「本作の最大の魅力は、加害者の親にも共感できるところ」 『さまよう刃』で娘を殺された父親を演じたチョン・ジェヨン

2014年9月2日 / 16:26

 最愛の娘を殺した少年に自ら裁きを下そうとする父親。彼の復讐(ふくしゅう)は正義か、それとも悪か…。東野圭吾の同名小説が原作で、日本でも2009年に寺尾聰主演で映画化された『さまよう刃』の韓国リメーク版が、9月6日から日本公開される。本作で主人公サンヒョンを熱演したチョン・ジェヨンに、作品に込めた思いを聞いた。

 

(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

―本作への出演を決めた理由は?

  最初にシナリオを読んだとき、特別なものを感じました。これまでの復讐を描いた映画とは違うな、と。現在の韓国社会をリアルに反映していると思いましたし、被害者と加害者の立場がはっきりしていないところにも魅力を感じて、出演を決めました。

―原作小説や日本で映画化された作品はご覧になりましたか。

 実は、先入観を持ってはいけないと思い、原作小説はあえて読んでいません。完全に新しい作品として、全く新しい人物を作り上げていく上での妨げになるのではないかと思ったので。日本で作られた映画も、一応どういう雰囲気なのかを見てみたいと思い、さらっと見ただけで、作品の雰囲気を把握するぐらいにしておきました。もちろんこれが正しい方法なのかどうかは分かりませんが、僕はそうしました。監督からも原作や映画を見るようには言われず、むしろ全く違う、似たような状況の父親を描いた作品を薦められたのでそれを見ました。

 ―その別の作品とは?

 幾つかありましたが、最も印象に残っているのはダルデンヌ兄弟監督の『息子のまなざし』(02)です。

―撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

  この作品は、今まで自分が演じてきた中でも本当に一番重い作品だと思います。そのせいか、撮影現場も重い雰囲気でした(苦笑)。僕は普段はよく冗談を言うタイプですが、今回の現場ではほとんど冗談を言っていないし、それだけキャラクターに入り込む努力をしていました。大変な作品だったなと思います。

―新米刑事役で共演されたソ・ジュニョンさんが「チョン・ジェヨンさんは獣のように感覚的に演じる方」だと話していましたが、これについてはどう思いますか。

  彼がそういうふうに表現したのは、飲み会での僕を見て思ったことなんじゃないでしょうか(笑)。

―では、ご自身ではどういうふうに思っていますか。

 そうですね…。最近受けた質問の中で一番難しいです(苦笑)。俳優は自分がどんな演技をする俳優なのかはよく分かりません。それは自分が判断するのではなく、あくまでも作品を見てくださる観客や、その演技を客観的に見てくれる監督が判断することだと思います。僕はただ、作品にふさわしい演技を一生懸命するのみです。

―本作が韓国で公開されたとき、最も印象的だった反応は?

  一番は妻の反応でした(笑)。僕は自分のところにシナリオが来ると、いつも妻にも読ませているんですが、最初にシナリオを読んだとき、やはり子どもに関する内容なので、妻はどうしても母親の立場から、この内容をあまり好ましく思わなかったようです。それでとても心配していたんですが、映画を見た後は、「素晴らしかったわ」と言ってくれました。また、普段はなかなか言ってくれないけど、今回は「あなたの演技もすごく良かった」と言ってくれたんです。シナリオを読んだときと映画を見た後の反応が全く違ったので、とても面白かったです。

―本作の大きなポイントの一つは、親の子に対する愛だったと思います。それは主人公のみならず加害者の親たちにおいても同じでしたが、実際に2人の息子さんを持つ父親として、加害者の親の立場は理解できましたか。

 もちろんです。それこそがある意味、この作品が持つ最も大きな魅力だと思います。僕は娘を失った被害者の親を演じましたが、加害者である男の子たちの親に対しても共感してしまうところがありました。本当はそう思ってはいけないのですが、心の中で納得してしまうというか…。息子をなんとかかばおうとするクリーニング店の父親を見ていて、自分も同じような行動を取ってしまうのではないかと思いました。でも駄目ですよね。僕はそうしません。正々堂々と審判を受けなくては駄目ですね。

 

(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

●公開情報
『さまよう刃』
9月6日(土)角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかでロードショー
配給:CJ Entertainment Japan


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】星野源&綾野剛W主演の「MIU404」、中島健人&平野紫耀の「未満警察ミッドナイトランナー」… お薦めの4月期ドラマを紹介!

ドラマ2020年4月7日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、在宅時間が長くなり、時間を持て余している人も多いのではないだろうか。こんなときだからこそ、あえてウイルスに対する不安から逃れるひと時がほしい。   そんな中、TBSはドラマ「半沢直樹」「MIU404 … 続きを読む

「信秀から信長へ。ここからが新しい時代の幕開けです」高橋克典(織田信秀)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年4月5日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。第七回から織田信長(染谷将太)も登場し、いよいよ役者がそろってきた。その一方で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)のライバルとして物語を盛り上げてきた信長の父・織田信秀 … 続きを読む

【芸能コラム】今田美桜、山本舞香、三吉彩花のブレーク間近!? 4月期ドラマで大注目の若手女優たち

ドラマ2020年4月4日

 4月期放送ドラマの注目の若手俳優に続き、女優たちも紹介。NHK連続テレビ小説「エール」の放送がスタートし、民放各局では堺雅人主演の「半沢直樹」や中島健人と平野紫耀がバディを組む「未満警察 ミッドナイトランナー」など話題作が盛りだくさんの今 … 続きを読む

【インタビュー】映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』小池美波&原田葵が語る欅坂46への思い「恐れずに変化と向き合っていきたい」

映画2020年4月3日

 2016年にデビューし、アイドルという枠を超えた圧倒的なライブパフォーマンスと独創的な世界観でファンを魅了する欅坂46のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』が、近日公開される。デビュー1年目での … 続きを読む

【芸能コラム】神尾楓珠、眞栄田郷敦…ネクストブレークを予感させる若手俳優たち 4月期放送ドラマをチェック

ドラマ2020年4月3日

 新型コロナウイルス対策として、東京都などの都市部では感染拡大防止に向けて夜間、および土日の外出を控えることが要請されている。必然的に自宅にいる時間が長くなり、暇を持て余している人も多いのではないだろうか。  そこで、4月からスタートするテ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top