【2.5次元インタビュー】「=LOVE」が挑む、キュートでキラキラした世界「ガールフレンド(仮)」

2018年6月22日 / 17:05

 HKT48の指原莉乃×代々木アニメーション学院プロデュースによるアイドル・プロジェクト「=LOVE」。イコラブの愛称で親しまれている彼女たちがテレビ東京動画配信サービス「あにてれ」とコラボした、ステージプロジェクトの第2弾「ガールフレンド(仮)」が7月16日に開幕する。学園を舞台にさまざまな女の子と出会いながら試練をクリアしていく学園恋愛ゲームを原作とした本作に挑む佐々木舞香と高松瞳に、作品の見どころや2度目となる舞台での演技への思いを聞いた。

あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「ガールフレンド(仮)」 (C)CyberAgent,Inc.developed by QualiArts,Inc. (C)あにてれ×=LOVE「ガールフレンド(仮)」製作委員会

-「ガールフレンド(仮)」(以下、「ガルフレ」)の舞台が決まったときの心境は?

高松 ついに始動するんだなという期待感がありました。舞台を一つ経験させてもらってからの「ガルフレ」なので、舞台のことを少し知れた分、楽しみも大きいですが緊張もしています。

佐々木 「ガルフレ」はゲームもアニメも知っていたので、最初はどうしようって不安でした(笑)。でも、たくさんの個性的な女の子が出てくる作品なので、イコラブにはぴったりだと思って、今はすごくすごく楽しみです。

-お二人が演じる役柄について教えてください。

高松 私は、椎名心実ちゃんという子を演じます。私に似ているところが多くて、身長も年齢も同じ。容姿も、髪の長さも同じくらいで(笑)。心実ちゃんは新体操をやっていたんですけど、私もやっていたんです! 元気な女の子なんですが、実はおっとりしていて、何ごとにも全力で、全力だからこそ天然な一面もある、「ザ・女の子」って感じの子です。

佐々木 私が演じるのは、新キャラとして舞台に登場する一ノ瀬友恵という子です。(インタビュー時は稽古前のため)まだ全然つかめてないんですが、転校が多くて周りになじめないタイプの子なので、人間関係に対して臆病さを持っているんだろうなと思っています。これから稽古が始まるので、そこでキャラクターをつかんでいこうと思います。

-お二人にとって本作は2回目の舞台となります。一度、舞台を経験されたからこそ、今、意識していることは?

佐々木 前回の「けもフレ」では、キャラクター像がしっかりとあったんですが、今回、私が演じるのはオリジナルキャラクターなので、自分で作っていかないといけないんです。新キャラをみんなに受け入れてもらえるように、かわいくてすてきなキャラにしていきたいです。

高松 私は(佐々木)舞香とは逆に、今回は有名なキャラクターを演じるので、心実ちゃんに近づけるようにと思っています。

佐々木 それと、この作品は、女の子の話なので、女の子だからこそのキラキラ感を見に来てくださった方に感じてもらえるといいなとも思っています。

高松 あにてれさんとのコラボで、「けもフレ」も配信していただいたんですが、2次元が好きな方にもイコラブを知ってもらう機会になって、ファンになってくださった方もいました。配信されることはすごく影響力のあることなんだなって感じたので、今回もたくさんの方に知ってもらって、イコラブファンになってもらえるようがんばります!

-たくさんの女の子が登場する「ガルフレ」とイコラブは、メンバー間の雰囲気も似ていますか?

二人 一緒です(笑)

高松 いや、イコラブの方がもっとうるさいかも!?(笑)

佐々木 「ガルフレ」はかわいらしいキャピキャピ感だと思いますが、イコラブはもっとうるさめのキャピキャピ感(笑)。もはやザワザワ?(笑)

高松 そうそう(笑)。「ガルフレ」は高校が舞台なんですが、イコラブには13~21歳のメンバーがいるので、その子たちが演じる高校生というのも楽しんでもらえると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top