【インタビュー】『結婚』ディーン・フジオカ、結婚詐欺師役に「前向きにチャレンジ」 スイッチ一つで役に成り切る!

2017年6月23日 / 14:57

 結婚詐欺師と、彼にだまされる女性たちの姿を通して、男女の孤独や欲望、結婚をめぐるうそと真実を新感覚の映像で描いた映画『結婚』。本作で、ある秘密を抱えながら、完璧なビジュアルと知性、匂い立つ色気で女性たちをとりこにする結婚詐欺師・古海健児(うるみ・けんじ)を見事に演じ切り、観客をも魅了するディーン・フジオカ。主題歌も担当した本作の見どころ、そして役者としての今後のビジョンを語った。

ディーン・フジオカ

-初めての結婚詐欺師役ですが、ディーンさんはこのような特殊なものをはじめ、役に成り切るためにどのようなアプローチをされますか。

 自分との共通項を探します。あとは、こういうシーンでこういう表情だったら役が成立するかな、こういう小道具があればキャラクターの深みが出るだろうな、なんてことを考えます。そうやってスイッチが出来上がっていく感じです。

-今回“古海スイッチ”を作り上げるために必要だったこととは?

 声のトーンや呼吸のスピード、歩き方、ポケットへの手の突っ込み方、髪を触るしぐさ、携帯電話などの小道具の扱い方…。そういうパーツがガチンとはまっていくに連れてキャラクターの輪郭がはっきりして、「古海健児スイッチ、オン!」みたいになりました(笑)。そうなれば、この場に古海がいたら何をするか?という即興的なことも、あまり迷わずできるようになります。

-プロモーションでは「ディーン・フジオカが新境地を開拓」と強くアピールしていますが、ご自身にとって一番の挑戦は何でしたか。

 1人でいる演技がすごく難しいと思いました。詐欺師なので、ターゲットを思い通りにするという目的がある場合は、そこへ持っていくまでのアプローチもはっきりしますが、名前や職業などいろんなうそをつき通している人間が、1人になり、素の自分になった時にどういう時間の過ごし方をするのか…。ここはすごく難易度が高かったです。

-演技だけでなく、劇中でのピアノ演奏、ダンス、主題歌の歌唱など、ディーンさんのさまざまな姿を堪能できる本作だけに、「イメージビデオみたい」と評する人もいますが。

 そうですか(笑)。結婚詐欺師はクライアント(だます女性)によって(接する)スタンスが違うので、「そのバリエーションの変化を撮らせてもらいたい」というのは最初の段階で西谷(真一)監督から説明を受けました。だから、これまでできなかったようなことでも練習して成立させるという前向きなチャレンジができたので、いろんな姿が出ていると思います。

-主題歌「Permanent Vacation」は、どのような思いや意図をもって制作されましたか。

 絶対に作品の一部として成立する、歌詞や音の世界観にしたかったんです。だから歌詞は、刹那に生きている古海の心理描写を独白させるとこんな感じなのかな?とか、古海自身も分かっていない自分の内面を掘り下げていきながら書きました。サウンドは、衝動感や焦燥感、狂気を感じさせるようなギザギザした感じを狙いました。タイトルは、ずっと本筋に行けずドロップアウトしたままの休暇状態というのは、古海の物語にぴったりかなと思って付けました。

-女性の生態について深く知ることにもなったと思いますが、新しい発見はありましたか。

 萬田(久子)さんが「男性がだましたと思っていても、女性はだまされてやっているだけよ」と言っていたんですけど、そういう考えもあるのかと驚きました。女性はすごい…。奥が深いですね(笑)。

-これまでにもさまざまな役柄を演じていますが、今後演じてみたい役や、まだ出していない自分を見せたいという願望はありますか。

 僕、役者の仕事はすごく受け身なんです。と言っても何もしないという意味ではなくて、受けて全力で打ち返して答えるというスタンスでやっているので、自発的に「役者としてこうなりたい」「こういう役を演じたい」とは思わず、むしろ「この役を面白そうと気付かせてくれてありがとう」という感じです。フィルムクルーの一員として、求められたことや期待に応えられるようなパフォーマンスをどの国でも、どんな作品でも、人との出会いや縁を大事にしながら今後もやっていきたいです。

-西谷監督が「これからの日本映画界を背負っていく可能性がある人」と高く評価していましたが、ディーンさんはご自身の将来にどういうビジョンを持っていますか。

 器の大きな人間になりたいです。一つの特定のコミュニティーやジャンルにこだわらず、とにかく大きく広がって物事を発信したり、出会いの場を求めたりするということを大事にしていきたいです。

(取材・文・写真/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」孤立を深める信長の姿に見る大河ドラマの演出の妙

ドラマ2021年1月12日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月10日放送の第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」は、タイトル通り、織田信長(染谷将太)に反旗を翻した松永久秀(吉田鋼太郎)が所有する名物茶器・平蜘蛛を巡る物語が繰り広げられた。その中で … 続きを読む

松永久秀、壮絶な最期の舞台裏!「本能の赴くまま演じた結果、信長に対するほうこうを上げつつ息絶える演技になった」吉田鋼太郎(松永久秀)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月10日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。2月7日の最終回に向けて息詰まる展開が続く中、1月10日放送の第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」では、第一回から主人公・明智光秀(長谷川博己)と親交を結んできた戦国武将・松永久秀が、織田 … 続きを読む

「“本能寺の変”がどんな場面になるのか、自分自身も楽しみ」染谷将太(織田信長)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月9日

 2月7日の最終回に向け、見逃せない展開が続くNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。戦国武将・明智光秀(長谷川博己)の生涯を描く本作で、欠かすことのできない存在が織田信長だ。その信長を、これまでとは一味違った人物として見事に演じているのが、作品 … 続きを読む

page top