【インタビュー】「日本をゆっくり走ってみたよ〜」濱田岳「役者人生でこんな体験はもう二度とない」バイクでの日本一周に感無量!

2017年10月31日 / 15:02

 漫画家・吉本浩二氏による同名実録漫画を実写化したAmazonオリジナルドラマ「日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜」で、心に決めた彼女に告白するために強い男になろうと、バイクで日本一周を目指す主人公・吉本浩二を演じた濱田岳。バイクの運転免許を取得して本作に挑んだ濱田が、貴重で楽しかった撮影時を振り返った。

吉本浩二を演じた濱田岳

-バイクで日本一周するとは壮大なスケールの物語ですが、オファーを受けた時のお気持ちは?

 吉本先生の漫画は内容がほぼエッセイで、日常の「あるある」と思うようなことがデフォルメしてあったり、自分の弱いところと照らし合わせてクスクス笑えたりするようなものが多いので、最近の大掛かりなものとは違い、漫画の映像化作品としてははまらないのかなと思っていました。でも、これはスタッフ全員を引き連れて日本一周をするという、この業界の人でなくても簡単に想像がつくスケール感なので、自分の役者人生でこんな体験はもう二度とない、という思いで臨ませていただきました。

-本作のためにバイクの免許を取得したそうですが、ご苦労されましたか。

 どこかに通って何かを習うというのは久しぶりだったので楽しかったし、その先に撮影が待っていると思うと苦ではなかったです。

-初めてのツーリングはいかがでしたか。

 普段の撮影では、車でも実際に運転させてもらえることはそんなにないですが、この撮影では本当に運転させてもらいました。安全第一で走っているから緊張感はなかったかもしれませんが、初心者の割にはだいぶ乗れたと思うし、免許取りたてで日本各地を走れるなんて最高のぜいたくでした。

-素晴らしいロケーションでしたが、特に印象的な土地はどこでしたか。

 日本って社会科でも習ったけど70パーセントが山じゃないですか。それにどこに行っても気候があまり変わるわけではないし、山とかに生えている植物はほぼ同じなんですよ。だからぶっちゃけ、県境を越えても特に感動はありませんでした(笑)。ただ、北海道は途端に風景が変わるのでテンションが上がりました。植物も違うし、バーンと抜ける平地の感じも本州では味わえない光景だし、麦が色づいている場所では「ビールのCMみたい!」ってうれしくなりました。

-一番美味しかった郷土料理は?

 せっかくいろんな場所に行けるから地のものを食べたいと思っていましたが、そこはやっぱり撮影で、ほぼ弁当ばかりでした(笑)。その中で、少しでも撮影が早く終わると必死に居酒屋を探して、それらしいものを食べていました。富山では魚、北海道ではウニ丼、熊本と福島では馬刺し、高知ではカツオがおいしかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」すみれ 「世界で戦わなきゃ!」みなぎる闘志でローラのハリウッド進出も後押し

授賞式2018年2月21日

 世界最高峰の映画の祭典「第90回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット・レポーターに起用された女優で歌手のすみれ。“映画オタク”を自称し、昨年はハリウッドデビューを果たしたすみれが、大役を任された喜びとともに、日本のみならず海外でも活躍す … 続きを読む

「満佐の優しさや愛情深いところは、吉之助に受け継がれています」西郷満佐(松坂慶子)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年2月18日

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の周辺で少しずつ時代が動き始める中、吉之助(鈴木亮平)が結婚。だがその一方、祖父・龍右衛門(大村崑)、父・吉兵衛(風間杜夫)、母・満佐が相次いで亡くなり、吉之助は文字通り西郷家の大黒柱となった。吉之助を愛情深く … 続きを読む

【芸能コラム】戦うヒーローの姿を通して、戦争の本質に迫る骨太なドラマ「仮面ライダービルド」

ドラマ2018年2月18日

 「平成仮面ライダー」シリーズ第19弾として昨年9月に始まった「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系 毎週日曜午前9時放送)。さまざまな謎をはらみつつスピーディーに展開する物語や、若手俳優たちの生き生きとした演技など、見どころの多い作品となっ … 続きを読む

【映画コラム】綾瀬はるかをいかに美しく、魅力的に見せるかに力を込めた『今夜、ロマンス劇場で』

映画2018年2月17日

 映画の中から現実世界に現れたお姫様(綾瀬はるか)に恋をする映画の助監督(坂口健太郎)の姿を描いた『今夜、ロマンス劇場で』が好評を博しているという。  本作の時代設定は映画黄金時代の昭和35(1960)年。その割には、撮影所の点描や、『ロー … 続きを読む

【インタビュー】『今夜、ロマンス劇場で』坂口健太郎&本田翼 役へのアプローチの鍵は綾瀬はるかの“ナチュラルさ”と監督の“執念”

映画2018年2月13日

 モノクロ映画の中から飛び出してきたヒロインと、現実世界で映画監督を目指す青年のロマンチックで切ない恋模様を描いた『今夜、ロマンス劇場で』。本作で、坂口健太郎は高飛車な王女様・美雪(綾瀬はるか)に恋する青年・健司役、本田翼は健司に恋心を抱く … 続きを読む

page top