【マッサン インタビュー】玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス「僕の笑顔が彼女の笑顔、彼女の笑顔が僕の笑顔」 愉快な夫婦役を演じる

2014年9月23日 / 05:52

二人はスコットランドで出会う

-日本に来てから半年、ご家族とは連絡を取り合っていますか。

シャーロット メールをやりとりしたり、インターネット電話で話したりしています。

-お二人とも外国語を話すのは大変ではないですか。

玉山 最初は英語の芝居が多かったのでテープを聴いて練習しました。でも一部は日本語でアフレコになってしまって…。うっすらとつたない英語が聞こえるので、それを聞いてもらえば多少は僕の努力も報われるのではないでしょうか(笑)。

シャーロット 自分がちゃんとせりふを言えているのかどうかが本当に心配でした。今はかなり良くなってきています。

-役作りで考えたこと、準備したことはありますか。

玉山 役者人生の中で“朝ドラ”の主役ができるのは一度しかない。だから“朝ドラ”の伝統を残しながら、どこかで自分の足跡を残したいという思いがあります。体も絞りましたが、撮影が過酷過ぎて体重が十数キロも減ってしまいました。大きなプレッシャーを感じています。最初の2カ月は勢いだけでいけましたが、自分がやっているマッサンが正解なのかと考えることが多く、悩みもあります。視聴者の方が僕に抱くイメージは、クールで無口という感じだと思いますが、そのイメージを壊したいですね。“ニュー玉山”を前面に出したいという思いもあるのですが、今回僕に与えられたマッサンというキャラクターがすごく破天荒で、喜怒哀楽が激しくて、脇が甘くて、ただ情熱が強い、という役なので、新しいものを見せられるという気がしています。

 -朝ドラの経験はご自分にとってどんな意味を持つと思いますか。

 玉山 この過酷な現場で演じ切れば、これからの役者人生の一つのベースになると思います。マッサンという役が武器になって糧になって、これからの自分の背中を押してくれるものになると思います。

シャーロット この経験の後なら何でもできると感じると思います。忍耐強くなりましたし、プロ意識が芽生えたつもりです。

-スコットランドの歌が日本で「蛍の光」として歌われていることはどう思いましたか。

シャーロット あれはとても人気のある曲で米国でも新年に歌います。日本の「蛍の光」を聞いたときは、覚えやすいし、日本語でも良い歌だなと思いました。

-このドラマでは大正から昭和初期にかけての時代が描かれますね。

玉山 ドラマのいろんなエピソードを通じて、日本の職人魂の力強さやはい上がってくるハングリー精神を感じてくださればうれしいです。日本人は、日本人としての美しさや文化を忘れかけていると思います。このドラマを見ながら、近所へのお節介とか回覧板とか井戸端会議のように、いろんな情報を共有していくコミュニティーのあり方についてあらためて考えていただくことができればいいと思います。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ロドリゲスが協力して完成させたキャメロン印の映画『アリータ:バトル・エンジェル』

映画2019年2月23日

 日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」(木城ゆきと)を、製作ジェームズ・キャメロンと監督ロバート・ロドリゲスが実写映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』が公開された。キャメロンに原作を紹介したのは『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)のギレ … 続きを読む

「僕らなりに楽しめる歴史ドラマを作りたい。第8回は生田斗真くんが圧巻です」井上剛(チーフ演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月23日

 放送開始から2カ月が経過した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。2月24日放送の第8回で、いよいよ史上初の日本代表となった金栗四三(中村勘九郎)と三島弥彦(生田斗真)が、オリンピックの開催地ストックホルムへと旅立つ。序 … 続きを読む

【2.5次元】犬たちの成長物語を描いた「銀牙-流れ星 銀-」が舞台化 “犬”を演じる佐奈宏紀&郷本直也が語る「誰も見たことがない完成図」

舞台・ミュージカル2019年2月22日

 高橋よしひろの名作漫画「銀牙 -流れ星 銀-」が舞台化される。原作は、最強の熊犬の息子として生まれた秋田犬の銀が、人間ですら歯がたたない凶暴な人食い熊の赤カブトを倒すために、日本全国から仲間を集め、戦いを挑む動物漫画。舞台化の一報が流れる … 続きを読む

【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

映画2019年2月22日

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードシ … 続きを読む

【インタビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』ロバート・ロドリゲス監督「この映画は、アメリカ人にインスピレーションを与え続けてくれた日本の漫画やアニメに対するラブレターです」

映画2019年2月21日

 数百年後の未来。スクラップの山の中から脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータ(ローサ・サラザール)は、サイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって新たな体を与えられ、目を覚ますが…。木城ゆきとの漫画「銃夢」を原作 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top