妻夫木聡、浅野忠信らが“本物の黄金”を抱いて舞台あいさつ

2012年11月3日 / 15:39

左右に警備員を従えて、左から井筒和幸監督、溝端淳平、桐谷健太、妻夫木聡、浅野忠信、チャンミン、西田敏行

 映画『黄金を抱いて翔べ』の初日舞台あいさつが3日、都内の丸の内ピカデリー1で行われ、出演者の妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行、井筒和幸監督が登壇した。
 フォトセッションでは、現在の相場で約460万円にも上る1キログラムの金地金をそれぞれが持ち、文字通り“本物の黄金”を抱いて撮影に臨んだ。7人分で総額は約3220万円となり、文字通り、超豪華な舞台あいさつとなった。

【舞台あいさつ】

――一言ずつ、ごあいさつをお願いします。

妻夫木 本日はありがとうございます。初日にこんなに集まってくれてうれしく思います。見終わった後ということで、いかがでしたか? (客席から大拍手)

浅野 今日はありがとう。撮影の間はずっと集中していて、出来上がりもよくて、たくさんの人に見てもらえて本当にうれしいです。

桐谷 (司会者の“普通の男の役”という説明を受けて客席爆笑)なんで笑いが起きたのか分からん(笑)。でもいいんです! みんなの笑顔が見たかったんです。この後は皆さんの口コミが大事です。今日見て面白いと思ってくれたら、いや思ってなくてもぜひ広めてください。

溝端 (司会者の刹那的な性格という説明を受けて、客席再び爆笑)なんで笑いが起きるんですか(笑)?。この場に立てて、こんな骨太の映画に出られて、本当にうれしいです。

チャンミン 個人的に初めての映画なので、こんなにたくさん来てくれて感謝してます。

西田 センキュー! 俺はうれしい。満足した顔をしてくれてうれしい。面白かったと言われるのが最高の褒め言葉です。

井筒監督 (司会者から佐渡黄金大使に任命されたことを説明され)バラすな(笑)。ありがとうございました。

――迫力の金塊強奪シーン以外にも本作には見どころがたくさんありますね。監督が、一番こだわられたポイントを教えてください。

井筒監督 こだわり? 全部ですよ。全部、手を抜いていません。久しぶりにスター映画ですから。みんな孤高の役ですから、お酒を飲まないで頑張ったんですよ。

浅野 いや飲まないではなく、僕は飲めないんです(笑)。

妻夫木 僕は少し飲みました(笑)。

西田 ずいぶん飲みました(笑)。

――次はキャストの皆さんに質問です。6人それぞれが主役と言っても過言ではないぐらい個性的なキャラクターを演じられておられましたね。ご自身が演じられた役どころで、ココに注目してほしいというポイントをぜひ教えてください。

妻夫木 一番は、最後のシーンですね。涙が出てくるぐらいこんな格好いい日本映画はないですよ。

浅野 やっぱり角刈りですかね(笑)。黄金大使の貫禄に負けないように。(監督から「そのときはまだ黄金大使ではないわ」と突っ込みが入った)

桐谷 証明写真を撮るボックスの中で着替えていたときのパンツの柄ですかね(笑)。あれ、もらってたまにはいてるんです。(チャンミンに目配せ)な、チャンミン? (司会者から「今日のおパンツは?」と聞かれ)今日は違う、鬼のパンツです。強いで~。

溝端 ご飯を幸田(妻夫木)と食べるところですね。育ちに問題があるので、雑なんですよね。飲食店で練習したら、白い目で見られました(笑)。ここ注目してほしいです。

チャンミン 個人的には後半、大変なことになってしまうんですけど(笑)。その後のスピード感がすごくて、そこを見逃さないでください。

西田 公園の掃除をしているときの竹ぼうきの位置(客席爆笑)。で、向こうの方に妻夫木くん演じる幸田を発見したときの目線。意外に難しいですよ~。ほら、もう一度見たくなったでしょ?

――本作品を代表しまして井筒監督から、最後に一言お願いします。

井筒監督 (セキュリティーに)あんたは? せっかく来たんやから一言いうたら(笑)?。(金の延べ棒)重いっすよ。意外と。重い映画だからね。20回ぐらい見に来てください。ありがとうございました。あと、ぶっきーに何か言わしたって。

妻夫木 撮影しているときから、手応えを感じていて命を込めた映画です。日本映画の底力を見せられたと思います。たくさんの人に宣伝してください。

 【公開情報】
『黄金を抱いて翔べ』
原作:『黄金を抱いて翔べ』 髙村薫 著(新潮文庫刊)
監督:井筒和幸
脚本:吉田康弘、井筒和幸
出演:妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行
配給:松竹
11月3日全国ロードショー


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top