「柴咲さんから『本当に腹が立った』と言われました」矢本悠馬(中野直之)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年5月19日 / 15:35

 秀でた武芸の腕前を駆使して直虎(柴咲コウ)を支える井伊家家臣・中野直之。当初は女性の直虎が当主となることに強く反発したものの、今では信頼関係も芽生え、最も近い家臣として付き従っている。武芸に精通する反面、怒りっぽい一面もある直之を、表情豊かに演じるのは、『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16)をはじめ、多くの作品で活躍する若手俳優の矢本悠馬だ。演技に対する思いや撮影の舞台裏について聞いた。

 

中野直之役の矢本悠馬

中野直之役の矢本悠馬

-「真田丸」(16)最終回に続く、二度目にして重要な役での大河ドラマ出演となりましたが、今のお気持ちを聞かせてください。

 撮影が始まって4カ月ぐらいたちますが、緊張しっ放しです。キャストやスタッフの皆さんと仲良くなりましたが、ずっと緊張していて、リラックスできるシーンは一つもありません。「本番!」の声が掛かると、いまだにせりふを忘れそうになるほどです。

-矢本さんは、朝ドラの「花子とアン」(14)などにも出演していますが、大河ドラマの現場は違いますか。

 同世代の俳優が集まった朝ドラの時と違って、大河の現場は第一線で活躍してきた先輩しかいません。いろいろ教えてもらえて有り難いのですが、もらってばかりなのがプレッシャーです。きちんと演技でお返ししなければというストレスがありますが、それぐらいのストレスがあった方が人生は楽しいですよね。だから、ものすごく楽しくて、現場では僕が一番笑っていると思います(笑)。

-中野直之という人物をどのように捉えていますか。

 非常に真面目で、根っからの武士です。武士は、僕にとってはファンタジーみたいなもので、想像上の存在でしかありません。だから、演じるに当たって、“いきなり怒ってほしい”と指示された時は自分の中で整理がつかず悩みました。しかし、僕みたいなゆとり世代とは真逆だと考えたら、直之という人物が理解できました。つまり、父親や育った場所で教えられたものがすべてだと信じて、それを信念として規律を守って生きている人たち。そう考えて、怒っているせりふは直之という人間が、“これは絶対に正しい”と信じているものなんだと思ったら、演じやすくなりました。それでようやく、台本と自分と直之の三つが一つになりました。

-一本気な直之はいろいろな人に対してよく怒っていますが、怒る芝居についてどのように考えていますか。

 見ている方に「毎回、同じ怒り方をしている」と思われるのは、役者としては不本意なので、どうやって怒るかということはかなり考えています。大きい声を出すばかりではなく、静かに怒ったり、間を取って怒ったり、スッと怒ったり…。こうした方が、柴咲さんの次のせりふに影響が出るんじゃないかということも考えながら…。柴咲さんからは「本当に腹が立った」と言われたこともありますが、僕としては「やった!」という感じです(笑)。柴咲さんだけでなく、他の人にもその矢は向かいますが、相手が違うと湧いてくる感情も変わってくるので、お芝居の奥深さを実感しています。

-第15回で直虎を助けに駆けつける場面などで見事な殺陣も披露されていますね。

 殺陣は初めてですが、大河であんなカッコいいシーンをやらせてもらえて有り難いです。難しかったですが、以前から剣を使う場面はあったので、第15回は割と抵抗なく演じることができました。ワクワクする気持ちもあって精神的にもかなりいい状態で、1週間ぐらい前からイメージトレーニングを重ね、前日には「ここはこうしよう」みたいなことをずっと考えていました。ところが当日になって、急に殺陣の内容が練習していたものと変わってしまい、かなり焦って頭の中が真っ白になりました。1回目の撮影ではせりふを完全に忘れてしまったほどでした。でも、そうは見えなかったらしく、財前(直見)さんがすごく褒めてくださいました(笑)。

-直之が、筧利夫さんの演じた父親の中野直由と重なって見える時があります。

 それほど意識して演じているわけではありませんが、時々、僕自身も筧さんに雰囲気が似てきたと感じることがあります。例えば、直之の感情が変化する場面で、僕自身の気持ちがなかなか追いつかない場合があります。そんな時、井伊家を愛し、笑顔でいろいろな人と仲良く接していた直由の血が直之にも流れていると考えると、スッと入っていけるんです。似ていると感じるのは、そういう時ですね。筧さんがどう思われるかは心配ですけど(笑)。

-直虎役の柴咲コウさんとの共演はいかがでしょう。

 最初は「僕との芝居はやりづらくないかな」と心配していましたが、最近は台本を読んだ瞬間に「こうくるだろうな」と、なんとなく反応が予想できる安心感が生まれてきました。それは、柴咲さんだけではなく、ずっと一緒にいる井伊家のメンバー全員に言えます。台本を読んでいても、現場に来ても、井伊家の場面は落ち着きますし、お芝居がやりやすいです。僕と柴咲さんが仲良くなってきた様子が、殿と直之の関係にも表れていると思うので、いい感じになっています。最近、井伊家のメンバーは家族みたいですよ。みんなで食事に行った時も、現場そのままみたいな関係で。財前さんがお母さん、たけさん(梅沢昌代)がおばあちゃん、殿はお姉さん、(高橋)一生さんはお兄さん…僕はいじられ役でした(笑)。

-矢本さんから見た直虎とは、どんな人物でしょうか。

 いろいろなものを受け入れていく姿勢のある直虎は、堅物な直之とは真逆の存在です。僕が初めて直虎をすごいと思ったのは第15回(4月16日放送)。今川の刺客に襲われていた直虎を助けに駆けつけた場面で、「来てくれたのか、直之」と言うんです。それまで散々けんかしていた相手に、こう言える姿勢。僕だったら、嫌いな相手が助けに来たら、「助けてほしくないんだよ」と言ってしまうに違いありません。だからその時「この人は、殿の器だな」と感じました。それに加えて、こっちが何か言えば遠慮なく言い返してくれるところが信用できます。最初のころは心配な部分もありましたが、今は殿と一緒にいて不安は全くありません。本気でリスペクトしています。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top