「柴咲さんから『本当に腹が立った』と言われました」矢本悠馬(中野直之)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年5月19日 / 15:35

 秀でた武芸の腕前を駆使して直虎(柴咲コウ)を支える井伊家家臣・中野直之。当初は女性の直虎が当主となることに強く反発したものの、今では信頼関係も芽生え、最も近い家臣として付き従っている。武芸に精通する反面、怒りっぽい一面もある直之を、表情豊かに演じるのは、『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16)をはじめ、多くの作品で活躍する若手俳優の矢本悠馬だ。演技に対する思いや撮影の舞台裏について聞いた。

 

中野直之役の矢本悠馬

中野直之役の矢本悠馬

-「真田丸」(16)最終回に続く、二度目にして重要な役での大河ドラマ出演となりましたが、今のお気持ちを聞かせてください。

 撮影が始まって4カ月ぐらいたちますが、緊張しっ放しです。キャストやスタッフの皆さんと仲良くなりましたが、ずっと緊張していて、リラックスできるシーンは一つもありません。「本番!」の声が掛かると、いまだにせりふを忘れそうになるほどです。

-矢本さんは、朝ドラの「花子とアン」(14)などにも出演していますが、大河ドラマの現場は違いますか。

 同世代の俳優が集まった朝ドラの時と違って、大河の現場は第一線で活躍してきた先輩しかいません。いろいろ教えてもらえて有り難いのですが、もらってばかりなのがプレッシャーです。きちんと演技でお返ししなければというストレスがありますが、それぐらいのストレスがあった方が人生は楽しいですよね。だから、ものすごく楽しくて、現場では僕が一番笑っていると思います(笑)。

-中野直之という人物をどのように捉えていますか。

 非常に真面目で、根っからの武士です。武士は、僕にとってはファンタジーみたいなもので、想像上の存在でしかありません。だから、演じるに当たって、“いきなり怒ってほしい”と指示された時は自分の中で整理がつかず悩みました。しかし、僕みたいなゆとり世代とは真逆だと考えたら、直之という人物が理解できました。つまり、父親や育った場所で教えられたものがすべてだと信じて、それを信念として規律を守って生きている人たち。そう考えて、怒っているせりふは直之という人間が、“これは絶対に正しい”と信じているものなんだと思ったら、演じやすくなりました。それでようやく、台本と自分と直之の三つが一つになりました。

-一本気な直之はいろいろな人に対してよく怒っていますが、怒る芝居についてどのように考えていますか。

 見ている方に「毎回、同じ怒り方をしている」と思われるのは、役者としては不本意なので、どうやって怒るかということはかなり考えています。大きい声を出すばかりではなく、静かに怒ったり、間を取って怒ったり、スッと怒ったり…。こうした方が、柴咲さんの次のせりふに影響が出るんじゃないかということも考えながら…。柴咲さんからは「本当に腹が立った」と言われたこともありますが、僕としては「やった!」という感じです(笑)。柴咲さんだけでなく、他の人にもその矢は向かいますが、相手が違うと湧いてくる感情も変わってくるので、お芝居の奥深さを実感しています。

-第15回で直虎を助けに駆けつける場面などで見事な殺陣も披露されていますね。

 殺陣は初めてですが、大河であんなカッコいいシーンをやらせてもらえて有り難いです。難しかったですが、以前から剣を使う場面はあったので、第15回は割と抵抗なく演じることができました。ワクワクする気持ちもあって精神的にもかなりいい状態で、1週間ぐらい前からイメージトレーニングを重ね、前日には「ここはこうしよう」みたいなことをずっと考えていました。ところが当日になって、急に殺陣の内容が練習していたものと変わってしまい、かなり焦って頭の中が真っ白になりました。1回目の撮影ではせりふを完全に忘れてしまったほどでした。でも、そうは見えなかったらしく、財前(直見)さんがすごく褒めてくださいました(笑)。

-直之が、筧利夫さんの演じた父親の中野直由と重なって見える時があります。

 それほど意識して演じているわけではありませんが、時々、僕自身も筧さんに雰囲気が似てきたと感じることがあります。例えば、直之の感情が変化する場面で、僕自身の気持ちがなかなか追いつかない場合があります。そんな時、井伊家を愛し、笑顔でいろいろな人と仲良く接していた直由の血が直之にも流れていると考えると、スッと入っていけるんです。似ていると感じるのは、そういう時ですね。筧さんがどう思われるかは心配ですけど(笑)。

-直虎役の柴咲コウさんとの共演はいかがでしょう。

 最初は「僕との芝居はやりづらくないかな」と心配していましたが、最近は台本を読んだ瞬間に「こうくるだろうな」と、なんとなく反応が予想できる安心感が生まれてきました。それは、柴咲さんだけではなく、ずっと一緒にいる井伊家のメンバー全員に言えます。台本を読んでいても、現場に来ても、井伊家の場面は落ち着きますし、お芝居がやりやすいです。僕と柴咲さんが仲良くなってきた様子が、殿と直之の関係にも表れていると思うので、いい感じになっています。最近、井伊家のメンバーは家族みたいですよ。みんなで食事に行った時も、現場そのままみたいな関係で。財前さんがお母さん、たけさん(梅沢昌代)がおばあちゃん、殿はお姉さん、(高橋)一生さんはお兄さん…僕はいじられ役でした(笑)。

-矢本さんから見た直虎とは、どんな人物でしょうか。

 いろいろなものを受け入れていく姿勢のある直虎は、堅物な直之とは真逆の存在です。僕が初めて直虎をすごいと思ったのは第15回(4月16日放送)。今川の刺客に襲われていた直虎を助けに駆けつけた場面で、「来てくれたのか、直之」と言うんです。それまで散々けんかしていた相手に、こう言える姿勢。僕だったら、嫌いな相手が助けに来たら、「助けてほしくないんだよ」と言ってしまうに違いありません。だからその時「この人は、殿の器だな」と感じました。それに加えて、こっちが何か言えば遠慮なく言い返してくれるところが信用できます。最初のころは心配な部分もありましたが、今は殿と一緒にいて不安は全くありません。本気でリスペクトしています。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『#ハンド全力』醍醐虎汰朗「僕らが普段忘れがちなことをポップな形で気付かせてくれる映画」

映画2020年7月9日

 どうにもならない現実やSNSに翻弄(ほんろう)されながらも、熊本地震復興の盛り上げ役となった高校生たちの青春を描いた映画『#ハンド全力』が、7月31日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開される。SNSに投稿したかつての写真がバズったことか … 続きを読む

【インタビュー】PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」上白石萌歌「ゲルニカの人たちに起こったことは決して他人事じゃない」

舞台・ミュージカル2020年7月8日

 演出家の栗山民也と気鋭の劇作家・長田育恵が初タッグを組む、PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」が9月4日から上演される。本作は、栗山がスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来、温 … 続きを読む

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

page top