【マッサン インタビュー】玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス「僕の笑顔が彼女の笑顔、彼女の笑顔が僕の笑顔」 愉快な夫婦役を演じる

2014年9月23日 / 05:52

 9月29日から始まるNHK連続テレビ小説「マッサン」で玉山鉄二とシャーロット・ケイト・フォックスが夫婦役で共演する。造り酒屋の次男坊、マッサンこと亀山政春(玉山)はウイスキー造りの奥深さに目覚め、単身スコットランドに留学。そして、そこで知り合った妻のエリー(シャーロット)と共に、国産ウイスキー造りに情熱を燃やす。撮影現場での息もぴったりの二人が、新ドラマについて語った。

 

玉山鉄二(左)とシャーロット・ケイト・フォックス

-二人はスコットランドで出会いますね。

シャーロット 第1次世界大戦直後のスコットランドの人々は皆沈みがちでした。エリーも息が詰まるような状態にいたところでマッサンと出会ったのです。彼のウイスキー造りに対する情熱や愛情に引かれたのだと思います。

-二人の今の関係はどんな感じですか。

玉山 「僕の笑顔が彼女の笑顔、彼女の笑顔が僕の笑顔」という関係がベースなのかなと思っています。

シャーロット 私が疲れていると玉山さんは、私の肩をたたきながら「分かるよ」と言ってくれるし、「一緒に前に進もう」と励ましてくれます。

-互いの人間性についてはどう思いますか。

玉山 彼女は頑張り屋さんです。不思議なことに日本人らしい奥ゆかしさを持っています。近くにいると心地良い感じのする女性です。

シャーロット 玉山さんは優しいし、何かに打ち込む姿に魅力を感じます。

-撮影現場の雰囲気はいかがですか。

玉山 僕があるシーンで行き詰まったとき、彼女が大阪弁で突っ込んだり覚えたての日本語を叫んだりして気持ちをほぐしてくれました。現場に笑いが漂っていて楽しいです。彼女はギョーザが大好きで、この日を乗り切ったらギョーザが食べられるという日の最後のシーンではギョーザダンスを踊っていました(笑)。キュートでしたよ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】黒人がKKKに入団!? うそのような潜入捜査を描いた『ブラック・クランズマン』

映画2019年3月23日

 実際にあったうそのような潜入捜査の様子を、コミカル味を交えながら描いたスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』が公開された。  舞台は、1970年代半ばの米コロラド州コロラドスプリングス。この町で黒人として初めて刑事になったロン・ス … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」

ドラマ2019年3月22日

 3月24日からWOWOWで放送が開始される「連続ドラマW 絶叫」は、貧困や無縁社会、ブラック企業という現代社会の闇に切り込む社会派サスペンス。平凡な家庭に生まれながらも、家族の不幸をきっかけに人生を踏み外して転落、やがて犯罪に手を染めてい … 続きを読む

【インタビュー】『ソローキンの見た桜』阿部純子「人と人とが別れるときの痛みや感情の流れは、今の私たちにも共通すると思います」

映画2019年3月20日

 日露戦争下、松山に実在したロシア兵の捕虜収容所を舞台に、日本人看護師の武田ゆいと、ロシアの将校ソローキンの許されない愛の行方を、現代のテレビディレクターの高宮桜子が探る。日露合作の『ソローキンの見た桜』(3月22日公開)で、ゆいと桜子の二 … 続きを読む

【インタビュー】『ダンボ』ティム・バートン監督「他者からは欠点に見えることを肯定的に捉えてみれば、それは美しさに変わるのです」

映画2019年3月20日

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離さ … 続きを読む

【インタビュー】『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド「チャーリーを演じながら開放感を得ることができました」

映画2019年3月19日

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女と地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作で、主人公のチャーリーを演じたヘイリー・スタインフェ … 続きを読む

page top