山崎賢人、清原果耶との胸アツシーンを語る 「時を超えるからこそ、何げないせりふが粋になる」

2021年6月7日 / 08:01

山崎賢人(左)と清原果耶

 映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』公開記念イベントが6日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨と三木孝浩監督が出席した。

 本作は、わなにはめられて冷凍睡眠に陥り、30年後に目覚めた科学者・宗一郎(山崎)が、過去に戻って、かけがえのない存在である璃子(清原)を救おうとする純愛ラブストーリー。

 この日は映画にちなみ、会場近くの東京タワーを“純愛”をイメージしたピンク色にライトアップさせる演出が行われた。

 山崎は「公開が延期になってしまった作品ですが、タイトルが『夏への扉』なので、6月に公開できるのは逆に良かったんじゃないかと思っています」と笑顔でコメント。

 「お気に入りの胸アツシーン」について聞かれると、「果耶ちゃんと2人のシーンなんですが、時を超えるからこそ、普段の何げないせりふが、すごく粋になる。『さっきはごめんね』というせりふなんですが“さっきは”なんですよ。その間に、時を超えていろいろなことがあるので、何てすてきなんだろうと思いました」と語った。

 映画の内容にちなみ、「最近起こったサプライズ」についての質問も出た。山崎は「兄の子ども、めいが今2歳なんですが、会うとずっと泣かれていたんです。でも、この間会ったら『けんちゃん』と呼んでくれるようになって。めっちゃかわいくて、うれしくてサプライズでした」とエピソードを披露した。

 藤木は「この前、娘の誕生日にサプライズで飾り付けをしようと風船を注文したら、風船が75個、膨らんでない状態で届きまして。慌てて口で膨らませて、半日かかりましたが、娘が喜んでくれたのでよかったです」とうれしそうに語った。

 映画は6月25日から公開。

 


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top