【インタビュー】『無限の住人』杉咲花「木村拓哉さんからは、いろいろなことを学ばせていただきました」

2017年4月28日 / 17:34

 木村拓哉が不死身の体を持つ隻眼の剣士・万次に扮(ふん)して、強敵たちと死闘を繰り広げる“ぶった斬り”アクションエンターテインメント『無限の住人』が、4月29日から公開される。沙村広明氏の人気コミックを映画化した本作で、万次と共に両親の敵討ちに挑むヒロイン浅野凜を演じたのが、2016年に「とと姉ちゃん」、『湯を沸かすほどの熱い愛』で大きな飛躍を遂げた杉咲花。今最も注目を集める若手女優の一人に、「学ぶことが多かった」と振り返る本作の舞台裏を聞いた。

 

ヒロイン浅野凜を演じた杉咲花

ヒロイン浅野凜を演じた杉咲花

-出演が決まった時のお気持ちは?

 新しいことに挑戦できるうれしさと希望が湧いてきて、とても楽しみでした。三池(崇史監督)組に参加できるということにもワクワクしました。プレッシャーもありましたが、それを意識してもいい方向にはいかないので、あまり考えないようにしました。

-数々のヒット作を送り出してきた三池監督の現場に参加した感想は?

 最初は、「すごくピリピリした現場なのかな?」と想像していたのですが、行ってみたらとても楽しかったです。スタッフの皆さんがずっと三池監督と組まれてきた方ばかりで、空気も出来上がっていたので、入った瞬間からとても居心地が良くて。まだスタッフの方の名前も全く分からない状態でも、必要以上に緊張せずにいられました。プロフェッショナルな方たちが集まっていて、すごく刺激的な現場でした。

-三池監督からは、演技に関してどんなお話がありましたか。

 初めてお会いした時、一番に言われたのが「原作をリスペクトしたい」ということです。監督は、原作を全部タブレットに入れて、撮影中も常にそれを見ていました。ただ、それを見ながら演技の指示をするということはなく、思うようにやらせていただけました。

-原作を読んで、最も印象に残ったのはどんなところでしょう。

 凜と万次の関係性ですね。恋人でもなく、家族でもないけれど、それよりもっと深いところでつながり合っている。損得なしに人を愛せる関係性にすごく引かれました。

-万次役の木村拓哉さんとの共演はいかがでしたか。

 木村さんは、ご本人が映っていない時でも、私の目線の先に万次さんがいる場面では、必ず一緒にお芝居をしてくださいました。真冬の京都の山の中という非常に寒い場所での撮影だったので、誰にでもできることではありません。木村さんには、本当に助けていただきました。

-撮影中は木村さんとどんなお話をされましたか。

 休憩中は、作品と全く関係ない話で楽しませてくれました。皆に緊張感が生まれてきた時にも、三池監督や木村さんがふっと現場が和むことを言ってくださって、居心地のいい環境を作ってくださいました。演技について話すことはほとんどありませんでしたが、凜と万次のように話さなくても通じ合えている感覚があって、撮影中も大丈夫だという安心感がありました。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

-今まで杉咲さんが出演してきた映画と違って、凜は殺された両親の復讐(ふくしゅう)に燃える少女という非日常的な人物です。お芝居をする上で、苦労した点などはありますか。

 敵討ちに関わってくる凜の過去については、映画の中ではあまり描かれていないので、どうやって自分の中で気持ちを保つかということが一番心配でした。でも、そこは原作を読んで、できる限り考えて、あとは万次さんを信じて現場で出てきた生の感情でやるしかないと思って演じました。いかに集中力を切らさずにいられるかという、自分との戦いもありました。

-凜のほかに、万次の妹・町の二役を演じていますね。

 そうなんです。凜を演じている時は、糸がピンと張ったような張り詰めた状態でしたが、町の時はふっと息抜きできる感覚があって楽しかったです。

-アクションに挑戦された感想はいかがでしょう。

 撮影前に1~2カ月ぐらい稽古しましたが、練習の時の木刀と本番で使う刀は重さも違うので、やっぱり大変でした。お互いに本気でやりながらも、けがをしないようにしなくてはいけませんし。凜は短刀を一斉に投げる“殺陣黄金蟲”という技も使うのですが、それは体を思い切り後ろに反らせて声を出しながらやるので、体勢がきつかったです(笑)。

-最近はアクションに挑戦する女優さんが多いですよね。

 こういう殺陣はやればやるほど上達してやりがいがありますし、見て楽しくてスリルもありますよね。私も体を動かすことが好きなので、機会があればぜひまたやってみたいです。

-撮影が終わって、どんなことを感じましたか。

 とても勉強することの多い現場だったので、この作品を経験して、自分の中で仕事に対する意識も変わりました。特に、木村さんからはいろいろなことを学ばせていただきました。相手を敬うという意識をすごく持っている方で、それは目上の人に対してだけでなく、私に対しても同じでした。人から尊敬され、現場でもたくさんのスタッフに愛されて、お仕事されている。その姿を見て、私も製作に関わる人間として、これからも、皆さんと向き合って作品を作り上げて行きたいという思いが強くなりました。

-この作品の一番の見どころはどこでしょう。

 どのシーンも、スタッフの皆さんや木村さんに助けていただいて、何とか乗り越えられました。最初から最後まで、見落とせないぐらいいろんなものが詰まっています。そんな中でも、一番の見どころはやっぱり、300人の敵と戦うクライマックスです。2週間ぐらいかけて撮影したのですが、本当に殺し合いが目の前で起きているような感覚で、いつ死んでもおかしくないと思うぐらい怖くて、命懸けで演じていました。完成した映画にも、その切迫感や臨場感がまるごと映像からにじみ出ています。皆さんにも楽しんでいただきたいです。

(取材・文/井上健一)

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

page top