーだからこそ、生活感やリアリティーのある細かい描写が際立って見えるのだと思いました。

-現実か理想かで選択を迫られる役でしたが、ご自身ならどちらを選びますか。

 この映画を撮る前なら、もし、別のいい世界があれば、そっちに残りたいと考えたと思います。ところが、演じた後は、越智海斗という主人公が自分とリンクする部分もあったので、自分自身も現状を受け入れたり、周りの人たちに感謝する気持ちを再確認することができたし、ここで頑張ってみようという気持ちにもなれました。

-劇中で、海斗はどちらの世界でもずっと赤いダウンジャケットを着ています。これを見て『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)で赤いダウンベストを着ていたマイケル・J・フォックスを思い出しました。もともとパラレルワールドものやタイムトラベルものはお好きですか。

 実は、衣装合わせの段階で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のことは少し意識しました。時間軸や世界軸が変わっていくような作品は大好きです。この映画のような伏線を回収していくパズル形式のものも好きだったのですが、いざ自分がやってみると伏線の回収が本当に大変で、縛りも多くて、常に緊張感を持って演じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】犬たちの成長物語を描いた「銀牙-流れ星 銀-」が舞台化 “犬”を演じる佐奈宏紀&郷本直也が語る「誰も見たことがない完成図」

舞台・ミュージカル2019年2月22日

 高橋よしひろの名作漫画「銀牙 -流れ星 銀-」が舞台化される。原作は、最強の熊犬の息子として生まれた秋田犬の銀が、人間ですら歯がたたない凶暴な人食い熊の赤カブトを倒すために、日本全国から仲間を集め、戦いを挑む動物漫画。舞台化の一報が流れる … 続きを読む

【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

映画2019年2月22日

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードシ … 続きを読む

【インタビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』ロバート・ロドリゲス監督「この映画は、アメリカ人にインスピレーションを与え続けてくれた日本の漫画やアニメに対するラブレターです」

映画2019年2月21日

 数百年後の未来。スクラップの山の中から脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータ(ローサ・サラザール)は、サイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって新たな体を与えられ、目を覚ますが…。木城ゆきとの漫画「銃夢」を原作 … 続きを読む

【インタビュー】『翔んで埼玉』益若つばさ、女優業に前向き!コメディーでも戦争映画を参考に真剣役作り

映画2019年2月20日

 東京から虐げられ、不法入都した者は処罰される過酷な運命にある埼玉県民が、自由と解放を求めて革命を起こす姿を、超豪華キャストで描いたコメディー映画『翔んで埼玉』。劇中、埼玉解放戦線のメンバー・麻実麗(GACKT)のお手伝いさん・おかよ役を演 … 続きを読む

【インタビュー】New Musical『Color of Life』東啓介「こんなにも温かい作品に出演できる幸せ」

舞台・ミュージカル2019年2月20日

 人気舞台『刀剣乱舞』シリーズなどで活躍してきた東啓介がNew Musical『Color of Life』に出演する。画家と女優。2人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、引かれ合い、ニューヨークの彼女の部屋で一緒に暮らし始める。だが、やがて … 続きを読む

page top