「人の家に入る時はちゃんとノックはしますよ」向井理(小橋鉄郎)  【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年5月20日 / 16:08

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、父・竹蔵(西島秀俊)の弟で三姉妹の叔父・鉄郎を演じている向井理。幼くして両親を亡くし、竹蔵と共に兄弟二人だけで生きてきたが、性格は兄と違いきわめていい加減。定職にも就かず、もうけ話を追い求めて全国を渡り歩く風来坊だ。「ゲゲゲの女房」以来、約6年ぶりに朝ドラに帰ってきた向井が、役柄への思いとこだわりを語った。

 

小橋鉄郎役の向井理

小橋鉄郎役の向井理

-自由気ままで、人の心にも土足で踏み込むようなところがある鉄郎ですが、演じるのは面白いですか。

 あまりやったことのないような役ですし、すごく新鮮です。明るい役なので、気楽にやれるんです。まあ、居ても居なくてもいい人なのかもしれせんが(笑)。今回は、脚本家の西田(征史)さんの当て書きで、昔から僕のプライベートの事も知っている人が書いているので、やりやすいというのもあります。

-鉄郎と向井さんには似ている部分があるということですね。

 あそこまで極端ではないですけど、演技って割と過大にやるものだと思うので、僕が持ち併せている要素を大きくするとああいうことになるのかなと…。嫌われないように演じなければと思いますけど、ちょっと面倒くさいなと思われるような、調子のいい役というのはこっちも調子良くなれるので、楽しいですね(笑)。

-具体的に似ているところを教えてください。

 さすがにあんな人ではないです。ちゃんと人の家に入る時はノックはします(笑)。ただ、僕もどこかに“いたずら心”みたいなのが常にあるので、それをいろんな方向に伸ばしていくとああなるのかなと思います。だから鉄郎に悪気はないし、毎回、事業に失敗をして帰ってくるんですけど、よくよく話を聞いていくと、周りの人が悪い人なんです。鉄郎はだまされている被害者でもあるので、ちょっとかわいそうだなと思います(笑)。

-西田脚本の面白さはどこにあると思いますか。

 やはりテンポがいいということと、悪い人がいないということ。鉄郎もそうですが、なんか面倒くさいけど、憎めないというか…、誰も悪い人にはならない。それは西田さんが一人一人のキャラクターに愛情を持っているからだし、台本も演出もすごく細かい。特に笑いの面にとても細かいので、そこは大事にしないといけないですし、僕がいる意味はそこかなと思います。

-今回は、向井さんに“笑いの部分”が求められているということですね。

 そうですね。オチャラケ担当というか、ボケと突っ込みで言えば、ボケ担当ですね。だから、三姉妹が突っ込みだとすれば、やっぱりボケ役のこっちが(場を)動かしていかなければいけない。テンポの部分は意識していて、僕の役柄の場合は、できるだけワンブレス、一息でせりふを言い切るように気を付けています。それがゆっくりになった時にいつもの鉄郎とはまた違ったキャラクターが見えてくれば、深みが増すかなと思いますが。

-テークごとにいろんなお芝居を試されている印象を受けましたが、意識的にそうしているのですか?

 そうですね。何だか飽きちゃうというか、違うことをやりたくなっちゃうんです(笑)。なるべく“捉えどころのない人”になっていたほうが、後々使い勝手がいいのかなと思っていて…。逆に言うと、何でもありというか、何をやっても「あの人ならやりそうだな」と思ってもらったほうが、後でいかようにも変化できると思います。

-鉄郎は“何でもあり”ということですね。

 「いつの間にかいなくなった」とか、「あの人はもうどこかで死んでいた」とか、そういうことも鉄郎ならあり得ると思うんですよ。そういった、どうにでも処理できる“つぶしが効く”キャラクターをやるにはいろんなことをやっておいたほうがいい。ずっと真面目にやっていくと、変なことを急にするのは駄目なんです。だけど、最初からごちゃごちゃ引っかき回しておくと、ハードルが下がるというか、何か少しでもいいことするとすごく“いい人”に見える。そこを今、熟成している最中です。

-ヒロインの常子を演じる高畑充希さんの印象はいかがですか。

 すごく真面目な方ですね。もう割と“出来上がっている”感じなので、何か僕が言うこともないです。朝ドラも前に経験されているし、本当にしっかりされています。ただ、だからこそ、ブレさせるのが大変。だから僕も高畑さんに対して、アドリブをやるんですけど…。

-どんなアドリブをしたのですか。

 使われるかは分かりませんが、ドキッとさせたいなと思って、顔が近くなった時にウインクをしたことがあります(笑)。固まっていました。それがキュートでした。

-確かに、高畑さんは、よっぽどのことがないと動じなさそうですね。

 もちろんお芝居もしっかりしているのですが、そこをあえて、あたふたしなければいけない時もあるので。別にNGになってもいいので、ちょっと肩の力を抜いてやってもらいたいなと思っていて。そういう時に僕みたいなキャラクターがいると楽なのかなと思います。

-今後、楽しみにしている部分を教えて下さい。

 戦後の闇市のところから、また大きく話が動いていきますし、常子の環境がどんどん変わっていきます。僕も含め、いろんな人が常子の運命を変えていくのですが、雑誌を作り始めたり、そういうきっかけになるシーンがたくさんあるので楽しみです。ただ、鉄郎の去り方は毎回一緒。何かきっかけを残して去っていくというのは、使い勝手のいいキャラクターだなと思います。

-鉄郎の基本スタンスは変わらないということですね。

 そのまま嫌なやつで終わるかもしれないし、まだ分かりません。僕のような役柄ってあまり評価されないんですが、それでもいいやと思っています(笑)。万人受けは絶対しませんが、見ている人が、「また何か来たな」「やらかしてるな」と思ってもらえる存在になれたらいいなと。その分、引っかき回さなきゃいけないので、エネルギーが必要ですけどね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top