【2.5次元インタビュー】「=LOVE」が挑む、キュートでキラキラした世界「ガールフレンド(仮)」

2018年6月22日 / 17:05

 HKT48の指原莉乃×代々木アニメーション学院プロデュースによるアイドル・プロジェクト「=LOVE」。イコラブの愛称で親しまれている彼女たちがテレビ東京動画配信サービス「あにてれ」とコラボした、ステージプロジェクトの第2弾「ガールフレンド(仮)」が7月16日に開幕する。学園を舞台にさまざまな女の子と出会いながら試練をクリアしていく学園恋愛ゲームを原作とした本作に挑む佐々木舞香と高松瞳に、作品の見どころや2度目となる舞台での演技への思いを聞いた。

あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「ガールフレンド(仮)」 (C)CyberAgent,Inc.developed by QualiArts,Inc. (C)あにてれ×=LOVE「ガールフレンド(仮)」製作委員会

-「ガールフレンド(仮)」(以下、「ガルフレ」)の舞台が決まったときの心境は?

高松 ついに始動するんだなという期待感がありました。舞台を一つ経験させてもらってからの「ガルフレ」なので、舞台のことを少し知れた分、楽しみも大きいですが緊張もしています。

佐々木 「ガルフレ」はゲームもアニメも知っていたので、最初はどうしようって不安でした(笑)。でも、たくさんの個性的な女の子が出てくる作品なので、イコラブにはぴったりだと思って、今はすごくすごく楽しみです。

-お二人が演じる役柄について教えてください。

高松 私は、椎名心実ちゃんという子を演じます。私に似ているところが多くて、身長も年齢も同じ。容姿も、髪の長さも同じくらいで(笑)。心実ちゃんは新体操をやっていたんですけど、私もやっていたんです! 元気な女の子なんですが、実はおっとりしていて、何ごとにも全力で、全力だからこそ天然な一面もある、「ザ・女の子」って感じの子です。

佐々木 私が演じるのは、新キャラとして舞台に登場する一ノ瀬友恵という子です。(インタビュー時は稽古前のため)まだ全然つかめてないんですが、転校が多くて周りになじめないタイプの子なので、人間関係に対して臆病さを持っているんだろうなと思っています。これから稽古が始まるので、そこでキャラクターをつかんでいこうと思います。

-お二人にとって本作は2回目の舞台となります。一度、舞台を経験されたからこそ、今、意識していることは?

佐々木 前回の「けもフレ」では、キャラクター像がしっかりとあったんですが、今回、私が演じるのはオリジナルキャラクターなので、自分で作っていかないといけないんです。新キャラをみんなに受け入れてもらえるように、かわいくてすてきなキャラにしていきたいです。

高松 私は(佐々木)舞香とは逆に、今回は有名なキャラクターを演じるので、心実ちゃんに近づけるようにと思っています。

佐々木 それと、この作品は、女の子の話なので、女の子だからこそのキラキラ感を見に来てくださった方に感じてもらえるといいなとも思っています。

高松 あにてれさんとのコラボで、「けもフレ」も配信していただいたんですが、2次元が好きな方にもイコラブを知ってもらう機会になって、ファンになってくださった方もいました。配信されることはすごく影響力のあることなんだなって感じたので、今回もたくさんの方に知ってもらって、イコラブファンになってもらえるようがんばります!

-たくさんの女の子が登場する「ガルフレ」とイコラブは、メンバー間の雰囲気も似ていますか?

二人 一緒です(笑)

高松 いや、イコラブの方がもっとうるさいかも!?(笑)

佐々木 「ガルフレ」はかわいらしいキャピキャピ感だと思いますが、イコラブはもっとうるさめのキャピキャピ感(笑)。もはやザワザワ?(笑)

高松 そうそう(笑)。「ガルフレ」は高校が舞台なんですが、イコラブには13~21歳のメンバーがいるので、その子たちが演じる高校生というのも楽しんでもらえると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

【映画コラム】ウッディの選択と決断を描いたシリーズ最終章『トイ・ストーリー4』

映画2019年7月13日

 シリーズ最終章となる『トイ・ストーリー4』が公開された。  最初の『トイ・ストーリー』(95)から24年、前作『トイ・ストーリー3』(10)から9年後。カウボーイ人形のウッディ(声:トム・ハンクス)たちは、新たな持ち主となったボニーと暮し … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top