“初大河”寺田心「リハーサルでも泣かなきゃ駄目」 柴咲コウからの助言も明かす

2017年5月27日 / 19:30

 寺田心(左)と高橋ひかる

 大河ドラマ「おんな城主 直虎」プレミアムトークイベントが27日、東京都内で行われ、虎松役の寺田心と高瀬役の高橋ひかるが登壇した。

 観客の大きな拍手で迎えられた寺田は「今日は本当に来てくださってありがとうございます」と元気にあいさつ。初の大河出演について「一番はおばあちゃんが喜んでくれました。僕も大河に出る夢がかなってうれしいです。みんなで『やったー!』と喜びました」と明かした。

 寺田が「人見知りで泣き虫」と分析するように、劇中では虎松が泣くシーンも多い。寺田は事前のリハーサルから毎回涙を流しているそうで「確かに本番が大事ですが、リハーサルでも泣かなきゃ駄目です」とこだわりを力説した。

 さらに、何度も泣くシーンを繰り返すと「(涙が枯れて)パサパサとなったりもするのですが、そんな時はシレッと目薬をポンとやったりします」とちゃめっ気たっぷりに語り、ほほ笑んだ。

 筆を持つシーンについても「普段は左利きですが、右利きで書いています」と努力を明かした寺田。役のために「ご飯を食べる時も右手で練習している」そうで「なかなか難しい。箸はまだマスターできていませんが、スプーンとフォークなら完璧に(右手で)持てます」とその成果を語り、観客の拍手を浴びた。

 一方、亡き井伊直親(三浦春馬)の娘を名乗り、井伊谷に現れた謎の少女・高瀬を演じる高橋は、井伊直虎役の柴咲コウについて「殿としての貫禄がすごい。柴咲さん(本人)として会う時もすごいオーラがある」とコメント。「私が泣くシーンがうまくできなくて悩んでいる時も、ゆっくり待って、優しく手を差し伸べてくださいました」と感謝した。

 寺田も「本当にきれいで優しい方ですよね」と柴咲を慕っている様子。アドバイスも受けたといい「お芝居では『本番前に目をつぶって、心を和らげてから目を開けると、ガッと集中できるよ』と聞いて、僕はいつもそうしています。それでパッと集中できるようになってきたし、もっと上達したいなと思います」と語った。


芸能ニュースNEWS

阿部顕嵐、就活とジャニーズの共通点を語る 仲間のデビューを祝福も「嫉妬もあったり…」

舞台・ミュージカル2017年11月24日

 舞台「何者」公開舞台稽古および囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、美山加恋、長妻怜央(Love-tune/ジャニーズJr.)、鈴木勝大、宮崎香蓮、小野田龍之介、演出の丸尾丸一郎氏が … 続きを読む

桐谷美玲、胸元の開いたドレスで登場 「いつもよりも大人っぽくドレッシーに…」

授賞式2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務めた桐谷美玲、受賞者で女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、漫画家のヤマザキマリ氏、ダンサーの菅原小春ほかが … 続きを読む

菅原小春、三浦春馬との破局質問にタンバリンで対応 「土っぽく、人間っぽく、人生を表現していきたい」

授賞式2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、受賞者としてダンサーで振付師の菅原小春、女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、漫画家のヤマザキマリ氏ほかが登場した。  本賞 … 続きを読む

大竹しのぶ、女優としての“信念”を語る 「人生にうそをつかないことが大切」

トレンド2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、受賞者で女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、ダンサーの菅原小春、授賞式で司会を務めた桐谷美玲ほかが登場した。 続きを読む

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 “漫才師”として生きた『火花』を振り返る

映画2017年11月23日

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。  又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げ … 続きを読む

page top