【インタビュー】『リメンバー・ミー』 石橋陽彩「家族より大切なものはないということが改めて分かりました」 松雪泰子「細部まで綿密に計算された映像なので、楽しんで演じました」

2018年3月14日 / 14:21

-劇中で披露されたお二人の歌も素晴らしかったです。歌う上でどんなことに気を付けましたか。

石橋 声変わりの時期だったので、最初は「大人っぽい」と言われたんです。だから、小学5年生ぐらいのときを思い出して、声を高くして歌うようにしましたが、難しかったです。そのため、日々の生活でも高い声でしゃべって、加湿器を使ったりマスクを着けて寝たりして、高音をキープするようにしました。

松雪 直前まで舞台でも歌っていたので、発声練習は日々やっていましたが、慎重に喉を使いながら、マスクをして吸入もするなど毎日、体も含めてケアをしていました。喉は楽器のようなものですから、音の“鳴り”が本番でベストな状態になるように。曲自体もメキシコの音楽ということもあって、経験のない難しい曲だったので、きちんと歌えるかなと緊張しました。そのため、早めにレッスンを始めました。

-お互いの声を聴いた印象を教えてください。

石橋 イメルダはとても厳しい人というイメージがあったのですが、松雪さんの声を聴いたら「こんなに優しい声なんだ」と思いました。すごく優しいひいひいおばあちゃんだったので、僕も会ったことのないひいひいおばあちゃんに会ってみたくなりました。

松雪 素晴らしいですよね。なんてピュアな声だろうと。歌声もそうですけど、心がクリアになるような透き通る声に癒やされました。

-ミゲルはミュージシャンになるという夢を持っていますが、お二人の10年後の夢は?

石橋 すごく大きな夢ですが、歌手として、アリーナツアーのように大きな会場でライブをやれるようになりたいです。今はまだまだなので、実現できるように頑張ります。

松雪 じゃあ私は、そのツアーを見に行く(笑)。私は演じることが好きなので、10年後も演じ続けていると思います。ものを作ることも好きなので、映像作品を作るなど、自分から発信していくようなこともやっていきたい。個人的には、子育てが落ち着いている頃だと思うので、子育て中にできなかったことをたくさんしたいです。世界中を旅したり…。映画の中でもすてきだったので、メキシコにも行ってみたいです。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top