【映画コラム】“時”を扱った三者三様の映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』『Arc アーク』『1秒先の彼女』

2021年6月24日 / 07:00

永遠の若さを得ることは果たして幸せなのか?『Arc アーク』

(C)2021映画「Arc」製作委員会

 今から遠くない未来。17歳で、生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナ(芳根京子)は、19歳のときにエマ(寺島しのぶ)と出会い、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術をする「ボディワークス」の仕事に就く。30歳になったリナは、エマの弟で天才科学者の天音(岡田将生)と結婚。共に不老不死の処置を受け、人類史上初めて永遠の命を得た女性となるが…。

 SF作家ケン・リュウの短編小説『円弧(アーク)』を、石川慶監督が映画化。芳根が17歳から89歳までを演じる。と言っても、見た目は若いままなので、髪形や服装の変化、あるいは言葉遣いやしぐさの違いでそれを表現するという難役をこなしている。倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫らが脇を固める。

 この手の映画は、過去をモノクロやセピア色で撮ることが多いが、それとは逆に、後半の“未来”のシーンをモノクロで撮るなど、石川監督は映像的にもいろいろと工夫を凝らしている。生と死、若さと老いについての、哲学的な要素も持ったSF(少し不思議)な話として、非常に興味深いものがあった。

 また、若さを保ったままの長寿=不老化という点で、ある奇跡的な出来事から29歳のまま年を取らなくなったヒロイン(ブレイク・ライブリー)がたどる数奇な人生を描いた『アデライン、100年目の恋』(15)のことを思い出した。アプローチの仕方は異なるが、どちらも、最後に、永遠の若さや不老不死を得ることは果たして幸せなのか? と問い掛けてくるところは同じだった。


amazon

page top