井上真央、堺雅人へ大河バトンタッチ プレゼントに「りんごダイエットしようかな」

2015年11月26日 / 17:21
井上真央から堺雅人へ

井上真央から堺雅人へ

 NHK大河ドラマ・バトンタッチセレモニーが25日、都内の同局で行われ、来月に最終回を迎える第54作「花燃ゆ」で主演した井上真央、来年1月放送開始の第55作「真田丸」で主演する堺雅人が出席した。

 10月に約1年2カ月におよぶ撮影を終えた井上は「これだけの歳月を掛けるドラマは大河以外にないと思う。その作品に主演させてもらったのは本当に光栄だったし、最後ゴールにたどり着いた時は、人生で一番でないかというぐらいの達成感を味わいました」としみじみとコメント。来年主演の堺が既に大河の経験があることに触れ「きっとスタッフの皆さんも頼りになる座長がいて頼もしいと思う。私の周りの歴史好きの人をはじめ、私もいち視聴者としてとても楽しみにしているので、どうか体に気を付けて頑張ってください」とエールを送った。

 これを受けて堺は「大河の主役というのはまだどういうものか分かっていないのですが…」と前置きしたうえで「男が主演だったら“俺に付いて来い”といったストーリーもあるのでしょうが、女性が主演の『花燃ゆ』では遠くで見守ったり、全て受け止めたりと受けのお芝居も多く、リーダーシップを発揮するだけでない、また井上さんらしい素晴らしい座長ぶりだったと思う。本当にお疲れさまでした」とねぎらった。

 恒例となったプレゼント交換では、井上が明治編の舞台となった群馬県にちなみ「シルクのストール」を、一方の堺はドラマの舞台となる信州特産のりんごを手渡した。堺は「これは随分と暖かそう。年末にもロケがあるので、みんなで首に巻いて結束を高めたいと思います」と感謝。井上も「本当に光り輝いてますね。撮影が終わってから気も体も緩んでいるかもしれないので、これで“りんごダイエット”して、おいしくいただきます」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 また、長丁場の体調管理法を問われた井上は「NHKの食堂は栄養バランスが考えられているので助けられた。また、本当においしい消え物(劇中で登場する食事)を作ってくださる、みんなのお母さんのような方がいるので、その方に任せていれば大丈夫です」と笑顔で回答。堺は、井上が現場に差し入れていた“お菓子ボックス”の話題が出ると「僕もやっているのですが、僕の場合は安いものをチマチマと差し入れている。井上さんが、どういう銘柄の物を差し入れていたのか、後で個人的に教えて下さい」と語り、笑いを誘った。


芸能ニュース

過去のアルバイト生活を明かした川上大輔

“たまゆらの貴公子”川上大輔 デビュー果たすまでには新聞配達、電話オペレーターも

イベント2017年4月27日

 「2017年 海外ドラマの日」共同記者発表イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして、歌謡界の新星として注目を集める歌手の川上大輔が出席した。  海外ドラマの普及に務める“海外ドラマ・プレゼンター”に就任した川上は「こんな大役を任せ … 続きを読む

ACUO

オリラジ中田CEOが“超難関”指令 RADIO FISH新曲MV内でキャンペーン

ネットカルチャー2017年4月27日

 ロッテの“息をデザインする”ガム「ACUO(アクオ)」とタイアップを行っている、RADIO FISHの新曲「進化論」ミュージックビデオ内でのシークレットキャンペーン「キミは私の金庫を開けられるか?」が、いま密かな盛り上がりを見せている。 … 続きを読む

舞台「23階の笑い」に出演する立花瑠菜

錦織一清「『ラ・ラ・ランド』みたい」と猛アピール! 演出作「23階の笑い」がスピード再演

舞台・ミュージカル2017年4月27日

 舞台「23階の笑い」公開ゲネプロ&囲み取材が27日に東京都内で行われ、演出の錦織一清、キャストのふぉ~ゆ~(福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介)、 シソンヌ(長谷川忍、じろう)、立花瑠菜、入山法子、なだぎ武が登場した。  本作は、アメ … 続きを読む

 海外ドラマ・プレゼンターに就任した川上大輔

“歌謡界の新星”川上大輔、海外ドラマをPR 大役に笑顔「とりあえず親に自慢します」

トレンド2017年4月27日

 「2017年 海外ドラマの日」共同記者発表イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして、歌謡界の新星として注目を集める歌手の川上大輔が出席した。 続きを読む

ヒョウ柄パンツで13キロのダイエットを宣言したとにかく明るい安村

とにかく明るい安村、再起かけて13キロ減量宣言も はき慣れないパンツに「出ちゃう! 危ない!」

イベント2017年4月27日

 映画『ビニー/信じる男』応援隊長就任イベントが27日、東京都内で行われ、とにかく明るい安村が出席した。  伝説のボクサー、ビニー・パジェンサの実話をもとにしたこの作品では、交通事故で首を骨折し瀕死の重症を負ったビニーの復活劇も描かれる。「 … 続きを読む

more
page top