「西郷は追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある人物」中園ミホ(脚本)【「西郷どん」インタビュー】

2018年1月2日 / 17:00

-男性が中心の物語になると思いますが、女性はどのように描くつもりでしょうか。

 薩摩は男尊女卑の気風が強く残っているといわれますが、鹿児島の女の人たちはとても強いです。私は強い女の人を書くのが好きなので、それが分かって安心しました(笑)。西郷には3人の奥さんがいましたが、その3人と愛し合ったり、別れたりする中で、西郷はああいうスケールの大きな人間になっていったような気がします。ですから、3人の奥さんとの関係は丁寧に描くつもりです。

-西郷の妻たちのキャラクターはどのように作り上げていくのでしょうか。

 西郷は筆まめなので、奥さんに手紙をたくさん書いているんです。大久保にも、愛加那(西郷の二番目の妻/二階堂ふみ)と仲むつまじい様子を報告したり…。そういう手紙を参考にしながら、史料のままではなく、血の通った人間にしたいと思って書いています。ただ、女の人を書くときは、つい力が入ってしまうところはあります(笑)。

-この作品を通して視聴者に伝えたいことは?

 西郷も大久保も、今後登場する岩倉具視や徳川慶喜も、みんな逆境を経験しています。それぞれ理不尽な理由で表舞台を去り、辛酸をなめた時期がありました。西郷は5年ほど島に流されていましたし、大久保も蟄居(ちっきょ)の処分を受けて家から出られない時期がありました。でも、私にはその時期が彼らをさらに人間的に大きくしたように思えるんです。そう考えたら、西郷がより魅力的に見えてきました。今は先が見えない時代といわれていますが、逆境というものは、誰にでも起こり得ることです。でも、それが人を強くする。それをメッセージとして伝えたいというのが、私のひそかなテーマです。

-それでは、視聴者に向けて抱負を。

 歴史の好きな方はもちろんですが、今まであまり歴史ものに興味のなかった方にこそ、見ていただきたいです。私も歴史に明るい方ではないので、時代考証の先生方の力を借りながら書いている途中ですが、あの時代の若者たちの群像劇は本当に面白い。西郷という人も、追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある、計り知れないスケールの魅力的な人物です。こういう人がいたということを知っていただき、1年間、西郷にほれていただけたらうれしいです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top