横山裕「歌ってこんなに難しかったっけ」 「舞台上で失敗している夢を見る」

2017年4月10日 / 14:10

(前列左から)倉持裕氏、中川翔子、浜野謙太、本仮屋ユイカ、(後列左から)小林タカ鹿、馬場徹、竹中直人、玉置孝匡

 妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」の制作発表が10日、東京都内で行われ、出演者の横山裕、中川翔子、浜野謙太、本仮屋ユイカ、竹中直人、脚本・演出の倉持裕氏ほかが出席した。

 1968年に『漫画サンデー』で連載された手塚治虫の同名漫画を初舞台化した本作は、マスコミ社会を舞台に、さまざまな角度から湧き出る人間の欲望を風刺する。

 横山は「歌ありの演劇も初めてで、初めて尽くしの挑戦です。現場はパワフルに動いていて、スピードが目まぐるしい」と語り、「初めて“ボイトレ”もやらせてもらって、歌ってこんなに難しかったっけと思っています。関ジャニ∞ってそういうのをあまりやってこなかったので本当に大変」と笑わせた。

 倉持氏は横山のボイストレーニングの成果を「目に見えてすごいです。人一倍練習量も多いし、先行して歌の稽古もやってくれて」と明かした。

 浜野も「歌がいいんですよ。(声の)高い人かと思っていたら低音がすごくて。メンバーもびっくりすると思う」と絶賛した。

 横山は「関ジャニ∞でやっている時は『低音がいい』なんて言われたことがなかったのでびっくり。いろいろな人にそう言っていただいてありがたい」と照れ笑いを浮かべた。

 演じる、自称・天才TVディレクターの門前市郎について横山は「野心家というのでぱっと出てきたのは、関ジャニ∞メンバーの村上信五。お金好きですからね、参考にはしていないですけど」と笑いを誘い、「門前は野心にあふれていて、近くにいると迷惑をこうむりそうだけど、俯瞰で見るとかっこいい。ちょっとでもモノにできるように、かっこいい門前を見てもらえるように頑張っているところ」と語った。

 また、舞台期間中は「すごく夢を見るんです。必ず舞台上で失敗している夢を。しんどいです、今」と相当追い詰められている様子で、稽古1週間でせりふが全て頭に入っていることを褒められても「入れようとはしているんですけど、だから夢に出てくる。本当にうなされていて、今日も5時半ぐらいに起きました。起きてリビングに行って、台本を読んで安心してまた寝るというか」と日々の様子を語った。

 舞台は5月7日~6月4日まで都内、Bunkamuraシアターコクーンで、6月10日~19日まで大阪、森ノ宮ピロティホールで上演。


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top