日本アカデミー賞、宮沢りえと杉咲花“母娘”で最優秀賞受賞 杉咲「お母ちゃんに代わって、ありがとう」

2017年3月4日 / 09:35

日本アカデミー賞受賞者一同 (C)日本アカデミー賞協会

 「第40回日本アカデミー賞」授賞式が3日、東京都内で行われ、『湯を沸かすほどの熱い愛』に主演した宮沢りえが最優秀主演女優賞、娘役を演じた杉咲花が最優秀助演女優賞を獲得し、“母娘”受賞となった。

 杉咲は「この日がくるのが本当に怖くて、2週間ぐらい寝られなくて。やっと寝られたと思ったら悪夢を見たりして。この日が近づいてくると肌もぶつぶつざらざらしてきて…」と明かした。

 授賞式前日に宮沢に、メールで「どうしよう」と助けを求めたところ「どんな結果であっても得たものは変わらないから」と返事をもらい、「本当にそうだなと思って。一番幸せなのはこの作品に携わらせていただいたこと。でもやっぱりうれしいです」と涙声で語った。

 また、宮沢はこの日レッドカーペットを歩いて登場したが、舞台出演のため式の途中で会場を後にした。授賞式前にコメントが収録され、「近ごろ、役を演じるというより一つ一つの役が自分の体に爪痕をつけて通過していく感じがします。今回の双葉という役も、とても大きな爪痕を私の中に残して通過していきました。生きることの貴重さ、皆さんの前でたたえられることのうれしさを教えてもらっているような気がします」と優秀主演女優賞の喜びを語っていた。

 改めて、最優秀主演女優賞に宮沢の名前が呼ばれると、中野量太監督と杉咲が代理でステージに登壇した。

 司会の西田敏行から「母娘でもらっちゃったね」と声を掛けられた杉咲は「はい。本当にうれしいです。りえさんから教えていただいたことがたくさんあって、これはこの先ずっと忘れられないことばかり。お母ちゃんはやっぱりすごいなと思いました。お母ちゃんに代わって、映画を見てくださった方々、ありがとうございました。皆さんのおかげです」とスピーチして大きな拍手を浴びた。


芸能ニュースNEWS

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

シム・ウンギョン“初の日本映画”への思いを語る 「この作品がなかったら、今の自分はいない」

映画2021年4月9日

 映画『椿の庭』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の富司純子、シム・ウンギョン、鈴木京香と上田義彦監督が登壇した。  本作は、四季折々の自然とともに親子3世代の心の絆を描いた物語。夫が亡くなった後も長年住み続ける家を守る絹子を … 続きを読む

佐藤健「るろうに剣心」をIMAXで堪能 「今日が一番グッときたし、感動した」

映画2021年4月9日

 映画『るろうに剣心 最終章 The Final』IMAX公開記念イベントが8日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、武井咲、新田真剣佑と大友啓史監督が登壇した。  この日は、佐藤らが、シリーズ最終章となる本作をIMAXで初鑑賞した。  大画 … 続きを読む

鈴木亮平×吉岡里帆「レンアイ漫画家」放送開始 変わり者の漫画家役・鈴木の「色気が半端ない」

ドラマ2021年4月9日

 鈴木亮平と吉岡里帆が出演するドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の初回が、8日に放送された。  本作は、漫画一筋で恋愛下手な漫画家と“駄目男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子が繰り広げるハートフルラブコメディー。  久遠あいこ( … 続きを読む

今井翼、滝沢秀明とは「お互いに一生懸命やっています」 復帰後、初主演作の開幕に「ただいまという気持ち」

舞台・ミュージカル2021年4月9日

 ミュージカル「ゴヤ -GOYA-」初日前囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者の今井翼、小西遼生、清水くるみ、山路和弘、キムラ緑子ほかが登場した。  本作は、スペイン最大の画家とうたわれるフランシスコ・デ・ゴヤ(今井)が芸術家になるまで … 続きを読む

amazon

page top