「年配の方から『あんた笑顔の方がいいわよ』って言われました」細田善彦(北条氏直) 【真田丸 インタビュー】 

2016年6月12日 / 21:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、北条氏直を演じている細田善彦。名門北条家の5代目当主となったが、隠居した父、氏政(高嶋政伸)が実権を握り無力感にさいなまれる。父との確執や主人公、真田信繁(堺雅人)らとの激しい戦いを語る。

 

北条氏直役の細田善彦

北条氏直役の細田善彦

-どういうことを意識して演じましたか。

 育ちがいい。世間知らずで苦労知らず。それが映像に映ればいいなと思いました。

-三谷幸喜さんの台本を読んでどう思いましたか。

 怒ってばっかりだなって(笑)。だからその怒り方は、父上の色を残しつつ、その都度、どういう感情を乗せるかを考えました。例えば真田昌幸(草刈正雄)らと対峙(たいじ)する時は、彼らを虫けらのように見ようと思ってやりました。

-父親の氏政に対してはいろいろな思いを抱えていそうですね。

 エリート教育をされてきた氏直は情報が北条家の中からしか得られないし、父の戦法や怒り方しか見ていないから、最初のころは氏直の怒り方の中に父の影が出ればいいと思って演じていました。ただ、小田原城が攻められるあたりでは、氏直もさすがに父のしていることを正しくないと思っているけれど、それをどう言っていいのか分からない。だから、「何か違う」という表情が出せればいいなと思います。氏直は今後、トップである父の頑固さと下からの突き上げで、現代で言えば中間管理職的な立場になって、追い込まれていきます。そこを楽しんでいただけたらと思います。

-北条家は、氏政と氏直、そして板部岡江雪斎(山西惇)。この3人のシーンが多いですね。

 2人はパパとママみたいな関係でしたね(笑)。江雪斎は父に対している氏直をずっと見守ってくれているお母さん。だからちょっとした本音も言えるんだと思います。

-氏直を演じた経験をどう捉えていますか。

 長い作品ですし、みんなが結末を知っている歴史の物語の中でいかにその人物を成長させていくかということを初めて経験しました。現代劇と違って、時代劇、特に人の上に立つ人物を演じるような時は、姿勢やおじぎなどアクション一つ一つが大きな意味を持ってくるということを痛感しました。

-役者として氏直を生き抜いての率直な感想は?

 非常に寂しいという気持ちが一番大きいです。本当に泣きそうになりました。それに高嶋さんには本当に仲良くしていただきました。最初のリハーサルの時は「恐ろしい父親だなあ」と思っていましたが、高嶋さんは本番直前までずっとせりふを練習されていて、撮影本番が終わってもずっと何かご自分の演技についておっしゃっている。半年間ずっと北条の形を模索されていました。汁かけ飯にしてもリハーサルをとても入念にやられる方なので、僕も背筋が伸びて、しっかりやらなきゃという気になりました。

-堺さんと共演した感想は?

 氏直が信繁にすがりつくシーンで、頭は下げたいと思っていたんですけど、堺さんは「氏直が頭を下げた瞬間に、信繁の方から近寄る」という動きを提案して、ただ座って対峙していたのを、動きのあるシーンに変えてくださいました。助けていただきました。

-大河ドラマは特別な経験でしたか。

 出演されている方一人一人に思い出がありますし、こんな中に参加させてもらえているのはうれしかったです。それと先月、別の作品で埼玉でロケをしていた時に、年配の方に「氏直、氏直」って声を掛けていただきました。連続テレビ小説か大河ドラマに出ない限りはそんなことないですからね。氏直のイメージがあるのか、「そんなにかっかしないの」って言われて笑ったら、「あんた笑顔の方がいいわよ」って(笑)。それだけのめり込んで見てくださっているんだと思って、うれしかったです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『アラジン』中村倫也「大人になったから納得するようなせりふも数々ある」 木下晴香「年齢を重ねることで魅力を感じるところが変わっていく」

映画2019年6月17日

 ディズニーアニメーション映画の不朽の名作『アラジン』が実写となって公開され、大きな盛り上がりを見せている。本作のプレミアム吹き替え版でアラジン役を演じた中村倫也とジャスミン役の木下晴香に吹き替えでの苦労や“運命の出会い”について聞いた。 … 続きを読む

【インタビュー】『ある町の高い煙突』渡辺大「異なる立場の人々の共生を描くことは、とてもすてきな試みだと思いました」

映画2019年6月17日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が6月22日から公開される。本作で、鉱山の庶務係で地元住民との補償交渉にあたる加屋淳平役を … 続きを読む

【映画コラム】女性の主張や生き方の変化を象徴する実写映画化『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

page top