【特集】『アリー/ スター誕生』監督・主演ブラッドリー・クーパー「自分が思い描いてきた映画をそのまま作ることができた」 

2018年12月19日 / 10:00

 人気ロック歌手のジャクソンに歌の才能を見いだされ、スターの階段を駆け上がっていく若き歌姫アリーの成功と葛藤、愛を描いた『アリー/ スター誕生』が21日から公開される。ヒロインのアリーを演じるのは映画初主演の”歌姫”レディー・ガガ。そして『アメリカン・スナイパー』(15)で製作と主演を兼任したブラッドリー・クーパーが、本作では初監督とジャクソン役を兼任した。そのクーパーが、作品に対する“深いこだわり”と演出の“狙い”を明かした。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 クーパーは「この映画では、パパラッチや記者会見などのシーンを使ってスターの生活を描くことをあえて回避した。僕が目指した理想は、観客が、僕が演じたジャクソンとアリーの生活をじかに感じることができるような、体験型の作りにすることだった。この映画に見られる、騒がしさと静けさの間を行ったり来たりする音のリズムは、そういう意識からきている」と、こだわりと仕掛けを明かした。

 そうした対照的な音のリズムを使ったシーンは、映画の冒頭から見られる。その点についてクーパーは「ジャクソンが満席のコンサートでパフォーマンスをするシーンがあるけど、ライブを終え、車に退散する彼の姿には哀愁が漂う。普通は大盛況のライブを終えたミュージシャンなら、もう少し高揚感を期待するところだけど、彼は車の後部座席に倒れるように乗り込み、静寂の中でジンのボトルを手に取って飲む。その姿から哀愁が伝わるんだ。スターというのは、極端な騒がしさと孤独の間を行き来するものなんだ」と語る。

 ジャクソンが真のスターであることを、映像だけではなく“音”を使って表現したクーパー。見る者の想像力をかき立てながら、繊細でもある彼の演出は、とてもこれが初監督作とは思えない。

 そんなクーパーの演出を間近でみていたガガは「彼は、撮影中にものすごい集中力を発揮していて、揺るぎないビジョンを持っていました。彼が毎日全力を尽くすのを目の前で見ていました。まるで疲れを知らないかのように、ノンストップでこの映画のために全てを注ぎ込む姿を」と現場での鬼気迫るクーパーの様子を語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】新型コロナウイルスの感染拡大の今こそ見たい映画2 「恐怖は、ウイルスより早く感染する」『コンテイジョン』

映画2020年4月9日

 前回は、ウイルスの恐怖を描いた『復活の日』(80)と『アウトブレイク』(95)を紹介したが、もう一本、忘れてはならない映画がある。未知のウイルスによる感染症がアメリカで発生し、やがて世界中にまん延していく様子を描いた『コンテイジョン』(1 … 続きを読む

【インタビュー】配信型演劇フェスティバル「Ohineri(オヒネリ)」主催・Office ENDLESS下浦貴敬 自粛が続く演劇界で新たな試み「座席にいなくても、その先には観客がいる」

舞台・ミュージカル2020年4月9日

 新型コロナウイルスの感染拡大で数々の演劇公演や音楽コンサートが中止となっている今、活動の場を失ったエンターテイナーたちに少しでも活動の場を作りたいという思いから企画された、配信型演劇フェスティバル「Ohineri(オヒネリ)」。同イベント … 続きを読む

【芸能コラム】ドラマ界にジャニーズ旋風! 4月クールの九つのドラマに32人が出演

ドラマ2020年4月9日

 注目ドラマが目白押しの4月クール。その中で目立つのはジャニーズ所属タレントの勢いのよさだ。昨今、今井翼、渋谷すばる、錦戸亮、中居正広らの退所、滝沢秀明の芸能活動引退、嵐の年内での活動休止など、ファンにとっては寂しいニュースが多いジャニーズ … 続きを読む

【芸能コラム】星野源&綾野剛W主演の「MIU404」、中島健人&平野紫耀の「未満警察ミッドナイトランナー」… お薦めの4月期ドラマを紹介!

ドラマ2020年4月7日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、在宅時間が長くなり、時間を持て余している人も多いのではないだろうか。こんなときだからこそ、あえてウイルスに対する不安から逃れるひと時がほしい。   そんな中、TBSはドラマ「半沢直樹」「MIU404 … 続きを読む

「信秀から信長へ。ここからが新しい時代の幕開けです」高橋克典(織田信秀)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年4月5日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。第七回から織田信長(染谷将太)も登場し、いよいよ役者がそろってきた。その一方で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)のライバルとして物語を盛り上げてきた信長の父・織田信秀 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top