「たくさんの人に愛情を注がれた分、虎松はみんなを守る優しい男の子になると思います」寺田心(井伊虎松)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年4月30日 / 20:45

 井伊家の跡継ぎとして、直虎(柴咲コウ)の後見を受けて大事に育てられることになったのが、直親(三浦春馬)の遺児・虎松である。後に直政を名乗り、隆盛の礎を築くことになる井伊家の“新たなる希望”の子ども時代を演じるのは、人気子役の寺田心。8歳の少年らしく愛嬌(あいきょう)たっぷりに、初めて体験した大河ドラマの舞台裏を語ってくれた。

 

○虎松(寺田心くん)17_32_026_0303Fcut-大河ドラマ初出演が決まって、一番喜んでくれたのは誰ですか。

 おばあちゃんです。おばあちゃんは大河ドラマをよく見ているので、喜んでくれました。

-おばあちゃんと一緒に大河ドラマを見たことはありますか。

 まだ全部は見られていないんですけど、おばあちゃんが鹿児島出身で「鹿児島の人も見ているんだよ」と言っていたので、一緒に「篤姫」(08)を見ています。

-虎松を演じてみて、大変だったことや楽しかったことは、どんなところでしょう。

 普段とは全然違う髪形や着物なので、全然違う僕になったみたいで楽しいです。難しかったのは、僕は左利きなので、右手で何かをすることです。ご飯を食べる時とか、常に意識をしています。右手で食べなきゃって。

-昔の言葉を話すのは難しいですか。

 先生がいろいろ教えてくれます。やっぱり難しいけれど、おばあちゃんとお母さんが鹿児島出身で、昔の言葉とちょっと似ているところがあるから、教えてもらって一緒に練習しています。

-台本をもらった後、どんなふうにお芝居の練習をしていますか。

 分からない漢字はお母さんに付箋を貼ってもらったり、読み仮名を書いてもらったりして、「ここはこうだよ」って教えてもらって一緒に練習しています。こういう時はこういう気持ちでとか、こういう時は悲しい気持ちでとか、いろいろあるんですけど、お母さんも監督さんもマネジャーさんも、いっぱい教えてくれるから、分かりやすいです。

-虎松を演じるために、どんな準備をしましたか。

 直虎さんの本は持っていたんですけど、漢字がいっぱいあって難しいので、虎松が住んでいた鳳来寺に、おばあちゃんとお母さんに連れていってもらいました。自然の空気がいっぱい感じられて、虎松はこんなところに住んでいたんだなということが分かりました。おばあちゃんはすごいです。1425段もある鳳来寺の石段を一緒に上りました。僕は一番若いけどまだ8歳なので、疲れてぜえぜえ言っていたら、「子どもだから、もっと体力あるでしょ」って怒られました(笑)。

-虎松は口数が少なく、人見知りの性格ですが、どんなことに気を付けて演じていますか。

 僕はおしゃべりが好きなので、心の中で「演技しているな、演技しているな」と思いながらやっています。虎松は人見知りだし、言葉もあまりしゃべらないけど、でもそれはそういう役なんだなって、勉強になります。あと、虎松だったらどんなふうに思うのかなって、考えるようにしています。

-虎松が囲碁をする場面がありますね。

 碁石の持ち方も教えてもらいました。全部右手で打つんです。でも、碁石の大きさは大人と一緒なので、ポテッと落ちちゃうこともあって、ちょっと難しかったです。碁は亥之助くんにずっと負けていたけど、1回だけ勝てました。それはちょっとうれしかったです。

-刺しゅうはいかがでしたか。

 針を持ったのは生まれて初めてだったので、難しかったけれど、楽しかったです。刺しゅうは、表だけを縫ったり、裏も見えるように両方縫ったり、いろいろあるんです。先生が教えてくれました。

-自分と虎松が似ているところはありますか。

 泣き虫なところは似ているかな…。虎松は悔し泣きしちゃうから。でも僕は、虎松みたいに人見知りではないです。

-大きくなったら、虎松はどんな大人になるでしょう。

 たくさんの人に愛情を注がれた分、母上や直虎さん、井伊家の方々や民、みんなを守る優しい男の子になると思います。

-撮影の合間、直虎役の柴咲コウさんや母しの役の貫地谷しほりさんとは、どんなお話をしていますか。

 直虎(柴咲)さんと、いっぱいお話をしていたら、「おじいさんが入っているの?」と言われました(笑)。「入ってないです。後ろにチャックないです」って思いました(笑)。でも、直虎さんは、僕が集中できるように集中の仕方を教えてくださいました。だから集中する時は、教わった通りに目をつぶって、虎松のことを考えるようにしています。しの(貫地谷)さんは、笑顔がすごくすてきな方で、優しくしてくれて、本当のお母さんみたいに振る舞ってくれます。一緒にお菓子を食べたり、鳳来寺の話をしたりしました。

-今まで撮影した中で、印象的だった場面は?

 第17回で、初めて虎松が母上に気持ちを伝えるところです。その前に直虎さんとのやり取りがあって、直虎さんは怖いけど一番気持ちを分かってくれていたことを知って、しゃべらなかった虎松が、そこで思いを全部伝えるんです。そこは泣くシーンでもあったので、大変でした。

-第17回で虎松は、お寺で手習いをしていた途中で逃げ出してしまいますね。

 そうなんです。虎松は人見知りだし、まだ小さくてちょっと弱いから…。僕と同じでちょっと弱いし、それで負けてばっかりだから、逃げ出したんじゃないのかなと思います。

-視聴者には、虎松のどんなところに注目してほしいですか。

 泣き虫な虎松が、井伊家の跡継ぎとしてちょっとずつ成長していくところです。あと、根付です。今でいうキーホルダーみたいなものを虎松が持っているんですけど、その袋の中にはお父さんの直親の形見である琥珀の石が入っているんです。そういう細かいところもちゃんと作っているので、注目して見てください。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】『~/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督最新作 脚本が見事な『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

映画2020年1月29日

 31日から公開されるミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の舞台はニューヨーク郊外の大邸宅。世界的なミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティの翌朝、遺体となって発見される。 … 続きを読む

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

page top