ディーン・フジオカ「見込みありですかね?」 萬田久子に結婚詐欺の“才能”を認められ…

2017年6月24日 / 14:53

結婚詐欺師を演じたディーン・フジオカ

 映画『結婚』の公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のディーン・フジオカ、柊子、萬田久子、貫地谷しほり、西谷真一監督が出席した。

 本作は、結婚詐欺師の古海健児(ディーン)と、彼にだまされる女性たちの姿を通して、「結婚」をめぐるうそと真実を描いた物語。

 人の持つ陰と陽を描いた本作にちなみ「世間の抱くイメージと本来の自分とのギャップは?」と尋ねられたディーンは「どう思われているのか自分では分かりませんが…」と戸惑い気味にコメント。

 「完璧な男性」と称されると「そう言っていただけるのはうれしいけど、さっきも出て来る直前に、まつげが目の中に入っちゃって、どうしよう…と(必死に)やっていたんです」と少々情けない一面を明かし、普段は「そんな感じです」と苦笑いを浮かべた。

 また、役柄と実際の自分とのギャップについては「犯罪者か犯罪者ではないかです」と冗談めかしてコメントした。

 ディーンは「お芝居というのは一つのファンタジー。そこにあるうそに説得力を持たせる作業なわけで、社会的な責任のある立場。詐欺師というのはセルフィッシュ(自分本位)に法律を破っているので、やっていることは真逆ですが、実働していることは近い。あらゆることをして、自分でない誰かに成り切ろうとする点では共通していると思います」と分析した。

 また結婚詐欺師に「うさんくさい、怪しい、マイナスのイメージがあった」という萬田は「ディーンがどう演じるのかな?と思っていたけど、ギャップがないぐらいに成り切っていた。すごく自然に詐欺してました」とその演技を賞賛。

 萬田が「そういう意味では、上手に詐欺師ができるかもよ?」とけしかけると、ディーンも「結構、見込みありですかね?」とニヤリ。西谷監督も「確実にそうですね」と太鼓判を押した。

 この日は、ディーンのファンが大勢詰めかけ、ある女性が「ディーンさんにならだまされてもいい!」と叫ぶ一幕も。中には「振込先を教えて」と描かれたポップを掲げる熱烈ファンもおり、ディーンも「じゃあ、後で…」と笑顔で応じていた。

(左から)貫地谷しほり、ディーン・フジオカ、柊子、萬田久子


芸能ニュースNEWS

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

田中みな実「泣きながらチョコを400個作っていた」 おかずクラブに“美脇ケア”の仕方を伝授

トレンド2020年2月13日

 「ニベア デオドラント アプローチ パールトーン新商品PR発表会」が13日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの田中みな実、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

白石麻衣、恋愛観を語る 「告白は直接相手に言うのが一番」

映画2020年2月13日

 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の公開直前イベントが12日、東京都内で行われ、出演者の千葉雄大と白石麻衣が出席した。  本作で、恋人同士を演じた千葉と白石。宣伝活動で垣間見せる2人の“初々しい”やり取りが話題となっている … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top