【映画コラム】ディズニー創立90周年記念『アナと雪の女王』と『ウォルト・ディズニーの約束』

2014年3月29日 / 16:09

(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニー社の創立90周年記念のアニメーション映画『アナと雪の女王』が好評公開中だ。

 触れたものを凍結させてしまう秘密の力を持ったエルサ王女は心に傷を負い、王国を冬の世界に変えたまま、雪山の奥深くへと逃げ込んでしまう。妹のアナは姉と王国を救うべく姉の後を追うが…。

 アンデルセンの童話『雪の女王』をヒントにした本作は、古くは『白雪姫』(37)『シンデレラ』(50)『眠れる森の美女』(59)、最近では『塔の上のラプンツェル』(10)『メリダとおそろしの森』(12)といったディズニーお得意の“プリンセス物語”の系譜に連なる。

 だが、そうした伝統を踏まえながら、性格が対照的な王家の姉妹というダブルヒロインの創造、再現が難しいとされる雪と氷と水の世界を立体的に表現した技術などで新味を出すことも忘れてはいない。そして雪だるまのオラフとトナカイのスヴェンがコメディーリリーフの役割を果たしている。

 また、ブロードウェーの実力派を声優に起用したことが大いに効果を発揮し、オーソドックスなミュージカルとしても見応えのある作品となった。エルサ役のイディナ・メンゼル(日本語版は松たか子)が歌いアカデミー賞の主題歌賞を受賞した「レット・イット・ゴー」をはじめ、耳に残る曲も多い。

 
  • 1
  • 2

page top