【マッサン インタビュー】玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス「僕の笑顔が彼女の笑顔、彼女の笑顔が僕の笑顔」 愉快な夫婦役を演じる

2014年9月23日 / 05:52

二人はスコットランドで出会う

-日本に来てから半年、ご家族とは連絡を取り合っていますか。

シャーロット メールをやりとりしたり、インターネット電話で話したりしています。

-お二人とも外国語を話すのは大変ではないですか。

玉山 最初は英語の芝居が多かったのでテープを聴いて練習しました。でも一部は日本語でアフレコになってしまって…。うっすらとつたない英語が聞こえるので、それを聞いてもらえば多少は僕の努力も報われるのではないでしょうか(笑)。

シャーロット 自分がちゃんとせりふを言えているのかどうかが本当に心配でした。今はかなり良くなってきています。

-役作りで考えたこと、準備したことはありますか。

玉山 役者人生の中で“朝ドラ”の主役ができるのは一度しかない。だから“朝ドラ”の伝統を残しながら、どこかで自分の足跡を残したいという思いがあります。体も絞りましたが、撮影が過酷過ぎて体重が十数キロも減ってしまいました。大きなプレッシャーを感じています。最初の2カ月は勢いだけでいけましたが、自分がやっているマッサンが正解なのかと考えることが多く、悩みもあります。視聴者の方が僕に抱くイメージは、クールで無口という感じだと思いますが、そのイメージを壊したいですね。“ニュー玉山”を前面に出したいという思いもあるのですが、今回僕に与えられたマッサンというキャラクターがすごく破天荒で、喜怒哀楽が激しくて、脇が甘くて、ただ情熱が強い、という役なので、新しいものを見せられるという気がしています。

 -朝ドラの経験はご自分にとってどんな意味を持つと思いますか。

 玉山 この過酷な現場で演じ切れば、これからの役者人生の一つのベースになると思います。マッサンという役が武器になって糧になって、これからの自分の背中を押してくれるものになると思います。

シャーロット この経験の後なら何でもできると感じると思います。忍耐強くなりましたし、プロ意識が芽生えたつもりです。

-スコットランドの歌が日本で「蛍の光」として歌われていることはどう思いましたか。

シャーロット あれはとても人気のある曲で米国でも新年に歌います。日本の「蛍の光」を聞いたときは、覚えやすいし、日本語でも良い歌だなと思いました。

-このドラマでは大正から昭和初期にかけての時代が描かれますね。

玉山 ドラマのいろんなエピソードを通じて、日本の職人魂の力強さやはい上がってくるハングリー精神を感じてくださればうれしいです。日本人は、日本人としての美しさや文化を忘れかけていると思います。このドラマを見ながら、近所へのお節介とか回覧板とか井戸端会議のように、いろんな情報を共有していくコミュニティーのあり方についてあらためて考えていただくことができればいいと思います。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

【映画コラム】14歳の少年が体だけ大人になって『シャザム!』

映画2019年4月20日

 「DCエクステンデッド・ユニバース」の第7作となる『シャザム!』が公開された。  14歳の少年ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)は、魔術師に選ばれ、中身は14歳のまま、超能力を備えた大人のヒーロー(ザッカリー・リーバイ)に変身す … 続きを読む

【2.5次元】「メサイア-黎明乃刻-」インタビュー、橋本真一&山本一慶の私生活での「メサイア」は?

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の最新作となる舞台「メサイア-黎明乃刻-」が9月5日から上演される。情報戦争が激化した世界を舞台に、スパイとして生きる「サクラ」候補生を描く本プロジ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top