【インタビュー】『殺る女』知英「監督から『この役は知英さんしかない』と言われました」

2018年10月30日 / 14:04

 コメディーからヒューマンドラマまで、幅広い活躍を見せる女優・知英の主演映画『殺る女』が、10月27日にシネ・リーブル池袋ほか全国公開された。作品ごとに多彩な演技を披露してきた彼女が新たに挑んだ本作は、幼い頃に両親の命を奪った男を探し求める殺し屋・愛子の復讐(ふくしゅう)を描いたバイオレンス・エンターテインメントだ。公開に先駆け、心に闇を抱えた寡黙な殺し屋・愛子役に挑戦した本作の舞台裏を聞いた。

知英

-オファーを受けたときのお気持ちは?

 女優を始めてからずっと、アクション映画をやりたいと言い続けていたんです。今までもアクションの経験はありますが、主演ではありませんでした。台本を読んでみたら、復讐もので主人公の愛子は闇を抱えている。皆さんが抱いている私のイメージからかけ離れているところに、とても引かれました。

-宮野ケイジ監督からはどんなお話があったのですか。

 「なぜ私なんですか?」と聞いてみたら、「英語も日本語も使える国籍不明の役。しかもアクションもこなす。この役は知英さんしかないと思った」といううれしい言葉を頂きました。

-愛子は両親を殺した男に復讐を誓う殺し屋というハードな役ですが、役作りはどのように?

 まず、愛子が幼い頃に経験した事件がどんなものだったのか、それを理解しようと思いました。さらに、脚本には幼い頃の愛子と現在の愛子は描かれていますが、その間がありません。中学生や高校生の頃の愛子はどんな人だったのか、どんな痛みや傷を背負って生きてきたのか。きっと普通とは違う人生を送ってきたはず。そういうことを理解するため、監督から愛子に関する詳しい説明を聞き、不足している部分は自分の想像で補いました。

-役作りの段階で、愛子に共感できる部分はありましたか。

 愛子は感情表現に乏しいけれど、深いところで痛みを抱えている。それが強がっているように見えるところは、私も似ているんじゃないかなと。監督からも「グループのときのイメージからは遠いかもしれないけど、きっと知英さんにも愛子に似た部分はあると思う」と言われました。

-そんな愛子という女性を演じる上で、難しさは?

 寡黙な殺し屋ということで、せりふで語るのではなく、全てを表情で表現しなければなりません。とはいえ、愛子はそれほど表情が豊かというわけではない。そういう役はこれまで演じたことがなかったので、難しかったです。だから、ずっと監督に確認しながら演じていました。

-ご自身で役に反映させた部分はありますか。

 普段は冷静な愛子が号泣しながら感情を爆発させる場面があるのですが、実は台本には詳しいことが書かれていなかったんです。そこで、どうするか監督と話し合っていく中で、私から「思い切り感情を爆発させた方がいいのでは」と提案し、劇中のような形になりました。だから、その場面は「私だったらこうなるだろうな」という部分が反映されています。お客さんにその気持ちをどう見せたらいいのか、ものすごく考えて演じましたが、今でもその感情を言葉で表現できないほど、自分自身が出たシーンになっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top