【インタビュー】「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」三上博史「こんな面白いことができるなら社長をやってみたい。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)」

2017年4月29日 / 16:57

 4月30日からスタートするWOWOW「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」でカリスマ社長・青井を演じる三上博史。ドラマは、日本を代表する大手新聞社が、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りを画策する。そして巨大ネットショッピング会社AMCジャパンの日本法人社長・青井との交渉が始まるというもの。「連続ドラマW 下町ロケット」で夢を追う中小企業の社長を演じた三上が、今回は外資系企業の日本法人社長として“暴君”を演じる。社長という職業や青井の人物像について三上が語った。

カリスマ社長・青井を演じた三上博史

カリスマ社長・青井を演じた三上博史

-まず、脚本を読んだ感想をお願いします。

 いつもは原作から入っていこうと思っているのですが、今回は設定が変わっているので、原作を読まず、脚本しか読んでいないです。脚本を読んだ時は「こういう切り口なのか~」とすごく新鮮でした。ドラマで“報道”というジャンルは王道的なジャンルだと思います。僕自身も過去にストレートニュースのプロデューサー役を演じたこともありますが、今の社会や報道の世界をうまく描いているなと感じました。今回のドラマは、報道の世界を中心に描いていますが、視聴者は社会問題を突きつけられるというか、「全然、関係ない話じゃないんだ」という問題意識を感じさせられると思います。

-青井という人物についてどんなところを意識して演じましたか。

 分かりやすく、カリスマ性をにじませないといけないと思いましたが、今回は自分の信念に対する純粋な部分を表現することが重要だと思いました。青井の立場として考えるということをやっていくと、自然に青井という人物が出来上がったと思います。青井だからこうしなければならないというアプローチはしていないです。

-青井を演じる上で難しかった部分はありますか。

 青井は外に向けて作られた人物像になっているので、ナイーブ部分は一切見せないのです。いつも外側だけを表現しなければならず、強気な部分をメーンに演じなければなりません。どちらかというと、「下町ロケット」の時のように少しナイーブな役を演じる方が得意だったりするので、今回のように強気な部分を全面に「バーン」とやってしまうと立体的な人間を表現するのは難しいですね。

-今回は英語のせりふもありましたがいかがでしたか。

 違う言語で何かを表現するのは難しいです。20代のころから海外に住んだりしましたが、ネイティブではないので、使う言葉や表現方法は違いますね。ということは全て一からのやり直しで苦労しました。

-今回、社長役を演じてみて、社長という職業をどう思いましたか。

 大抵の人物は、今までの経験を基に演じることができる気がしますが、今回は会社組織のことなので、社長ともなるとそこまで考えるのかと思いました。僕は会社組織にいないので、社長の権力を使ってどうこうしようとかは考えたことがないですし、ましてや 国家と拮抗していこうとかは普通は考えない…。自分が日常で触れられない、未知なるところを演じるのは楽しいです。こんなに面白いことができるなら、社長業をちょっとやってみたいと思います。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)。

-本作は、インターネットの普及による紙媒体の衰退、あるいは、ネットでニュースを配信する側のモラルなども描かれていますが、三上さんは、普段、ネットでニュースを見たり、情報を得ることはありますか。

 “情報ダイエット”という言葉があるのかどうかは分かりませんが、自分の中にそんなに多くの情報は入らないと思うし、普段から多くの情報を入れないようにしていると思います。最近スマホに変えたのですが、役者さんの中には携帯を持っていない人って多いですよ。僕は今までガラケーを使っていましたが、壊れてしまったので、最近スマホに変えましたが、まだ使いこなせない(笑)。設定がよく分からなくて、画面なんか見ていますと、勝手に余計なニュースなどの情報が入ってきて「これ、どういうこと?」と不快になります(笑)。 

-多くの作品に主演されていますが、座長として心掛けていることはありますか。

 基本的に一人の作業ではないので、座長としてチームのポテンシャルを最大限に上げなければならないと思います。いろんな人が集まる中で、最大限にそれぞれが持ち寄らなければ、より良い作品ができないので、そういうところに座長として最も気を使います。ではどうすれば良いのかとか、自分はどういう人格でいればいいのか日々悩みます。今、考えると20代のころとかは、自分がとことんやればいいんだと思っていた時期もあるし、これじゃいけないんだと思ったり、良い人になろうと思ってみたり、うまくいかないのですが、最近は考えても駄目なのかと思います(笑)。結局は自分の与えられたことをきっちりやるしかないですね。ワクワクするようなことを現場で提供できればいいなと思います。

三上博史

三上博史


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

【映画コラム】全編を通してワンカットに見える『1917 命をかけた伝令』

映画2020年2月12日

 第1次大戦下、1917年のある日の西部戦線。イギリス軍兵士のブレイク(ディーン・チャールズ・チャップマン)とスコフィールド(ジョージ・マッケイ)に伝令の命が下る。それは、対ドイツ軍との最前線にいる自軍に攻撃作戦の中止を伝えるというものだっ … 続きを読む

本木雅弘と22年ぶりの大河ドラマ共演に「抱きしめてやろうかと思いました(笑)」堺正章(望月東庵)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月12日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。本格的な合戦シーンやくせ者揃いの戦国武将たちが続々と登場する見どころ満載の戦国絵巻に、週末が待ちきれなくなっている視聴者も多いに違いない。9日に放送された第四回「尾張潜入指令」では、堺正章演じる医師・ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top