【映画コラム】 東映Vシネマ製作25周年記念作『25 NIJYU-GO』

2014年11月3日 / 14:10

(C) 2014東映ビデオ

 ワケありの現金25億円に群がった25人の悪党たちによる強奪戦を描く、東映Vシネマ製作25周年記念作『25 NIJYU-GO』が公開中だ。

 Vシネマ(ビデオ専用映画)とは、1989年に東映ビデオが立ち上げた「テレビの放送規定以上の迫力と刺激を持った、レンタルビデオ店でしか見られない映画の製作」を発端とするオリジナル映像作品の総称。バブルの時代に誕生し、レンタルビデオ店の普及とともに隆盛を極めた。

 そして、テレビドラマや一般の映画とは一味違う、表現の自由さと緩さを武器に、反社会的だが魅力的なキャラクターの活躍を描くというパターンを確立。低予算故にアイデアや工夫が生まれ、若手映像スタッフの登竜門となり、“Vシネの帝王”と呼ばれた哀川翔、竹内力ら新種のスターも誕生した。

 徹底的に“25”にこだわった本作は、悪徳刑事コンビ、現金を横領した公務員、やくざ、半グレ、ホステス、中国マフィア、謎の殺し屋…と、いかにもVシネマらしい多彩なキャラクターが登場するなど、クエンティン・タランティーノの『パルプ・フィクション』(94)をほうふつとさせるところもある。

 演ずるは、本作が通算100本目の主演作となった哀川をはじめ、寺島進、竹中直人、大杉漣、石橋蓮司、小沢仁志と和義兄弟、波岡一喜ら、新旧のVシネマで活躍した俳優たち。監督は『静かなるドン』シリーズの鹿島勤と、25周年記念の“お祭り映画”にふさわしい顔ぶれをそろえた。

 また、本作と同時期に、同じくバブル期に活躍したシルベスター・スタローン、メル・ギブソン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ハリソン・フォードらが共演しているアクション映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』が公開されているのも興味深いところだ。(田中雄二)


アクセスランキング RANKING

page top