【インタビュー】「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」すみれ 「世界で戦わなきゃ!」みなぎる闘志でローラのハリウッド進出も後押し

2018年2月21日 / 13:22

 世界最高峰の映画の祭典「第90回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット・レポーターに起用された女優で歌手のすみれ。“映画オタク”を自称し、昨年はハリウッドデビューを果たしたすみれが、大役を任された喜びとともに、日本のみならず海外でも活躍するエンターテイナーとしての熱い思いを語った。

■ヘアメイク 山口恵美 氏 ■スタイリスト 岸本佳子 氏

 幼い頃からテレビで見ていた授賞式に携われることに、すみれは「びっくりです。こんな私でいいの?と思いました」と目を丸くすると、「いろんなスターに会うと緊張も興奮もあふれ出るだろうから、どう心の準備をしていいのか分からない。私にできるのかな…」と不安をのぞかせた。

 しかし、「日本に来て6年がたつけど、ハワイで育ったから、日本語がまだたどたどしいので、英語でできることにはホッとします」とし、「華やかなファッションについてや、映画や芝居に対する質問もチャンスがあればさせていただきたいです」と意気込みを語った。

 中でも楽しみにしているのは、メリル・ストリープとジェニファー・ローレンス。メリルは5年ほど前に会った時に日本語の勉強を応援してくれ、女優としても尊敬していることからカーペット上での再会を熱望している。ジェニファーについては「人としても女性としても女優としても、ただただ大好きで、遠くから見るだけでもいいし、インタビューができたら泣いちゃう」とたぎる思いを口にした。

 注目作は、冷戦下のアメリカを舞台に、声を失くした孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)と、神としてあがめられていた不思議な生物(ダグ・ジョーンズ)との恋物語をユーモアとサスペンスを織り交ぜて描いた、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス『シェイプ・オブ・ウォーター』だという。

 作品賞・監督賞・主演女優賞など最多13部門にノミネートされていることに納得するすみれは「人生で一番好き。世界観がおしゃれで、音楽もダンスも、役者の演技も、本当に素晴らしくて、こんな作品は今まで見たことないし、これからも出会えないと思いました。それに、ハリウッド映画ってやっぱりすてきだなと感動しました」と声を弾ませた。

 ハリウッドに心引かれているすみれだが、昨年、人生に絶望した男に訪れた奇跡を描いた映画『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』で、男を救う精霊役としてハリウッドデビューし、名優サム・ワーシントン、オスカー女優オクタヴィア・スペンサーらと共演している。

 両親は俳優の石田純一と女優の松原千明、祖父母も俳優と元タカラジェンヌという芸能一家に生まれたすみれが芸能界に飛び込むことは必然だったともいえる。「小さい頃は歌やミュージカルが大好きで、ブリトニー・スピアーズになりたかった」と笑うと、「中学1年生で初めてミュージカルに出演したことで芝居にも興味を持つようになり、3年生の時からアクティング(演技)クラスに通いました」と振り返る。

 やがて、先生に「あなたの芝居はナチュラルね」と言われたことがきっかけで、舞台だけでなく映画やドラマも視野に入れるようになり、ハリウッドスターのホリー・ハンターやイーサン・ホークらを輩出したカーネギーメロン大学演劇学科へ進学すると、レッスンに没頭して演技力を磨いた。

 ところが、ある教師から「アジア人はアメリカではうまくいかない」と言われたように、現実は厳しく、数々のオーディションに挑むも惨敗。そんな中、初めて合格した映画が『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』だったが、「まさか受かるとは思わなかった」とすみれは驚きを隠さない。

 というのも、「アメリカでは日本人に対して頭がいいイメージがあるから、弁護士や医者、先生役とか、きつい顔の印象から悪役とかなら分かるけど、神様みたいな柔らかい雰囲気の精霊役をいただいたことにびっくりしました」と述懐した。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

page top