「本作の最大の魅力は、加害者の親にも共感できるところ」 『さまよう刃』で娘を殺された父親を演じたチョン・ジェヨン

2014年9月2日 / 16:26

 最愛の娘を殺した少年に自ら裁きを下そうとする父親。彼の復讐(ふくしゅう)は正義か、それとも悪か…。東野圭吾の同名小説が原作で、日本でも2009年に寺尾聰主演で映画化された『さまよう刃』の韓国リメーク版が、9月6日から日本公開される。本作で主人公サンヒョンを熱演したチョン・ジェヨンに、作品に込めた思いを聞いた。

 

(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

―本作への出演を決めた理由は?

  最初にシナリオを読んだとき、特別なものを感じました。これまでの復讐を描いた映画とは違うな、と。現在の韓国社会をリアルに反映していると思いましたし、被害者と加害者の立場がはっきりしていないところにも魅力を感じて、出演を決めました。

―原作小説や日本で映画化された作品はご覧になりましたか。

 実は、先入観を持ってはいけないと思い、原作小説はあえて読んでいません。完全に新しい作品として、全く新しい人物を作り上げていく上での妨げになるのではないかと思ったので。日本で作られた映画も、一応どういう雰囲気なのかを見てみたいと思い、さらっと見ただけで、作品の雰囲気を把握するぐらいにしておきました。もちろんこれが正しい方法なのかどうかは分かりませんが、僕はそうしました。監督からも原作や映画を見るようには言われず、むしろ全く違う、似たような状況の父親を描いた作品を薦められたのでそれを見ました。

 ―その別の作品とは?

 幾つかありましたが、最も印象に残っているのはダルデンヌ兄弟監督の『息子のまなざし』(02)です。

―撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

  この作品は、今まで自分が演じてきた中でも本当に一番重い作品だと思います。そのせいか、撮影現場も重い雰囲気でした(苦笑)。僕は普段はよく冗談を言うタイプですが、今回の現場ではほとんど冗談を言っていないし、それだけキャラクターに入り込む努力をしていました。大変な作品だったなと思います。

―新米刑事役で共演されたソ・ジュニョンさんが「チョン・ジェヨンさんは獣のように感覚的に演じる方」だと話していましたが、これについてはどう思いますか。

  彼がそういうふうに表現したのは、飲み会での僕を見て思ったことなんじゃないでしょうか(笑)。

―では、ご自身ではどういうふうに思っていますか。

 そうですね…。最近受けた質問の中で一番難しいです(苦笑)。俳優は自分がどんな演技をする俳優なのかはよく分かりません。それは自分が判断するのではなく、あくまでも作品を見てくださる観客や、その演技を客観的に見てくれる監督が判断することだと思います。僕はただ、作品にふさわしい演技を一生懸命するのみです。

―本作が韓国で公開されたとき、最も印象的だった反応は?

  一番は妻の反応でした(笑)。僕は自分のところにシナリオが来ると、いつも妻にも読ませているんですが、最初にシナリオを読んだとき、やはり子どもに関する内容なので、妻はどうしても母親の立場から、この内容をあまり好ましく思わなかったようです。それでとても心配していたんですが、映画を見た後は、「素晴らしかったわ」と言ってくれました。また、普段はなかなか言ってくれないけど、今回は「あなたの演技もすごく良かった」と言ってくれたんです。シナリオを読んだときと映画を見た後の反応が全く違ったので、とても面白かったです。

―本作の大きなポイントの一つは、親の子に対する愛だったと思います。それは主人公のみならず加害者の親たちにおいても同じでしたが、実際に2人の息子さんを持つ父親として、加害者の親の立場は理解できましたか。

 もちろんです。それこそがある意味、この作品が持つ最も大きな魅力だと思います。僕は娘を失った被害者の親を演じましたが、加害者である男の子たちの親に対しても共感してしまうところがありました。本当はそう思ってはいけないのですが、心の中で納得してしまうというか…。息子をなんとかかばおうとするクリーニング店の父親を見ていて、自分も同じような行動を取ってしまうのではないかと思いました。でも駄目ですよね。僕はそうしません。正々堂々と審判を受けなくては駄目ですね。

 

(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

●公開情報
『さまよう刃』
9月6日(土)角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかでロードショー
配給:CJ Entertainment Japan


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

“西の五代”が“東の渋沢”とついに出会う!「渋沢は、同じ未来に向かって進んでいく仲間」ディーン・フジオカ(五代才助(友厚))【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年9月26日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)は、パリ滞在で学んだ経験を生かし、新しい日本を作るために走り始めた。そんな栄一とこれから関わっていくのが、後に大実業家として「西の五代、東の … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」新しい時代の波に乗る栄一と乗り遅れた男たちの多彩な生きざま

ドラマ2021年9月23日

 9月19日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」は、タイトル通り、かつての主君・徳川慶喜(草なぎ剛)が暮らす駿府藩で働き始めた主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)の活躍が描かれた。  パリで学んだ知識を … 続きを読む

【インタビュー】映画『カラミティ』レミ・シャイエ監督「主人公のマーサが性別を超えてトライしていく姿を描きたいと思った」

映画2021年9月22日

 伝説の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンの子ども時代を、西部開拓を目指す旅団の中で、困難に立ち向かう一人の少女・マーサの話として描いたアニメーション映画『カラミティ』が、9月23日から全国公開される。前作『ロング・ウェイ・ノース 地球のて … 続きを読む

【映画コラム】事実は小説より奇なり。実話を基にした『MINAMATA-ミナマタ-』と『クーリエ:最高機密の運び屋』

映画2021年9月22日

 今回は、どちらも9月23日に公開される、実話を基にした、まさに「事実は小説より奇なり」の2本を紹介する。 水俣病の存在『MINAMATA-ミナマタ-』  1971年、ニューヨーク。かつてアメリカを代表する写真家とたたえられたユージン(ジョ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ザ・ドクター」大竹しのぶ 「座右の銘はまあいいか」でも「お芝居のことになると熱くなる」

舞台・ミュージカル2021年9月17日

 パルコ・プロデュース2021「ザ・ドクター」が10月30日から上演される。本作は、医療研究所の所長でありエリート医師のルースが、ある少女の死をきっかけに、宗教、ジェンダー、階級差など、あらゆる社会問題を通して、医師としての自分を見つめ直し … 続きを読む

amazon

page top