「相楽さんが伊藤さんをちょっとイジったりする姿を見ていると心が和みました」 吉本実憂(水田たまき) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年9月27日 / 14:31

 高畑充希がヒロインの小橋常子を演じている連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の放送も残すところあとわずか。25週からは、常子の妹・鞠子(相楽樹)と水田(伊藤淳史)の長女・水田たまき役で吉本実憂が出演している。憧れの伯母・常子が社長を務め、父親の水田が経理を担当する「あなたの暮し出版」で働くことを希望したたまきは、厳しい入社試験を見事突破。編集者としての第一歩を歩み始める。朝ドラ初出演の吉本が、現場で感じた思いを語った。

 

水田たまき役の吉本実憂

水田たまき役の吉本実憂

-朝ドラへの出演が決まった時の気持ちはいかがでしたか。

 朝ドラに出演するというのが自分の中での目標の一つだったので、光栄でうれしく思いました。でも、出演できたことで目標達成ではなく、「とと姉ちゃん」の中でも自分なりの目標を決めて、その目標と向き合いながらやってきたつもりです。

-「とと姉ちゃん」での吉本さんの目標は?

 私は目標というのを人に言わないようにしていて、マネジャーさんすら知らないんです。ごめんなさい(笑)。実はすごく“ノート人間”で、「目標ノート」とか「挑戦ノート」があって、自分で文字を書かないと頭の中にも入らないし整理もできない。なので、毎回、必ず自分の思いをノートに書くようにしています。

-それはドラマに出演するたびにしているのですか。

 ドラマ出演もそうですが、何カ月後、何十年後に自分がどうなっていたいかという目標をノートに書いています。いつか見せられたらいいなと思うのですが、今はまだまだですね(笑)。

-「とと姉ちゃん」には途中からの参加になりましたが、ご苦労された点は?

 既に皆さんの行動パターンが決まっているので、そこに入り込むのはちょっと難しかったです。でも皆さん優しいし、現場も和気あいあいとしていたので、撮影が始まって3日ぐらいたったころには、結構、自分も楽しめる要素が出てきたのかなと思います。

-成長した21歳のたまきを演じる上で意識したことはありますか。

 たまきは、常子さんにすごく憧れを持っている役どころです。小さいころから常子さんの楽しそうに働く姿を見てきたので、常子さんが具体的にどんな仕事をしているのかということにもすごく興味があるんです。とにかく好奇心旺盛なたまきを演じるためにも、あらためて撮影前に1話の放送から見させてもらいました。

-何か発見はありましたか。

 そうですね。「こういう会社はいいな」とか「すごいな」とか思うたまきって実は一番視聴者に近い役なのかなって思いました。もし視聴者が「あなたの暮し出版」に入ったらどんな輝きを見せるのだろうとかと考えながら、念願の会社に入った時の喜びなどを一番意識するようにしました。また、当時は男性が働いて女性が家庭に入るのが当たり前の時代です。常子さんが時には悩みながらも勇気と努力で道を開き、楽しんで仕事をしている姿を見て、自分の好きなことを一生懸命やるって大事なんだなと改めて思いました。

-高畑さん、そして両親役の相楽さんと伊藤さんのそれぞれの印象を教えてください。

 高畑さんがお芝居されている姿は、本当に常子さんと同じような輝きを持っていたので、私自身、常子さんに憧れるたまきとして役への気持ちが入りやすかったです。相楽さん演じるお母さんは、きれいってすごく思いました(笑)。実際は2歳年上なだけなんですが、包容力もあるし、伊藤さん演じるお父さんとは本当にお似合いでした。現場で相楽さんが伊藤さんをちょっとイジったりする姿を見ていると心が和んで、なるほど、だからすごく優しくて絆の強い夫婦なんだなと思いました。

-撮影で特に印象に残っているシーンは?

 常子さんに「あなたの暮し出版」で働きたいと伝えるところですかね。たまきの思い、意志が詰まったシーンなので、視聴者の方にもきっと共感していただける部分があったんじゃないかと思います。あのシーンはせりふも長くて特に緊張しました。でもうれしくもありました。感情を爆発させるというか、感情を伝えるせりふというのは自分にとっても、非常に勉強になりました。

-そのシーンを演じるに当たり監督から何か指示はありましたか。

 駄目出しになってしまいますが、「熱が足りない」と言われて…。でも、その熱が一番大事なことなんですよね。それがたまきの意志につながってくるので。演じる上で感情って大事だなとは分かってはいたのですが、やっぱりそうなんだと再認識させられた現場でした。

-吉本さんご自身は、たまきをどんな女性として捉えていましたか。

 まずは元気。そして常子さんに似ていて、自分の気になったことはとことん追求するというところです。私自身、たまきの人柄が大好きなので、たまきをやれて本当に良かったなと思います。

-そんなたまきと吉本さんは似ていると思いますか。

 似てるのかな? 自分がこうと決めたことはとことんやるというのは似ているかもしれないですね(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

page top