【インタビュー】MSSPの魅力をお届け! FB777にツアーの裏話聞いてみた前編

2017年9月19日 / 16:00

 8月29日に夏の全国ツアーを終えたばかりのM.S.S Project(以下MSSP)。2月に行われた日本武道館でのライブをきっかけに知った方も多いのでは?

 MSSPの魅力を読者の皆さんに知っていただきたい!と考えたエンタメOVO編集部Mがインタビュー!MSSPメンバー・FB777さんにお答えいただきました!

サングラスと笑ったときの大きな口が特徴。笑い声は離れていてもよく聴こえる。

―MSSPの皆さんは普段どのような活動をしているのでしょうか。

8年ほど前から音楽活動、ゲームの実況動画投稿を始め、ライブ活動、ダンス、執筆、ボイスキャスト、写真撮影、生放送やイベント出演等様々な活動をしてきました。はっきり言ってどういう集団なのかは我々にとっても謎ですが、MSSPの基本軸は今でも音楽活動とゲーム実況だと考えています。

―今年で2回目の開催となったSoul Meeting Tourですが、当初このイベントをやろう!と思ったきっかけは?

 冬は音楽ライブツアーをしてきましたので、夏には違う形でライブツアーが出来ないかと考え、よりファンの皆様と近づける形のライブの構成を考えた結果、Soul Meeting Tourを発案しました。音楽ライブツアーとは違う魅力のMSSPライブがお見せできていれば幸いです。

企画によっては客席にメンバーが降りることも。ファンにはたまらない瞬間である(後ろもとても気になるが・・・)。

Soul Meeting Tourを今年も開催すると決まった時(決めたとき)真っ先に思ったこと、浮かんだことはありますか?

 やはりライブ冒頭でお披露目するダンスの不安が真っ先によぎりました。ライブ決定から直ぐにダンス練習に取り掛かり、皆様のおかげでなんとか新曲を踊れるようになってほっとしております。

前回よりパワーアップしたダンスはDVDにも収録される。発売が待ち遠しい。

―イベント参加がはじめてという人やMSSPを最近知ってイベントへ来た人たちも楽しめるような工夫など教えてください。

 いわゆるMSSPライブを見る上での「お決まり事」も無いので、ライブ初心者の方でも安心してご覧頂けると思います。ライブでのゲーム実況やリアルゲームはできるだけ分かりやすくとは考えております。その中でMSSPの色を出すことで初めてライブを見る方にも「こいつらはカオスだ!やばい!」と思って頂ければ幸いでございます。

カオスの例。お題は3人一緒の同じはずなのに決して一致することのない独創的なポーズ

―ゲーム実況や楽曲製作のほか小説の執筆や最近では声優としてアニメ作品に出演されていましたが、最終目標などはありますか?

 とりあえずやれることはやろうぜスタイルでこれからも色々な事に挑戦できればと思います。なので最終目標は特にありませんが、宇宙位にはなんとか行ければ良いなと思いますね。

 

最近MSSPにハマッたよ!というファンの方に一言おねがいします!

 ありがとうございます!上からくるぞ!気をつけろ!

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開された。  トム … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

映画2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次と … 続きを読む

page top