「非常に楽しいサラリーマン生活を送っています」 堺雅人(真田信繁)3 【真田丸インタビュー】

2016年4月3日 / 21:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁を演じる堺雅人。信繁は、真田家が豊臣秀吉(小日向文世)側に付いたため、人質として大坂城に移る。不安定な立場の中、秀吉や茶々(竹内結子)のもとでさまざまな人間関係にもまれ、多くのことを学ぶ信繁について堺が語る。

 

真田信繁役の堺雅人

真田信繁役の堺雅人

-いよいよ大坂編に突入ですね。

 14話からは第2楽章。物語のうねりが大きくなってくるので、こじんまりせず、視野を広くして、大きく動こうと思ってやっています。

-大坂に行って、信繁はどう成長していくんでしょうか。

 田舎で青春を過ごしていた人が、都会に出て当時の豊臣政権という大企業に就職するような感じで考えています。非常に楽しいサラリーマン生活を送っていますよ(笑)。かみしもをぴしっと着て、スーツみたいな感じです。一応、秀吉の警護を担当しますが、政策立案の会議にも参加させてもらったりしています。

-何か演技面で信繁の変化を表現していますか。

 お世話をしてくれる上司の石田三成を演じる山本耕史くんの影響でちょっとはきはき話すようになりましたかね。せりふ的には、前半は「私は」みたいなことばかり言っていたような気がしますが、大坂編に入ると「私は」の主語がなくなってしまうかもしれない。より歯車の一員になるような気がしています。

-「真田丸」で描かれる秀吉はいかがですか。

 ふざければふざけるほど目が笑っていない、怖い感じです。今まで描かれてきた秀吉は立身出世の人というイメージ。しかし信繁が出会った秀吉は後半生で、ちょっとおかしくなってくる時期なんですね。三谷幸喜さんは歯車が狂っていく秀吉を逃げずに書く、これまでとは別人の秀吉を真っ正面から描くおつもりなのではないかという気がしています。それはちょっと見ものです。歯車の狂い方が尋常じゃないし、巻き込まれがいがあります。

-秀吉を演じる小日向文世さんはいかがですか。

 今回はあて書きかもしれないですね。シェークスピアのお芝居に出てくるような道化師がそのまま権力を持っちゃったみたいな感じなんです。

-石田三成の魅力は?

 器用そうに見えて不器用なところでしょうか。破綻なく淡々と職務をこなすんですが、大きな目で見たら不器用な人生を歩んでいる感じがあります。山本耕史という役者は超人的な器用さに加えて、心のどこかに熱いものを持っている。それは石田三成にピッタリだと思います。

-キャストがずいぶん変わりましたが、現場の雰囲気は?

 きれいなお召し物の女優さんが増えたので、現場が華やかになりました。今までは高畑淳子さん演じる母上しかきれいなものを着ていませんでしたのでね(笑)。小日向さんが第2クールの主役なので、小日向さんのペースにみんなが合わせていて、「小日向文世と愉快な仲間たち」という感じでやっています(笑)。

-竹内結子さん演じる茶々に振り回されるシーンを演じていてどうでしたか。

  少女のような目と、大人の色気をたたえた目とがくるくる変わる感じがいいですね。茶々には子どもっぽいところだけでなく、危険な毒がありますから。竹内さんの茶々は素晴らしいです。

-大坂編を一言で言うと?

 三谷さんは人間関係が秀吉を中心とした、森繁久彌の「社長シリーズ」だとおっしゃっていたそうです。たぶん僕は小林桂樹さんの役あたりだと思います。

-今後はきりの存在が徐々に大きくなっていきますね。

 長澤まさみさんの役目は、物語全体を含めて状況をひっかき回す役。一つの方向に行くとそれを大きく戻すというか。ものすごく大事な役割だと思います。そういう難しいところを全部長澤さんがやってくださっているので、役者としても信頼しています。あのスケールの大きさと生き生きとした感じは、今後「真田丸」という物語の中でますます重要度が増してくるのではないかと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top