松井玲奈、演じた“謎の女性”に共感 「初恋はゲームの中の主人公です」 【インタビュー】「初恋芸人」

2016年4月5日 / 10:00

 NHK BSで放送中のプレミアムよるドラマ「初恋芸人」に市川理沙役で出演中の松井玲奈。売れないピン芸人の主人公・佐藤賢治(柄本時生)の前に突然現れる謎の女性を演じている。賢治と理沙の揺れる関係性も見どころの一つ。このほど行われたインタビューでは役柄へのいとしい思いや自身のコンプレックスの乗り越え方、かわいらしい初恋エピソードなどを語った。

 

「許さないぞえ、ぷんぷん」の松井玲奈

「許さないぞえ、ぷんぷん」の松井玲奈

―柄本さんたちの芸人ぶりはいかがですか。

 柄本さんがAKB48のライブを見にきたことがあったみたいで、それについて話すことが多かったです。芸人さんチームは作品の中でネタ披露が必ずあるので、楽屋の外でネタ合わせをしているのを客観的に見て、本物の芸人さんの楽屋もこういう感じなのかなと思っています。芸人さんの役はちょっと難しいかな(笑)。すごく大変だと思います。

―ドラマが始まってからの周囲の反響は?

 残念ながら私の周りからは連絡はなかったのですが、ファンの方は見てくれている方がたくさんいて。来週がすごく楽しみだと言ってくれることが多くてうれしいです。

―すでにクランクアップしているそうですが、理沙を演じ終えた感想は?

 最終回まで演じてみて、すごく賢治のことを大切にしている子なんだと思いました。理沙の価値観による賢治を大切にする方法は、見た方からすると『それはちょっとひどいんじゃないの?』という意見もあると思います。でも、女性の側から見れば、ああした決断をする人もいると思います。仲良くしていたかったし、関係を続けていきたかったからこそ、ああいうことになってしまっただけということです。私自身は分かるなあと思いました。

―理沙を演じる上で最後までぶれずに守ってきたところは?

 理沙が自分自身に対して思っていること、自分自身にコンプレックスを持っているところには共感できます。私も自分が嫌だなと思うところやコンプレックスもあるし。いくらかわいいよ、すてきだよと好意を寄せてもらっても、理沙は一貫して『いや、そんなことないです』と言います。自分も分かるところがあるので、そういったところの反応やどう返すかはうそにならないようにしようと思いました。

―松井さん自身のコンプレックスの乗り越え方は?

 みんな何かしらコンプレックスがあるのだと思うようにします。自分で受け入れられないものはそのままなんですけど、こういう形で生まれてしまったのだから一生付き合っていかないといけないなって。後ろ向きではありますけど、ちゃんと付き合っていきたいと思うことでなんとか乗り切っています。

―松井さんの“初恋”エピソードを聞かせてください。

 期待通りの話がないので、いつもだいたいがっかりされるんです(笑)。小さいころから兄にくっついてずっとゲームをやっていました。あるゲームに出てくるヒロインが大好きでした。彼女を守ってくれる男性キャラクターがとてもすてきだと思って、彼に恋をしていました。それがガチな初恋です(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

page top