【インタビュー】『さらば あぶない刑事』舘ひろし&柴田恭兵 「悔いはない」「ちゃんと終わりですよとプレゼントできる作品」

2016年1月29日 / 12:00

 1986年に日本テレビの連続ドラマとしてスタートした「あぶない刑事」が、30日に公開される劇場版第7作『さらば あぶない刑事』でついにその幕を閉じる。タカ&ユージとしてシリーズをけん引してきた舘ひろしと柴田恭兵がこのほどインタビューに応じ、これまでの思い出、最後の「あぶデカ」に込めた思い、そしてファンへの感謝を語った。

 

舘ひろし(左)と柴田恭兵

舘ひろし(左)と柴田恭兵

―最後の「あぶデカ」を撮るに当たって事前にミーティングが行われたということですが。

 初めて監督、プロデューサー、脚本家、柴田、舘とで話し合いました。今までの「あぶデカ」は非常に軽く軽く仕上げようとして、つじつまが合わないこともジョークでごまかすというか…(笑)。今回はちゃんとしたハードボイルド、原点に回帰しようという思いがあったので。基本的には非常にシンプルなストーリーで、アドリブは恭サマがやりたいことにその場で対応していけばいいと。

柴田 以前の映画では、タンカーを最後に両手で止めるとか。今回の本をいただいた時にもアドリブを考えていたので、「脚本からもうちょっと膨らませますよ」と言いました。言っておかないと時間の関係もあるし、カットされないようにね(笑)。

―30年もの間、長く愛され続けてきた要因は何でしょう。

 今、こういうジャンルの映画ってないと思うんです。みんな真面目じゃない? ハチャメチャな大人たちがエンターテインメントをするようなジャンルはないから、それが支持されている気がします。ハチャメチャじゃないといけないと思っているんだけど、そのハチャメチャ度が難しい。やりすぎると捕まっちゃうしね。だから“あぶない刑事”(笑)。

柴田 本当はもっと年を取って70歳を過ぎてからやろうという思いもあったんです。そうしたら体力的にも言い訳ができる。逆に、今やらせてもらって大変だけどそこで一生懸命頑張るのも格好いいんじゃないかと。

 昔は60歳を過ぎたらもっとドンと(体力が)落ちると思っていたんですよ。でもそれなりにできちゃった。だからきっと70歳過ぎてもそれなりにできちゃうんだよ。

柴田 今回も、最後だからアクションもやりましたよ。腰とか結構きましたけど。アクションで使う筋肉は普段鍛えられないですから。アクションの時は実年齢のテロップを入れてほしいぐらい(笑)。

―では、お二人にとって「あぶデカ」はどんな存在ですか。

 帰る場所というより、自分を前に進めてくれる作品のような気がします。役柄よりも、恭サマとの共演が今の自分をもう一歩前に進めてくれるんです。いつも新しいものを吸収することがたくさんある。

柴田 舘さんにウケるにはどうしたらいいかということしか考えていないです。舘さんにウケたら世界中に通用する。僕にとっては元気になる作品です。大河ドラマで時代劇をやったり、集中して一生懸命やって手応えみたいなものを感じる作品もあるけど、「あぶデカ」は全然違いますね。現場に行けば若返るような。

―劇中ではタカとユージが定年後の夢を語るような場面もありますが、今のお二人の夢は何ですか。

 この映画がヒットすることです。他にもいっぱいあるんですよ、夢だらけなんです。

柴田 この映画を見終わって、ちょっと元気になってもらえたら。それだけでうれしいです。

 本当に個人的な夢は、何でもいいけど渡(哲也)と映画を撮りたい。レトロっぽい感じで、俺がどうしようもないワルをやりたい。どんな映画でもいいけど、二人でできたらうれしいな。

―本当に「あぶデカ」は今回で終わりなのでしょうか。悔いはなくベストを尽くしたということですか。

 終わりなんですよ。本当に悔いはないですね。人生丸ごと悔いはない。

柴田 寂しさとかそういうこともない。応援してくださったファンの方に、ちゃんと「終わりですよ」とプレゼントできる作品になってホッとしています。


特集・インタビュー

カリスマ社長・青井を演じた三上博史

【インタビュー】「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」三上博史「こんな面白いことができるなら社長をやってみたい。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)」

ドラマ2017年4月29日

 4月30日からスタートするWOWOW「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」でカリスマ社長・青井を演じる三上博史。ドラマは、日本を代表する大手新聞社が、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りを画策する。そして巨大ネットショッピ … 続きを読む

ヒロイン浅野凜を演じた杉咲花

【インタビュー】『無限の住人』杉咲花「木村拓哉さんからは、いろいろなことを学ばせていただきました」

映画2017年4月28日

 木村拓哉が不死身の体を持つ隻眼の剣士・万次に扮(ふん)して、強敵たちと死闘を繰り広げる“ぶった斬り”アクションエンターテインメント『無限の住人』が、4月29日から公開される。沙村広明氏の人気コミックを映画化した本作で、万次と共に両親の敵討 … 続きを読む

「おんな城主 直虎」

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」と「真田丸」 相互に補完し合う戦国の大河ドラマ

ドラマ2017年4月28日

 昨年の「真田丸」に続き、戦国時代が舞台の「おんな城主 直虎」。戦国時代は大河ドラマで人気の題材だが、ここ10年で5作が戦国ものだったこともあり、やや食傷気味…という視聴者もいるかもしれない。  だが、諦めるのはまだ早い。一口に“戦国時代” … 続きを読む

鳩子を演じる多部未華子(右)

【インタビュー】「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」多部未華子「母には常に反抗していたので“反抗期”はなかったです」(笑)

ドラマ2017年4月28日

 NHKドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」が4月14日から始まった。祖母から受け継いだ文具店での代筆業を通して成長していく主人公・鳩子の姿を描くハートフルな人情劇だ。鳩子を演じる多部未華子がドラマへの思いや撮影エピソードについて語 … 続きを読む

「やすらぎの郷」 (C)テレビ朝日

【芸能コラム】「やすらぎの郷」受け継がれていくスターたちの輝き

ドラマ2017年4月25日

 八千草薫、有馬稲子、浅丘ルリ子、加賀まりこ…。倉本聰脚本の下、往年の映画スターが一堂に会した昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系 月~金 午後12時半)が好調だ。  かつてテレビ界で活躍した人々が暮らす老人ホーム“やすらぎの郷”を舞 … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top