【インタビュー】『氷菓』岡山天音「共演が決まったことを賢人から聞いて、舞い上がりました」

2017年11月2日 / 12:00

 累計230万部を超える米澤穂信氏の学園ミステリー『古典部』シリーズの第1弾を実写映画化した『氷菓』が、11月3日から全国公開される。高校の古典部に入部した省エネ主義の天才探偵・折木奉太郎(山崎賢人)、謎解きが大好物のお嬢様・千反田える(広瀬アリス)たち個性的な4人が、学内で起きるさまざまな謎に挑んでいく物語。豊富な知識で謎解きをサポートする古典部のメンバー、福部里志を演じた岡山天音が、プライベートでも親友同士である山崎と共演した感想や作品の舞台裏を語った。

古典部のメンバー、福部里志を演じた岡山天音

-出演が決まった時の気持ちをお聞かせ下さい。

 めちゃくちゃうれしかったです。最初、(山崎)賢人から聞いたんです。夜、電話が掛かってきて「今度、一緒にやるの決まったよ」って。すごく舞い上がったのを覚えています。賢人とは10代の頃からずっと友達なので、電話を切った後、あまりにうれしくて大声で叫んじゃいました(笑)。

-最初に台本を読んだ時の感想は?

 難しいなと感じました。里志は高校1年生という設定ですが、達観したキャラクターなので、実際に演じる時、どうバランスを取ったらいいのか…。また、せりふや掛け合いで進んでいくミステリーというものをどう演じていったらより良い形になるのかなど、考えることが多かったです。

-福部里志というキャラクターの魅力は、どんなところでしょうか。

 人間くさいところです。今回の映画では、いつもニコニコしていて、人当たりがよくて、要領もいいといった印象ですが、原作ではシリーズが進むにつれ、実は奉太郎にコンプレックスを感じていたことが明らかになっていくんです。天才の奉太郎に対して、横にいる里志がどう感じていたのか…。僕もこの業界にいて、奉太郎のように、持って生まれたものが違うなと感じる人にたくさん出会いました。だから、里志の気持ちがよく分かるんです。そう考えたら、切なくてほっとけなくなりました。そういう部分に引かれたので、映画で描かれる、描かれないにかかわらず、そこは大事に演じたいと考えました。

-撮影に入る前、古典部のメンバーを演じる山崎さん、広瀬アリスさん、小島藤子さんと一緒にリハーサルをされたそうですね。

 恥ずかしかったですね。僕、リハーサルって苦手なんです。メークも衣装も無しで、会議室みたいなところで周りの視線を感じながらお芝居をするのは集中できなくて…。ただ、いろいろと超えなきゃいけないものがある役だなということは、リハーサルを通じて分かってきました。監督とは、原作で「常に笑っている」と書かれている里志を、現実的にどう成り立たせるかということも相談しました。

-親友の山崎さんと共演した感想は?

 笑っちゃいました(笑)。今までも現場が一緒になったことはあるんですが、一緒に芝居をしたことはなかったんです。それから何年かたって、いざ親友役をやるとなったら、なんだか不思議な感じで…。衣装合わせの時も、僕が部屋に入ったら、先にいた賢人と目が合ったんですけど、お互いにどんな顔をしていいのか分からず、しばらく見合った後、目をそらされたり…(笑)。昨日は普通に話していたのに…みたいな照れくささが、最初はありました。ただ、撮影に入ってからは、ホテルで賢人と読み合わせをして、「奉太郎的にはどう?」なんて相談もできたので、ずいぶん助けられました。

-現場での山崎さんの印象はいかがでしたか。

 やっぱりすごいですよね。賢人がどういう場所で戦っているのかというのを今回近くで見たのですが、主演ばかりやっていてよくうまくバランスを取れるなと思います。でも、賢人は街で人に気付かれるようになっても、根っこは全然変わらないんです。すごくフラット。スタッフさんたちに対しても、ちゃんと自分の方から近付いていって信頼関係を築ける。そういうところがすごく魅力的だと改めて感じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top