【インタビュー】『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』アリソン・スドル&ダン・フォグラー「ハリーたちからバトンを受け継いだ感じがする」

2016年11月28日 / 15:08

 『ハリー・ポッター』の新シリーズとなる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が23日から公開された。全5部作になるともいわれるシリーズの1作目となる本作は、“魔法動物学者”のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ニューヨークで魔法界と人間界との一触即発の危機に巻き込まれ、3人の仲間と共に繰り広げる大騒動を描く。本作で魔女のクイニーをチャーミングに演じたアリソン・スドルとノー・マジ(人間)のジェイコブを人間味たっぷりに演じたダン・フォグラーが映画について語った。

 

アリソン・スドル(左)とダン・フォグラー

アリソン・スドル(左)とダン・フォグラー

─お二人とも『ハリー・ポッター』の大ファンだったそうですが、実際にオファーを受けた瞬間はどこにいて、どんな感じでしたか。

ダン 僕は自分のコミックブックを売るためにコミコンにいたんだ。そこで、自分のキャリアを考えていた時に、エージェントからの電話でオファーを知って、「来年はコミコンが違ったものになるよ」と言われた瞬間、感激して足が宙に浮いたような気持になったよ。それでコミックもタダであげて歩いたんだ(笑)。

アリソン 自分のストーリーが一番エキサイティングだと思っていたけど、ダンの話を聞いたら彼ほどじゃなかったわ(笑)。私はデイビッド・イェーツ監督からとても長くて美しいボイスメールをもらったの。ただ、彼はイギリス人なので、丁寧で婉曲な言い回しだったの。5回ぐらい聞いても私が役をもらえたのか分からなくて。夜も遅かったので、翌朝「クイニー役を射止めたのが誰であれ、その人がいい人でありますように。おめでとうございます」とメールを送ったわ。そうしたら「君がクイニーだよ!」とボイスメールが来て、ショックで声も出ないほどうれしかったわ。すぐに責任の重さも感じたけど、2日後にはロンドンに着いていないといけなかったので、すぐに荷造りをしたの。この経験はずっと夢みたいだと思っていたけど、やっと今夢からさめたのかもしれないわね(笑)

─撮影現場で一番感動したことは?

ダン よく覚えているのが、セットに入ったらジョン・ボイトみたいな伝説の名優が一緒にいたことだよ。巨大なセットにはニューヨークの街がそのまま再現されていて、初めて入った時は「オー・マイ・ゴッド!」って驚いたんだ。しかも、ボイトやロン・パールマンみたいな名優も僕と同じぐらい驚いていて、あの瞬間は忘れられないよ。

アリソン 私は撮影初日に撮った最後のシーンのことね。セットに入ったら1920年代のニューヨークの街並みに当時の服装をビシッと着たエキストラの人がいて圧倒されたわ。そこにダンがジェイコブの役に成り切った衣装で来た時に感じたスペクタクルの強さは、一生忘れないと思う。

─原作者で本作では脚本・プロデューサーも務めているJ.K.ローリングも現場を訪れたそうですが、何かヒントをくれたりはしましたか。

ダン うん、もらったよ。

アリソン 彼女はセットに来て、「あなたたちが演じているキャラクターは大好きよ。ありがとう」って私たちをそれぞれハグしてくれたの。そして「本当は言っちゃいけないんだけど」って言いながら、それぞれのキャラクターがこの先どうなるのかをちょっと教えてくれて。それが演技のヒントにもなったし、ファンとしても次の章でどうなるかが分かってうれしかったわ。

─『ハリー・ポッター』から受け継いだ部分と、新シリーズとして加わった魅力はどんなところだと思いますか。

ダン ある種バトンを受け継いだ感じだね。『ハリー・ポッター』のハリー、ロン、ハーマイオニーのトリオが、今回は4人になっているんだ。ダークな部分もありつつアウトサイダーたちが何かの目的で出会って家族になるというのは『ハリー・ポッター』から受け継いでいるよ。そこに、時代をさかのぼった1920年代のニューヨークが舞台であることや、成長物語ではあるけどハリーよりも大人のキャラクターが主人公というのが新しいところだと思うよ。

(取材/文/撮影:中村好伸)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top