【インタビュー】『破門 ふたりのヤクビョーガミ』佐々木蔵之介、イケイケなやくざ役で新境地!「魅力的な有り難い役に巡り合えた」

2017年1月25日 / 10:00

 黒川博行の直木賞受賞作を実写化した映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』が1月28日から公開される。佐々木蔵之介演じるイケイケやくざの桑原と、関ジャニ∞の横山裕演じるぐーたら貧乏の二宮という凸凹コンビが、もうけ話にだまされ、詐欺師の小清水(橋爪功)を追って関西、マカオを奔走する姿を、アクションと関西弁の軽妙な掛け合い満載で描く。「“狂犬の桑原”を演じることに魅力はあります。それは、彼を必ずしも“悪い奴”と思って演じていないから」と話し、初のやくざ役とは思えないはまりぶりで桑原を演じ切った佐々木が、役に込めた思いと撮影エピソードを語った。

 

イケイケやくざの桑原を演じた佐々木蔵之介

イケイケやくざの桑原を演じた佐々木蔵之介

-桑原は、いで立ちはスマートなビジネスマンでも、一度キレたら手が付けられないイケイケやくざ。やくざ役は初めてだそうですが、オファーを受けたときの率直な感想は?

 なかなか巡り合えない役ですよね。けんかが強くて、金勘定ができて、ユーモアがある、という無敵なキャラクターは、近くにいたら怖いし嫌やけど、見ている分には格好いいし、憧れるところはあります。単純に「うれしい」というわけではないけど、魅力的な有り難い役に巡り合えたと思います。

-演じる上で特にこだわった点はありますか。

 “やくざ”という認識ではなく、“桑原”というキャラクターを演じようと考えました。その中で、生命力が強いところや、彼なりの正義を突き抜けていくエネルギーを大切にしようと思いました。

-どのようなアプローチで役に近づきましたか。

 役者は自分じゃない者を演じるわけだから、似ているところより違うところを探して、役を自分に引っ張ってくるより、向かっていくことを考えています。特にこれは向かっていく必要がある役だったので、共通点は探さないようにしました。

-大阪が舞台で、関西出身のキャストにこだわっただけあり、生きた関西弁のやり取りに引き込まれました。

 方言は標準語よりも力がありますし、関西弁はネイティブランゲージですので、感情が出しやすい。そして、やっぱりユーモアがありますからね。やるかやられるか、刺すか刺されるか、という時でも関西弁だと面白い!

-橋本マナミさん(小清水の愛人・玲美役)以外のメーンキャスト全員が関西出身という滅多にない現場だったと思いますが、雰囲気はいかがでしたか。

 小林聖太郎監督も関西人なので、互いにやりたいことのニュアンスは伝わりやすいし、現場は柔らかくて滑らかな感じがしました。北川景子さん(二宮のいとこ・悠紀役)は映像で関西弁を使うのは初めてみたいで、スクリーンを通した姿は新鮮でした。

-桑原と二宮の丁々発止のやり取りも見ものですが、横山さんとは綿密な打ち合わせをされましたか。

 そういう話しはしていませんが、クランクイン前に僕と横山さんと小林監督で台本の読み合わせはしました。その時に小林監督から「テンポがいい。2人は金の面だけでつながっているからコンビっぽく見えたくない」と指摘されたので、掛け合いで面白くなってしまわないように、ここで(次の言葉が)入ったらおもろいけど、敢えて外すとか、丁寧に作ろうと考えました。

-激しいアクションシーンも見どころですね。

 アクションはこの映画の肝だと思っています。でも、撮影初日と2日目でアクションシーンの山場を撮ることになり、役を構築する前だったので、役者もスタッフもどこまで振り切っていいのか分からず、戸惑いながらやっていました。「初日でこれか~」という感じでした。

-ソウルグループ、マンハッタンズの1970年代の名曲「There‘s no me without you」が効果的に使われ、カラオケで熱唱するシーンも印象的でした。佐々木さんにとっては珍しい歌唱シーンかと思いますが。

 劇中で、二宮が「歌うんかい!」って突っ込むんですけど、確かにそうですよね(笑)。あれは原作にはない小林監督のオリジナルです。「夜がないと星は見えない 悪がないと善は存在しない」という歌詞で、「誰が正義なのか悪なのかではない。彼なりの正義がある」みたいなところを出しているんです。歌詞と桑原の生きざまがリンクしているから、印象に残るんじゃないかな。

-長い役者人生の中でいろいろな役や作品に挑戦されていますが、本作ではこれまでと違う新しい佐々木さんと出会えた気がしました。佐々木さん自身、新しいことにチャレンジしたいという願望があるのでしょうか。

 巡り合う役とどれだけ真摯(しんし)に向き合うか?だと思うので、「果たしてどうしたらいいんだろう?」と思う役とは出合いたいです。まぁ、役は自分ではないのだから、そんな悩むような役が続いていかないといけないですよね。そういう意味では、新しい役に挑戦したい気持ちはあります。それが役者の醍醐味(だいごみ)ですから。でも、肉体的にキツイのは…(笑)

-シリーズ化も期待できる作品ですが、再び桑原と巡り合いたいですか。

 桑原をやり切れたとは全然思ってないです。それはどの役でも作品でも「やったー、満点取れたー!」と思ったことはないです。そうはいってもまだ公開もされていないので、続編については…。でも、桑原は本当に魅力的な役柄だと思っています(笑)。

(取材・文・写真/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】「麒麟がくる」 新章「京~伏魔殿編」の波乱を予感させた第二十八回「新しき幕府」における足利義昭の姿

ドラマ2020年10月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。10月18日放送の第二十八回「新しき幕府」では、織田信長(染谷将太)と共に上洛を果たした足利義昭(滝藤賢一)が将軍に就任。光秀(長谷川博己)も幕臣に加わり、幕府の新体制が始動するが…という展開 … 続きを読む

【インタビュー】映画『彼女は夢で踊る』加藤雅也「低予算の地方の映画に出るときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義がある」

映画2020年10月19日

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴丈)の恋に思いをはせる。『シネマの天使』(15)で、閉館する実在の映画館を描いた時川英之監督が、今回は広島に実在するストリ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「フリムンシスターズ」松尾スズキ「人を前にして笑わせたい、ということにこだわっているんだと改めて思いました」

舞台・ミュージカル2020年10月18日

 松尾スズキが、作・演出を務めるCOCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」が10月24日から開幕する。本作は、故郷・沖縄での忌まわしい過去を記憶から消し去り、東京の西新宿で暮らす女と、そこで出会った絶不調のミュージカ … 続きを読む

【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

ドラマ2020年10月17日

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽 … 続きを読む

【インタビュー】映画『みをつくし料理帖』松本穂香「澪はすごいな、と思いながら演じていました」

映画2020年10月15日

 先にドラマ化もされた高田郁の同名人気時代小説を、角川春樹監督が映画化した『みをつくし料理帖』が10月16日から公開される。さまざまな困難に立ち向かいながらも、店の看板料理を生み出していく料理人の澪を演じた松本穂香に、映画の裏話や、料理につ … 続きを読む

page top