「好きな人に直球なところ以外は等身大の自分です」泉澤祐希(角谷三男)【「ひよっこ」インタビュー】

2017年4月18日 / 08:15

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、有村架純演じるヒロイン谷田部みね子の幼なじみで農家の三男坊・角谷三男役を演じる泉澤祐希。1149人が参加したオーディションで役をゲットしたが、気負うどころかありのままの自分で撮影を楽しんでいる様子。泉澤が、和気あいあいとした現場での様子を語った。

 

角谷三男役の泉澤祐希

角谷三男役の泉澤祐希

-「すずらん」「マッサン」に次ぐ3作品目の朝ドラ出演ですが、三男役に決まった時の率直な気持ちは?

 台本がとても面白くて、三男役を絶対に演じたかったので、決まった時はとにかくうれしかったです。「マッサン」は終盤からの出演で、すでに作られた雰囲気の中にポンと放り出された感じで不安でしたけど、「ひよっこ」は最初から出られるのでアウェー感もなく、一から関われるということもうれしかったです。

-三男役のどこに魅力を感じましたか。

 愛らしくて友達思いで、家族にはたたかれることが多くて邪魔者扱いされているけど、そこにはちゃんと愛があるし、そんな愛情深い人たちに囲まれているところです。角谷家は自分の家族と似ていて居心地が良いです。俺も兄貴としょっちゅうけんかするけど、この仕事を応援してくれているし、家族でしっかり支え合っています。

-どのような役づくりをされましたか。

 三男と同様に中・高・大学に行って幼なじみもいるし、友達や家族を大事に思っているところや、無理して笑う時もある感じは自分と似ているので、特に役づくりはしていません。好きな人(佐久間由衣演じる助川時子)に直球なところ以外は等身大の自分なので、素直に演じられています。

-茨城弁に苦労されるキャストが多いようですが。

 方言はやっぱり大変です。初めて台本を見た時は、濁点の多さにびっくりしました。それにちょっとしたイントネーションの違いで東北弁になったり、濁点を付ける場所を間違えると違う言葉になったりするし…。方言テープを聞いて練習して、本番で全く同じように言っても(方言指導の)先生に「ちょっと違う」と言われると、あれ?現場でせりふが変わったのかな?って(笑)。でも、舞台となる奥茨城村は架空の場所なので、せりふより芝居を重視してくれることもあります。

-有村さんと初共演の感想は。

 りんとしているというか、肝が据わっている女優だと思いました。最初はやっぱり緊張して話し掛けられなかったけど、幼なじみの役だから仲良くなっておかないと…と思い、今では普通に話せるようになりました。(幼なじみ役の有村、佐久間と)3人一緒の時は無言になることが多いですが、その空間は苦じゃなくて落ち着きます。3人の雰囲気がすごく好きです。

-佐久間さんについてはいかがですか。

 由衣ちゃんは自分の友達にも多いタイプ。時子みたいに少し無理して、ちゃんとしなきゃ!って思っていることが分かります。演技経験も少ないと言っていたので、助け合っていきたいです。

-個性的なキャストがそろい、登場人物もかなりユニークですが、気になる方はいますか。

 (小祝宗男役の)峯田(和伸)さんは、そのままでも役でもとても面白くてすごく好きです。(劇中では)毎回たたいてくるか、プロレス技をかけてきて、そのせいもあってか「三男はたたいてもいい」みたいな感じで、皆からたたかれるようになりました(笑)。おじいちゃん(古谷一行演じる谷田部茂)も格好良くて、そのたたずまいにほれました。どのキャラクターもしっかり作られているから面白いですね。

-思い出深いシーンを教えてください。

 聖火リレーでトップランナーを務めるシーンです。沿道でみんなが日の丸の旗を持って応援してくれている中、道の真ん中をトーチを持って走ることは、単純に気持ち良くて大物になった気分でした。「俺、日本代表じゃん!」みたいな(笑)。あと、聖火リレー実現のために青年団の会合に乗り込むシーンの撮影前夜は、緊張して眠れませんでした。三男が珍しく自分の感情をさらけ出す場面なので、小細工せずに素直に感情を出そうとしました。

-幼なじみ3人での印象的なシーンはありますか。

 奥茨城村でのバスのシーンが好きです。結構アドリブが多くて、みんなで変顔をしたり、せりふを付け足したり、自由にやらせてもらいました。あと、3人でポーズをきめるシーンは、監督から「なんかやって」と言われて始めたんですけど、テイクごとに違うポーズを迫られ、架純ちゃんもいきなり本番でポーズを作るので、「(架純ちゃんも)やったよ!」ってテンションが上がりました。すごく楽しんでやっているので、その空気感が伝わればいいな。

-今後の展開で希望することは。

 時子とくっつきたい。あそこまでいってくっつかないのは寂しいし、三男が報われない…。あんなに思いを告げてくれる男は中々いないですよ。今は時子にあしらわれているけど、「今に見ておけよ!」という期待はあります(笑)

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦の操縦士にスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開された。  トム・ク … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

映画2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次と … 続きを読む

page top